若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘Apple Watch’ tag

iPhone Xと3日間

without comments

x_and_watch.jpg

と言っても仕事が積まれててあまり出かけられてなくて、一人自宅であれとかこれとかやってるんだけどね。

てことでXがきて3日。初期状態で次の仕事(X本の予定)に入るのは諦めた(笑)ので、今度はあれこれ設定とか埋もれてたものを接続するとか。

watch_s3.jpg

まず埋もれてた一番のものはApple Watch SERIES 3。iPhone 8が出たときに同時に買ったんだけど、どーせペアリングし直しになるしなと箱のまま放置してたという体たらく。やっと使い始めましたよと。今度はシルバーで白。微妙に厚くなった気がするけど、初代より全然反応が良いですな。ようやく使えるスマートウォッチになったというか。

watch_s3_.jpg

文字盤をカスタマイズして2種類をTPOに合わせて使うように。あー、美人はやっぱり癒される。(そこかよ)ポケGoアプリも快調に動くようになって、Pokémon GO Plusの不具合で使いにくいのをなんとか補ってくれそう。

charger.jpg

あとは充電器か。Xはワイヤレス充電できるので、安ーいの買って(700円くらいだった)使ってるんだけど、ケースつけててもちゃんと充電はされてるっぽい。実はこの充電器、充電中はちゃんと光るようになってて、下の青いのがそう。Apple純正が出てきたら買い換え……ってあれ、結構いい値段するんだっけ?それならHomePodが欲しいなぁ。

ちなみに充電器は仕事机に置いてあって、帰ってきたら上に置いて勝手に充電されてる感じなんだが、これってバッテリー寿命に影響しないんだっけ。充電途中で止めたり(結構時間がかかるので)、まだ全然残ってても充電したりっていう使い方は、昔はメモリー効果が出るからしちゃダメって言われてたけど、最近はもう大丈夫なんだっけか。

そしてやっぱり気になるのは写真。さらにカメラ性能が進化してるはず!と思って色々なシチュエーションで撮ってみたり。

IMG_5300.jpg IMG_5304.jpg

撮って出しの写真とHDRが効いた写真。どちらもJPEG品質は最高にして、縦サイズを1280pxに(クリックで拡大ね)。うむなるほど、綺麗だ。

IMG_5308.jpg IMG_5226.jpg

夜のスカイツリーを、X(左)と6s Plus(右)で比較。加工は先ほどと同じ(クリックで拡大)。同じ場所で同じ時間にとってるんだけど、暗くても明るく撮れてるなーと。ただ個人的にはあまり明るく撮れすぎるのは好きじゃない。夜は暗いくらいがちょうどいいかなぁ。

IMG_5305.jpg IMG_5306.jpg

アメ横で撮った2枚。普通に撮ったら1枚目が明るすぎたので、ピント合わせして少し暗めにしたのが右。うん、これくらいでいい気がする。つまり暗くてもそれなりに撮れるようになったけど、これは好みによるって話ですね。

IMG_5326.jpg IMG_5327.jpg

そして気になったのはポートレートモードのバグ?っぽい動き。今日気付いたんだけどさ、なんか静物を撮ったときのボカシの入り方がおかしなことになってるんだけど、これは俺のiPhoneだけなんだろうか。明らかにカメラモードのプレビュー画面(左)からおかしくて、撮影した写真もやっぱりおかしい。X持ってる皆さん、同じようになってますかね?

とまぁ充電の仕方とポートレートモード問題で、ちょっと悩んでるんだけど皆様のご意見、状況などおしらせくださいませ。w

Written by ei

11月 5th, 2017 at 5:45 pm

35歳からはじめたい血圧測定 オムロン血圧計モニターイベント

without comments

hem_6321t_01.jpg

iPhoneとの連携がもっとできればなぁ、完璧なんだけど。そこだけが残念。

iWireの招待で、オムロン ヘルスケア株式会社主催の新しい血圧計のイベントに参加してきました。手首につけるタイプでしかも使用時のガイドラインがしっかりしてて使いやすいのが◎。iPhoneと連携してアプリが使えるんだけど、ヘルスケアアプリにデータが直接リンクしないのが残念だなぁと。

オムロンの新型血圧計 HEM-6321Tは11/17に発表になって、発売は11/30。今回は発表と同時にブロガーさんに紹介して、持って帰って使ってもらおうという太っ腹企画。

血圧計はトップの写真のように手首につけるタイプで、下の写真のように以前のものよりも小型化、消音化が図られている(黒いのが新しいの)。そしてポイントは各種ガイド機能。まず液晶面右にある青いランプは、手首型の血圧計には必要な「血圧計を心臓の位置に置いて計る」という位置ガイドになっていて、位置が正しくないときにはオレンジ色に光る。そしてその下にある「OK」という液晶表示。これは血圧計の止め帯の巻き方が正しいかどうかを判定するもので、正しいときはOKサインが出る。この二つのガイド機能で血圧を正しく測れるようになっているというわけ。

hem_6321t_02.jpg  hem_6321t_0 3.jpg

実際つけて使ってみると計測時間は20秒くらい?腕に巻く時間も入れて1分あればOKなのはお手軽。動作音はほとんどしない。血圧計なので血流を止めるためにポンプが動いて止め帯が締まるんだけど、このときが静かなのだ。並んで写ってる前機種は締めるときに結構音がする感じだった。しかも写真で見るように大きい。

hem_6321t_04.jpg hem_6321t_05.jpg hem_6321t_06.jpg

そしてこの血圧計のもう一つのウリが「iPhone連携」。iPhoneとBluetoothで接続してデータを転送して管理できるというもの。「からだグラフ」というアプリをダウンロードしてオムロンの「私ムーヴ」というサービスに登録、iPhoneと血圧計をBT接続すると、誕生日など私ムーヴのデータを転送して個人を特定して管理できるよーになる(2人まで)。私ムーヴの登録はちょっと面倒だけど数分でOKなのでまぁいいか。

さらに計測データはBT接続でデータを転送して、管理できるようになる。計り終わったらアプリの「データ転送」ボタンを押せば自動的に接続されてデータが飛ぶという仕組み。基本的には朝晩2回計るようにするべきだそーな(そのためにちゃんと数値が入るところは2回分になってる)。

hem_6321t_07.jpg hem_6321t_0 8.jpg hem_6321t_0 9.jpg

とまぁとにかく手間いらずで、これなら毎日続けられそーだなぁと思ってるんだけど、ちょっときになる点も。それはiPhoneの基本アプリ「ヘルスケア」とデータ連携できないこと。えー(・⌓・ ) っていうか、iPhone連携を謳いながらiPhoneのアプリと連携できないのはちょっとーって感じですが。

でも実際にはそんなに難しくないはずなんだよなぁ。iPhoneのヘルスケアアプリには「ソース」の項目があって、他の機器やAPPからのデータを連携させることができるようになっている。俺のだと画面真ん中のよーに「Sleep Meister」が睡眠分析と連携して勝手にデータをヘルスケアに転送してる。ハードウェア的にiPhoneと繋がらなくても、「からだグラフ」を連携させることはすぐできそーだけどなぁ。仕方ないので今は毎日計測後に「データポイントを追加」で記入してるけど、ちょっとここは残念すぎる。後でオムロンの人に聞いてみたら、一応対応に向けて考えているとのことだったので、ぜひとも成果を待ちたいところだ。

とはいえ、この血圧計によってヘルスケアの中には移動距離、心拍数(Apple Watchから)、睡眠分析、血圧が自動で入るようになった。次は体重かなぁ。確か体重計も連携するのはあったはずなのでちょっと考えてみたいところ。

まー残念なのは俺がとてもとても健康体ってことか。(マテ でもこうやってつけておくことできっとおかしくなったときは兆候が現れるはずよねと。

オムロンさん、ありがとーございました。

インフルエンサーワイヤー

Written by ei

11月 19th, 2015 at 11:57 am

Posted in Events,iPhone

Tagged with , , , ,

watchOS 2の目玉「コンプリケーション」対応アプリはどこで探す?

without comments

wos2_tb.PNG

そもそもなんでデスクトップ版のiTunesに表示されないのか謎。

watchOS 2の目玉はコンプリケーションてのは昨日の記事で書いた通り。しかし対応アプリが少ないのも事実で、そもそもどこから探してどーすればいいのかがイマイチ分からない。実はiPhoneのApp Store.appではトップバナーに「watchOS 2対応 おすすめ App とゲーム」があるのだが、デスクトップのiTunesからApp Storeを表示してもこのバナーがどこにもないのだよ。うーん、謎。

wos2_001.PNG wos2_002.PNG wos2_003.PNG

なのでiPhoneのApp Storeにあるバナーをタップすれば、専用ページが表示され、その中の「より多くのことを文字盤で」という項目がコンプリケーション対応アプリ。9月23日現在の本数はまだ8本。まぁ、まだこれからですよねー。

wos2_004.PNG wos2_005.PNG wos2_006.PNG

そして対応アプリの確認・設定は、iPhoneのApple Watch.appに「コンプリケーション」という項目ができている。コンプリケーション対応アプリがすでにApple Watchにインストールされていればここに対応アプリとして表示される。右端を掴んでドラッグして「含めない」の項目に持って行けば、コンプリケーションで使用しない。
またここをチェックしていれば、すでに使っているアプリがコンプリケーションに対応したときには表示されるのではないかと思われる。(まだ事例がないので断言はできないけど)

wos2_007.PNG wos2_009.PNG wos2_008.PNG

あとはApple Watchの文字盤をカスタマイズして、アプリを表示したいモジュラーを選んで竜頭をくるくる回してアプリを選択すればOK。通常表示画面でタップすれば、アプリがグランスで表示されるようになる。

とりあえずコンプリケーション対応アプリで使えそうなものがあったら入れてみよう。無料アプリはTime Tree雨降りアラームiTranslateエキサイトニュースあたり。今後も対応アプリが増えることに期待。

Written by ei

9月 23rd, 2015 at 1:27 am