若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘iPhone’ tag

メーラーをSparkにしてみる

without comments


spark_01.png

そーいやこんなメーラーがあったなぁと思い出し。なんかいい感じかも。

ずっと前、最初のバージョンが出る前、βかなんかのときに試してみたメールソフト「Spark -Love your email again」。バージョンが上がったというのを聞いて入れてみたら、あら案外いいかも。

sp_account.png

前に挫折した理由が確か、レンタルサーバのメールサーバ設定が通らないことだったよーな気が。GmailやiCloudは設定から選ぶだけなので問題ないんだけど、レンタルサーバのメアドは仕事でも使ってるもの。これが通らないとどーしようもなかったわけだが、今回はあれこれ試してたら通った。結局ポートの問題で、無事受信設定も完了。メニューが英語のままなのは、まぁ使い始めれば気にならない。

spark_02.png

全てのアカウントからのメールを表示するSmart Inboxもあるし、新規受信メールは受信済みメールよりもさらに上に分かれて表示されて見逃しがないのはいい。メールのスレッド表示(リプライのメールはまとめて表示)もちゃんとできるので、会話内容が追いやすいのもMail.appと同じ。

spark_i_01.png spark_i_02.png spark_i_03.PNG

そしてこのメーラー、iOS用もあってこちらも標準のメールよりもモダンでいい感じ。しかもGmailとかのメールアドレスを一つ設定すれば他のアカウントはデスクトップの設定を自動で引き継いでくれた。しかもこっちはメニューが日本語対応。デスクトップとほぼ同じ内容のようで、わからないことはこっちを見ればいいかもしれない。

まーそんなわけでThunderbirdを止めて今度はこっちを使ってみます。

Written by ei

3月 16th, 2017 at 2:19 pm

Posted in Apple,iPhone,Mac

Tagged with , ,

iPhone周りのガジェット いろいろ

without comments


ip7r_01.jpg

あれとかこれとかいつの間にか増えてたりするんです。(笑)

引きこもってネットをぐるぐるしてるとあれとかこれとか欲しくなるわけで、あまり高くないものであればポチッといってしまうのは仕方ない(ということにしておこうw)。で、到着したものなどをいろいろレビュー。

ip7r_02.jpg  

まずはiPhone 7Plus用のRAKUNI Light PU Leather Case。ライト版が出ると聞いてたので発売と同時に購入。実はRAKUNIが出る前から背面にモノが入るタイプのケース欲しいなぁと思ってたんだよね(今更、と思うかもしれないけどホントです)。その理由は、俺が良くiPhoneだけ持ってって財布を忘れるため。(爆)

7シリーズが出る前からSuicaをiPhoneケースに入れて使ってた俺。iPhoneだけ持ってれば仕事先に行けるんで、ちょっと晩ご飯の買い物して帰ろうかなーと思ったら財布がなかったということが度々あり。(買おうと思って買い物かごに入れたものを戻して歩くのは悲しかった……)iPhoneは音楽聴いてたりして絶対に忘れて行かないので、いっそのことiPhoneケースにお金とかカードとか入ればいいのにと思ってて。でも前面を覆う手帳型のケースは使いたくなかったので、このタイプが出ると聞いて「あーやっと出たのか」と。本家版はちょっと高かったから、とりあえずライト版でお試ししたかったというわけ。

ip7r_03.jpg

とりあえずクレジットカードを1枚、TOHO CINEMASのカードと何かあったときのために2,000円だけ入れてある。まー財布忘れててもこれだけ入れとけばコトは足りるはずで、今のところ問題なく使ってる。

ちょっとかさばるのが問題かなぁ。あと、PU Leatherが思ったよりもチープ。w まー値段が安いんだから仕方ないとはいえ、ちょっとこれはレザーとは言えないよねと。うーん、やっぱり本皮の本家版を買うべきか。もう少し使ってみる。

ip7r_04.jpg

続いて買ったのにあまり使えてないのがこれ。Facebookあたりで紹介されてたLightning接続機器をMagSafeみたいに使えるケーブル。注文して忘れた頃(3ヶ月くらい?)にやっと到着。

ip7r_05.jpg ip7r_06.jpg

まーこんな感じで、iPhoneに先っぽだけつけておくとその後ろ部分がマグネットで「カチッ」と接続されて充電、Macとデータのバックアップ/同期ができるというもの。Lightning端子をいちいち抜き差ししなくていいし、充電完了するとインジケーターランプが青から緑に変わるし便利かなーと思って買ったけど、そーいえばこの手のアクセサリがKickstarterで登場したときに悩んで買わなかったんだよなーとブツが来てから思い出した。

その理由はケーブルが複数本必要だということ。つまり生活圏で充電する可能性のある場所がいくつかある場合、その場所に常にこのタイプのケーブルがないとダメなわけですよ。うちで言えばリビング、仕事部屋、寝室と3ヶ所で充電する可能性があり、さらに持ち出し用にも一本必要……となると計4本。さらに同じ場所でiPhoneとiPadを充電したいとかあるとさらにケーブルの数は増えていき……。それぞれの部屋にケーブル持ち歩いたんじゃあまり便利とは言えないし、キリがないじゃんと考えて買わなかったんだったと。で、実際に使ってやっぱりそうでした。(泣)

あと磁石でくっつくのは使いやすいんだけど、外れやすいのも考えもので。例えば外出先、映画鑑賞中に鞄の中で繋いで使ってると外れちゃってることがある。少々動いても外れないってのは必要なんだなぁと。さらに言えば次のiPhoneのUSB-C採用の噂も気になるところ。規格変わったら使えないしなぁ。

充電する場所が常に決まってるって人なら便利に使えるかも。ケーブルが複数本必要ってのはLightningでも同じだしね。

ip7r_07.jpg

そして大きなプロジェクター返却と入れ替わるようにやってきたのはこの「SmartBeam Laser」。手のひらサイズでバッテリー駆動、レーザー投写式でピント合わせなし、720pのハイビジョン画質、さらにAirPlayミラーリングでケーブル接続しなくてもiOS機器と繋がるなど便利な点が多い優れもの。トップの画像を見てもらうと大きさがわかると思うけど、iPhone 7+より全然小さい。w このサイズなら旅行とか持って行ってもいいし、仕事先でプレゼンとかレビューとかできるよねと。詳しいレビューはまたいずれするとして、とりあえず使っていきまーす。ありがとーございます。

まーそんな感じで便利なもの、ダメだったもの、いろいろ増えていきますねと。レギュラーに定着できるガジェットはいくつ残るのか……。

Written by ei

3月 1st, 2017 at 1:16 pm

Posted in Apple,Gadgets,iPad,iPhone,Mac

Tagged with , , , ,

EP-30VAとアプリ連携

without comments


30va_l.jpg

長く借りられていいなぁと思ってたのにあっという間に返却日。紙もインクもほとんど使えないままなのがとても悲しい。

てことでEPSONさんからお借りしたEPSON Colorio EP-30VA、今日で返却となってしまいました。でももうちょっとだけ突っ込みたいところがあったんだよねー。それはiOSとのアプリ連携。

iprint_.PNG

エプソンのプリンタはEpson iPrintというアプリを入れることでiOSから出力できるって話は前に書いた。でもこれ、実は汎用アプリで、うちで前から使ってるEP-803Aにも繋がる。もちろん使える機能は一部制限される(画像は30VAに繋いだところ。メモリカードアクセスは30VAでしかできない機能)んだけど。

10va_03.jpg

で、イベントのときに書いたサムネイル見本が小さいって話。この画像に写ってる右側が見本ですね。これが例えばiPadで使えて、しかもその中から選ぶと大きく表示できるとかになってくれればもっと使いやすいのにと。まぁ専用アプリじゃないし、そもそも我々のよーなユーザーじゃなくてスマホとかPCを持っていないデジカメユーザーを対象にしているのはわかってるんだけど、それでも我々だってユーザーであり、その機能が使えるなら使いたいわけですよ。iPad Proなんて画像を大きく表示できるしね。どーせならこのシリーズ用の専用アプリを出して欲しいなぁと。

まーそんなことを思いつつ、もう少しいろいろ試したかった(iPadで色を調整してどれくらい違うものが出てくるかとか)けど時間切れ。でもいい機種だったのは間違いない。写真を印刷して残したい、離れた場所にいる両親に子供の写真を送りたいとかいう人なら、買って損はないです。

ありがとーございましたー。

Written by ei

1月 30th, 2017 at 12:47 pm

Posted in Apple,Gadgets,iPad,iPhone

Tagged with , , , ,

Apple関連のガジェット いろいろ

without comments


app_pr_01.jpg

おかしいなぁ、新年会だったはずなのに。(笑)

昨日は新年会で、浅草〜谷中で骨付鳥とかビールとかあれとかこれとか。そしたらアップル関連のあれとかこれとかが増えました。(爆)いや、いつもありがとーございます。まずはトップの、最近話題のアレですね。うん、これはホントに良くできてるわ。あ、ちなみにApple Watchは2ではなく、偽ベルトを購入したわけです。

app_pr_02.jpg app_pr_03.jpg

左側のApple Pencil、よく見るとなんか皮(マテ)ついてますね。しかもプレートっぽいものも。これ、プレート部分が磁石になっていて、iPadの磁石部分にペタッとくっつけておけるというもの。皮膜部分は少しザラついた手触りで、前から感じてた「Pencil滑りやすいなー」ってのも解消してくれる。

app_pr_04.jpg

「イヤホンなら若旦那さんでしょー」と回ってきたのはLightning接続のイヤホン。ダイナミック型でコントローラーも付いててiPhoneに最適な感じですね。ワイヤードのイヤホンはほぼ自宅用になっているのだけど、近々音を比べてみようと思います。

app_pr_05.jpg

そしてUSB-Cのアダプタ。Lightningのケーブルが付いてるんだけど、これ実際には同じ規格の違うアダプタを数珠繋ぎにして使うもの。つまりUSB-Cのオスの反対側にメスのジャックがあって、ここに同じ形のUSB端子が繋がってるものを繋いだりして使うわけ。ま、でもうちにはLightningの直ケーブルがなかったので、きっとこれを単体で使っても便利。

とまぁお年賀(というにはもう日が経ち過ぎてるけど)にあれこれと集まってきてありがとーございました。そーか、やっぱりブログであれこれ書いとくと、何かがやってくるってことだな。よし、じゃあ「えーと、プロジェクターが欲しいんですけどぉ〜」。(マテ

まーそんな感じのいつもの緩〜い新年会でした。

Written by ei

1月 23rd, 2017 at 2:25 pm

AirPods 音質は?便利さは?

without comments


airpods_01.jpg

思った以上に音が良くてびっくり。シールは、シグネチャー代わりに。(笑)

てことでAirPods発表から何度かBluetoothイヤホンを紹介してきたわけだけど、それもこれもAirPodsとどう違うかを比較したいがためのこと。でもやっぱり純正品は便利で、音も思ったより良くて、そしてもうちょっと頑張れば未来が見えるかもしれないなーと感じるに至った。BTイヤホンを買ったことがない人は絶対これがオススメですね。

airpods_02.PNG airpods_03.PNG airpods_04.PNG

まず接続の容易さ。ケースの蓋を開けるだけですぐ繋がる。これ、とても便利。これまではBTイヤホンを使うためにはまず接続作業(まぁ面倒ではないんだけど)で、ちょっと間違えると繋がらないなんてこともあったわけで、それを考えるとね。バッテリー残量もわかりやすい。切り替えもコントロールセンターから切り替えればOK。

airpods_05.png

そして何よりiPhone、iPad、Macを切り替えて利用できる。BTイヤホンてのはペヤリングできる数が決まっていて、例えばMacとiPhoneならiPhone側の接続を切って、Macに接続し直すなんてのが必要なんだけど、AirPodsの場合は繋ぎたい機器からAIrPodsを指定すれば自動的に切り替わる(同じiCloudアカウントである必要あり)。Apple製品使ってる限りはこれひとつで全ての機器に利用できるわけだ。EARINの繋がらないトラブルが未だに解消されないし、接続性は圧倒的にこっちが便利。

気になっていた音質。これが思ってたより悪くない。てかEarPodsのLightning接続の新しいやつも結構音良くなってた。確かにちょっと音は軽い感じはするけど、これはまぁ仕方ない。低音域の足りないところはしっかりBassをブーストすれば補える。このレベルなら、他の利点と相殺すればこっち使うかなぁって感じ。

何よりのポイントはSiriが呼び出せるって点……になるはずなんだけど、これはちょっと残念。実は日本語にちゃんと対応できてないのなーってのがよくわかる結果に。まぁアプリ名で起動できなかったり、曲を呼び出せなかったりする。英語なら問題ないんだろーけど。これは残念。「ヒアラブル」を目指すなら、てかiPhoneのこれからの進化はSiriにかかってる。もっとお金かけて、Siriを徹底的に鍛えるくらいのことはしていいんじゃなかろうか。

ま、それでもAirPods、Appleユーザーなら買って損はないデバイス。あとはきになるバッテリーのヘタりだけど、一応バッテリーサービスは4,800円になってる……修理は基本無理だと思うので交換か?てことは本体丸ごと交換、4,800円でずっと替えてくれるの?(だとしたらとてもお得)まー、このへんはそのときが来てみないとわからないですなぁ。

Written by ei

12月 26th, 2016 at 1:51 pm

AirPodsを前にもう一度考えるBTイヤホン ヘッドホン

without comments


ear_01.jpg

気がついたらこんなことになってた!(爆)いやぁ、増えるねぇ、音系のものは、価格も手頃だし。(^-^;)

airpods_.png

てことでギリギリ年内、しかもホリデーシーズンに間に合ったAirPods。もっとも米国の多くの親たちはとっくにクリスマスの買い出しは終わってるんじゃないかとか思うわけだが。w 今度こそまともに届きますかねぇ。今年はホントに、Apple運がなかったからなぁ。

実はこの間のAmazonのサイバーマンデーで、「また」Bluetoothのヘッドホンを買ってしまい。(爆)
#あまり大きな声では言えない……

いやぁ、あの時点では年内には発売されそーになかったし、オーバーヘッドのヘッドホンも欲しかったし、引きこもりだしサイバーマンデーだし……ねぇ。(そこで同意を求めないw) で、この際だからうちにあるBTヘッドホン、イヤホンをずらっと並べてレビューしてみようかと。あくまでも主観なので人によっては「これは違う!」というのもあるかもしれないけど、まぁAirPodsは高いぜ!という人はまぁ参考程度に。少なくともiPhone 7シリーズを使ってる人は、絶対ワイヤレスが便利ですよ(断言)。

ear_02.jpg

まずは今回買ったAudioMX MX10。ここ何年もオンイヤー型のヘッドホンは買ってなかったんだけど、価格の割におしゃれなイメージでこれなら外に付けてってもいいなと思ってポチ。値段もサイバーマンデー価格で1,000円ほど安かったし。

iPhoneに接続して聴いた最初の印象は「あ、失敗したか?」 思ってたより音が軽くて低音が弱い。しかし音楽アプリでBass Boosterを効かせたり、HF PlayerでPerfect SettingのBass強調イコライザーにしてみたらそれなりに聴ける感じに。もっともオンイヤーということであまり大きな音で鳴らしてると外に音漏れがしそうなので気をつけたいところ。音量とかその辺を考えるとロックよりJ-POPとかアニソンにはとても相性が良さそう。

このヘッドホンのいいところはまず本体の重さが145gと軽く、それなのに外装がメタルでちょっと高級感があること。そして何よりバッテリーの持ち時間が12時間。実際、ここ3日くらい外で聴いたり家の中でも聴いたりしてるけど、iPhoneに出てるバッテリー表示はちっとも減らない。もう少し鳴らしてみて、エイジングを進めてみたいところ。

ear_03.jpg

続いてAukeyのスポーツイヤホン EP-B4。これも確かセールになってたときに購入。防汗、防滴ということで「防水」じゃないんだよね、実は。イヤホンなのでもちろんとても軽い。音質は、まぁ当然ながらこれが一番良くなくて、バッテリー容量もあまりないので2時間くらいで切れてしまう。これはBTの仕様が古いに違いないと思ったんだけど4.0だと。……それで2時間持つかどーかってどんだけバッテリー容量少ないんだと。まぁ軽くて安くて壊れてもいいやーくらいの気持ちで買うのが正解か。

てかすでにAukeyはこの製品をAmazonには出荷してなくて、幾つか出してるBTイヤホンはどれも3,000円を切る値段。デザインも改善されておっしゃれーな感じになってるので、買うならこっちでしょーかね。

ear_04.jpg

1年半前に買ってた、これまたオーバーヘッドのBTヘッドホン TSdrena AUD-BSHDP01。Amazonではすでに売ってなくて、今はノイズキャンセリングタイプが売られてます。なんで買ったんだっけか……と思い出してみると、どこかで「値段の割に音がいいBTヘッドホン」として話題になってたんだった。実にプラスチッキー(笑 でも一応つや消しにはしたらしいw)で、でもおかげで軽くて密着型。デザイン的には外にはあまり持って行きたくないかもなぁ。

音質は確かにこの値段で考えると確かに悪くない。MX10より滑らかで気持ち良い音(エイジング効いてるからかも?)。iMacに接続して使ってるけど、音の遅延も問題ないレベルだしバッテリーも持つ。ただApt-Xで接続できるはずなんだけど、iMacからは決してつながりません。何度試してもダメ。

BTでノイキャンということを考えると、今売られてるコレもありえないコスパ。坊主先生とどれくらい違うもんか試してみたいところだけど、今は買えません。w 誰か買って試してみて。

ear_05.jpg

音質として一番好きなのはやっぱり一番長く使ってるオーテクのアンプ内蔵BTレシーバー AT-PHA05BTと、重低音仕様のイヤホン ATH-CKS55i BKのペア。もう傷だらけですな。レシーバーはイヤホンとセットの方が安いんだけど、付属のイヤホンはフツーのなので注意。

BTレシーバーの仕様は2.1と古く、音の遅延も出がちなんだけど音楽専用なら問題なし。それより30mW×30mWのヘッドホンアンプの方がポイント。「ド」Bassとでも言えばいいのか、元の音なんて気にしねぇ!的な低音の出方(これはイヤホンの性質にもよると思う)はもーヘビメタとかハードロックに最適。

audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT
オーディオテクニカ (2011-11-18)
売り上げランキング: 45,768
audio-technica iPod/iPhone/iPad専用インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS55i  BK
オーディオテクニカ (2011-05-20)
売り上げランキング: 56,330

ただやっぱりレシーバーは胸の位置、イヤホンまではケーブルっていう方式になってしまうので、歩きながら使うとケーブルのタッチノイズが気になってしまう。SHURE掛けすればかなり軽減されるんだけど、このイヤホンはそれができないタイプ。ケーブルレスが主流になりつつある現在(というかEARINとかで体験してしまったら)、もう戻れないかなぁとも思う。

ear_06.jpg

そして現在メインのイヤホンになってるEARIN。これを基準にしてしまうとAirPodsの音の評価はかなり厳しくなるだろうなぁというのが感想で、それくらい素直ないい音。やはりバランスド・アーマチュアタイプだからってのもあるかもしれない。ま、価格的にも圧倒的(紹介したの全部足したくらい)だしな、うん。

気になるのはバッテリーの持続時間。まぁ仕方ないとはいえ3時間持たないのがねぇ。普通に行動するときは3時間続けて使わないんだけど、旅行に行くときとかには多分もたないんだなぁ。あとなぜか左側が充電できなくて繋がらなくなる不具合が。レシーバー側が左なので、これが繋がらないと音が出なくて困る。

値段も結構こなれてきて、しかもブラックタイプが出てる。いいなこれ。w

まぁそんなわけで、BTイヤホン/ヘッドホンはこんなにありました。(^-^;) さらにAirPodsが加わるけど、EarPodsと同じレベルの音だったらレギュラー落ちもあり得るかも?という状況。さてさてどーなりますことやら。レビューは来週。

Written by ei

12月 15th, 2016 at 2:12 pm

EPSON EP-30VAがやってきた

without comments


ep30_01.jpg

とりあえずiPhoneからスナップ写真を出力までやってみるなど。

てことで先日のEPSONさんのイベントの後でEPSON Colorio EP-30VAをお借りしています。イベントで使わせてもらったのは10VAだったんだけど、あれは大きくてA3まで出せるタイプ。こちらはある意味さらに民生用とも言えるA4まで印刷の機種。どちらを選んでも良くて、中身は一緒で違うのはプリントサイズだけってことだったので、置くところもないしこちらにしたというわけ。とはいえそもそも常設にはできないので、リビング横のサービスルーム(いつもはほぼ物置)で段ボールを置いた状態で使ってるけど。価格的には30VAと10VAはあまり変わらないのね(Amazon調べで1万円の差がない)。

ep30_02.jpg ep30_03.jpg

プリンタと一緒にやってきたのはインクの予備が2セット、A4の写真用紙がA4とL判 2種ずつ。もーこれ全部使い切りなさいよ!ってことですね!(笑)よーし、パパがんばっちゃうぞー。(違

インクが6色なのはEPSONらしいんだけど、VAシリーズのインクは実は赤とグレーが入ってて、汎用機とはちょっと違ってるんですね。ちなみに一般的なカラリオは赤の代わりにライトマゼンタ、グレーの代わりにライトシアン。最上位のプロセレクションのインクはさらに黒が増えて9色になるそーな。

セットアップして、最初にするのは印刷調整。いくつかのパターンが印刷されて、縦スジや横スジが出ていない番号を選ぶことで印字ヘッドを調整する。本体だけでできるのは便利、というかスマホだけで利用するって人がいるからだろうなぁ。ただこのパターン印刷、ちょっとサイズが小さすぎて老眼が進んだ俺は見難かったかも。そのあとWi-Fiで自宅ネットワークに接続も完了。これで準備完了である。

ep30_06.PNG ep30_04.PNG ep30_05.PNG

とりあえずiPhoneに入っている写真をEpson iPrintというアプリから出してみることに。使い方はとても簡単で、プリンタとiPhoneがネットワークに繋がっていれば、iPhoneのアプリが自動的にプリンタを見つけて接続できる(直接接続も可能)。トナーの残量やヘッドのクリーニング、ファームウェアの更新もこのアプリから可能だ。

ep30_07.PNG ep30_08.PNG ep30_09.PNG  

あとは写真ライブラリから出力したい写真にチェックを入れて「印刷」ボタンですぐ印刷が開始される。用紙や用紙サイズの変更は歯車マークから行おう。

ep30_10.JPG

今回は何の設定もなくそのまま印刷。それでもフチなしで綺麗な写真が印刷できた。ちょっと面倒だなと感じたのは給紙方法か。どのトレーを引っ張り出していいのかちょっとわかりづらい。でもとにかくプリンタの設定さえしてしまえばあとは簡単に出力って便利だなぁ。

てことでこのプリンタを2ヶ月近くお借りできるので、色々と試していく予定。次はこれを使うのにもきっと適している27インチディスプレイのお話でーす。

Written by ei

12月 10th, 2016 at 1:10 pm

最近やってる一人遊び

without comments


solitaire.pngなかなか奥が深い。

年末にかけて2冊の本の作業が終わってやっと一息……の合間に、最近やってるのがその本を出すときに紹介したこのアプリ「ソリティアV」。トランプを使ったソリティアを100題集めてるんだけど、これがなかなか面白い。

実はクロンダイク(Windozeについてるあれですね)以外のルールが全くわからない。わからないんだけど、ゲームの説明とゲーム途中で動かせるカードのヒントを見ながらルールを探って解いていくという、ある意味本来のゲームとは違う部分で遊んでる。でもこれが頭の体操にとても良い気がするのだ。同じ種類のカードか色違いのカードかを動かすってところはほぼ同じなのでなんとかなる訳で。しかしまー時間の経つのが早いのなんのって。w

solitaire_02.PNG solitaire_03.PNG solitaire_04.PNG

でもやっぱりわからないのもあるんだよなぁ。この一番端の「アコーディオン」なんかはカードが消せる法則が全くわからない。うーん、奥が深い。

iPhoneおすすめアプリ・ランキング
マイナビ出版 (2016-12-17)
売り上げランキング: 357,743

まぁそんなアプリも収録した本はこちら。(笑)12/17発売なので書店で、Amazonでどーぞ。

Written by ei

12月 9th, 2016 at 2:42 pm

Posted in Apple,Games,iPhone

Tagged with , ,

ポートレートモードが楽しすぎる

without comments


portrait02.jpg portrait01.jpg

仕組みはどーなってんのかなー。ここまで撮れたら一眼いらねーなー。w

月末の4日間でライブ遠征で沖縄。詳しい話は後ほど(するのか?w)として、今回の旅行で楽しかったのは、iPhone 7 Plusで使えるようになったポートレートモード。これはマジで楽しい。

ポートレートモードを使うと、撮影した被写体の後ボケ処理が自動的に行われて、なんともふいんき(なぜか変換できてしまうので無変換に直すw)のある写真が撮れる。明るいところで、被写体からある程度離れなければいけないという条件はあるものの、このボケ味がかなり自然で気持ち良い。トップの食事の写真とか、綺麗にボケたものをさらにちょっと加工(周辺光量を落としてカラーを少し明るく黄色めに)してやると、あーらなんて美味しそう。(笑)

撮影時にどーなってるのかなと考える。ある程度被写体から離れないといけないのは、レンズが望遠側、つまり57mm側を使うからで、光量が足りないとダメなのはそのときに手ブレが起こりやすいからだろうというのは分かる。ポートレートモードでは通常の写真を残こすこともできるので、バーストモードみたいに2枚撮影して単純にそのうちの1枚のF値を変えてあるのかなーと思ったんだけど写真のデータを見る限り同じF2.8。てことはホントにソフトウェア的に加工がされてるのか。確かにこの無加工状態とポートレートモードの写真では同じものが使われているのがアニメGIFにしてみると分かるし、加工前と加工後を並べるとびみょーな加工具合も確認できる(猫だと毛の感じの抜け方とかわかりやすいですね)。なるほど、ソフトウェア優秀。他のアプリでも実現できるもんだろーか。教えて、猫の人(名指しw)。

まーこーなるとあとはシャッター音。一部の変態さんのために便利に使える機能が使いづらくなるってのはホントに迷惑。10.2でスクリーンショット音が消せるようになるって話だけど、ついでにシャッター音も消せるように(せめて音を小さくできるように)してくれるといいなぁ。お店の中でこそ使いたいポートレートモード、7 Plusユーザーなら絶対使うべきです。

Written by ei

11月 1st, 2016 at 11:18 am

Posted in Apple,Camera,iPhone

Tagged with , ,

iPhone 7のシャッター音をできるだけ小さくする工夫

without comments


iphone7_s1.jpg

iOSが10.1になって、Suicaが使えるしポートレート撮影ができるしでキャッホー!とバージョンアップしたけどシャッター音が消せるバグが潰されてしまった件で、多くの人が嘆いている声が聞こえてくる。そこで、少しでもいいから音を小さくする手段はないものかと考えてみた。

iphone7_s2.jpg

そもそもiPhone 7のシャッター音はどこから出ているか。ステレオになった音は、実は普段は受話に使っている方のスピーカー ー レシーバー部(赤丸①)から出ていて、これまでの裏技「ホームボタン下のスピーカーを押さえて音を小さくする」だけでは使えなくなったのだ。てことはこのレシーバー部を押さえ、さらに下のスピーカー(赤丸②)を押さえればそれなりに音を小さくできるのではないだろうか。

しかしそれを実行するのはかなり大変。両方上手に押さえるためにはiPhoneを相当無理な持ち方をする必要がある。もっと楽な方法は……と思いついたのは、TPUのカバーを逆向きにつけること。販売されているカバーは当然、下のスピーカー部分が開いているわけで、ここをカバーで包んでしまえばいいじゃん!

iphone7_s3.jpg

てことで取り急ぎカバーを逆につけて(TPUって柔らかいからこーいうとこ便利ね)、①の部分を押さえて写真を撮ってみたら、シャッター音がかなーり軽減された。うん、これは使えるぞ。

iphone7_s4.jpg

が、まぁしかし問題も少々。カバーを逆に付けるってことは見ての通りカメラ部がカバーでふさがるっていうことでもあり、画質にそれなりに影響が出るかも?(実はカメラの特性上、あまり影響ないっていう話も。透明のTPUケースならなおさら)

でもTPUのカバーって安い(今使ってるのは500円)ので、カメラ部と同じ穴を対極側にカッターかなんかで開けちゃえばいいんじゃね?普段は正しい位置で使って(でないとボタン部分はさすがに動かせない)、写真を撮りたいときだけ反対にする。これならシャッター音が気になるお店の中でも撮影できる!w

なんか偉そうに報告するまでの話でもない気もするけどw、とりあえず試してみて効果はあったのでどーしても気になる人はお試しを。TPUケースは300円台からあるよーです(上の製品は328円w)。

Written by ei

10月 26th, 2016 at 1:32 pm

Posted in Apple,iPhone

Tagged with ,