若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

AirPodsを前にもう一度考えるBTイヤホン ヘッドホン

without comments

ear_01.jpg

気がついたらこんなことになってた!(爆)いやぁ、増えるねぇ、音系のものは、価格も手頃だし。(^-^;)

airpods_.png

てことでギリギリ年内、しかもホリデーシーズンに間に合ったAirPods。もっとも米国の多くの親たちはとっくにクリスマスの買い出しは終わってるんじゃないかとか思うわけだが。w 今度こそまともに届きますかねぇ。今年はホントに、Apple運がなかったからなぁ。

実はこの間のAmazonのサイバーマンデーで、「また」Bluetoothのヘッドホンを買ってしまい。(爆)
#あまり大きな声では言えない……

いやぁ、あの時点では年内には発売されそーになかったし、オーバーヘッドのヘッドホンも欲しかったし、引きこもりだしサイバーマンデーだし……ねぇ。(そこで同意を求めないw) で、この際だからうちにあるBTヘッドホン、イヤホンをずらっと並べてレビューしてみようかと。あくまでも主観なので人によっては「これは違う!」というのもあるかもしれないけど、まぁAirPodsは高いぜ!という人はまぁ参考程度に。少なくともiPhone 7シリーズを使ってる人は、絶対ワイヤレスが便利ですよ(断言)。

ear_02.jpg

まずは今回買ったAudioMX MX10。ここ何年もオンイヤー型のヘッドホンは買ってなかったんだけど、価格の割におしゃれなイメージでこれなら外に付けてってもいいなと思ってポチ。値段もサイバーマンデー価格で1,000円ほど安かったし。

iPhoneに接続して聴いた最初の印象は「あ、失敗したか?」 思ってたより音が軽くて低音が弱い。しかし音楽アプリでBass Boosterを効かせたり、HF PlayerでPerfect SettingのBass強調イコライザーにしてみたらそれなりに聴ける感じに。もっともオンイヤーということであまり大きな音で鳴らしてると外に音漏れがしそうなので気をつけたいところ。音量とかその辺を考えるとロックよりJ-POPとかアニソンにはとても相性が良さそう。

このヘッドホンのいいところはまず本体の重さが145gと軽く、それなのに外装がメタルでちょっと高級感があること。そして何よりバッテリーの持ち時間が12時間。実際、ここ3日くらい外で聴いたり家の中でも聴いたりしてるけど、iPhoneに出てるバッテリー表示はちっとも減らない。もう少し鳴らしてみて、エイジングを進めてみたいところ。

ear_03.jpg

続いてAukeyのスポーツイヤホン EP-B4。これも確かセールになってたときに購入。防汗、防滴ということで「防水」じゃないんだよね、実は。イヤホンなのでもちろんとても軽い。音質は、まぁ当然ながらこれが一番良くなくて、バッテリー容量もあまりないので2時間くらいで切れてしまう。これはBTの仕様が古いに違いないと思ったんだけど4.0だと。……それで2時間持つかどーかってどんだけバッテリー容量少ないんだと。まぁ軽くて安くて壊れてもいいやーくらいの気持ちで買うのが正解か。

てかすでにAukeyはこの製品をAmazonには出荷してなくて、幾つか出してるBTイヤホンはどれも3,000円を切る値段。デザインも改善されておっしゃれーな感じになってるので、買うならこっちでしょーかね。

ear_04.jpg

1年半前に買ってた、これまたオーバーヘッドのBTヘッドホン TSdrena AUD-BSHDP01。Amazonではすでに売ってなくて、今はノイズキャンセリングタイプが売られてます。なんで買ったんだっけか……と思い出してみると、どこかで「値段の割に音がいいBTヘッドホン」として話題になってたんだった。実にプラスチッキー(笑 でも一応つや消しにはしたらしいw)で、でもおかげで軽くて密着型。デザイン的には外にはあまり持って行きたくないかもなぁ。

音質は確かにこの値段で考えると確かに悪くない。MX10より滑らかで気持ち良い音(エイジング効いてるからかも?)。iMacに接続して使ってるけど、音の遅延も問題ないレベルだしバッテリーも持つ。ただApt-Xで接続できるはずなんだけど、iMacからは決してつながりません。何度試してもダメ。

BTでノイキャンということを考えると、今売られてるコレもありえないコスパ。坊主先生とどれくらい違うもんか試してみたいところだけど、今は買えません。w 誰か買って試してみて。

ear_05.jpg

音質として一番好きなのはやっぱり一番長く使ってるオーテクのアンプ内蔵BTレシーバー AT-PHA05BTと、重低音仕様のイヤホン ATH-CKS55i BKのペア。もう傷だらけですな。レシーバーはイヤホンとセットの方が安いんだけど、付属のイヤホンはフツーのなので注意。

BTレシーバーの仕様は2.1と古く、音の遅延も出がちなんだけど音楽専用なら問題なし。それより30mW×30mWのヘッドホンアンプの方がポイント。「ド」Bassとでも言えばいいのか、元の音なんて気にしねぇ!的な低音の出方(これはイヤホンの性質にもよると思う)はもーヘビメタとかハードロックに最適。

audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT
オーディオテクニカ (2011-11-18)
売り上げランキング: 45,768
audio-technica iPod/iPhone/iPad専用インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS55i  BK
オーディオテクニカ (2011-05-20)
売り上げランキング: 56,330

ただやっぱりレシーバーは胸の位置、イヤホンまではケーブルっていう方式になってしまうので、歩きながら使うとケーブルのタッチノイズが気になってしまう。SHURE掛けすればかなり軽減されるんだけど、このイヤホンはそれができないタイプ。ケーブルレスが主流になりつつある現在(というかEARINとかで体験してしまったら)、もう戻れないかなぁとも思う。

ear_06.jpg

そして現在メインのイヤホンになってるEARIN。これを基準にしてしまうとAirPodsの音の評価はかなり厳しくなるだろうなぁというのが感想で、それくらい素直ないい音。やはりバランスド・アーマチュアタイプだからってのもあるかもしれない。ま、価格的にも圧倒的(紹介したの全部足したくらい)だしな、うん。

気になるのはバッテリーの持続時間。まぁ仕方ないとはいえ3時間持たないのがねぇ。普通に行動するときは3時間続けて使わないんだけど、旅行に行くときとかには多分もたないんだなぁ。あとなぜか左側が充電できなくて繋がらなくなる不具合が。レシーバー側が左なので、これが繋がらないと音が出なくて困る。

値段も結構こなれてきて、しかもブラックタイプが出てる。いいなこれ。w

まぁそんなわけで、BTイヤホン/ヘッドホンはこんなにありました。(^-^;) さらにAirPodsが加わるけど、EarPodsと同じレベルの音だったらレギュラー落ちもあり得るかも?という状況。さてさてどーなりますことやら。レビューは来週。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

12月 15th, 2016 at 2:12 pm

Leave a Reply