若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘Android’ tag

HTC U11 その3 HTCの高音質は生きているか?

without comments


u11_0718_01.jpg

短い試用期間の間にもう一つだけ。それはやっぱり気になる音質のこと。

もう返却しなければいけないHTC U11。やはりAndroiderじゃない俺には敷居が高いなーと思いつつ(そろそろ1台買うべきかなぁ、でも絶対使わないしなぁ)、これだけは試しておかねばと思う重要なこと。それは音質。うちにある(売ろうとしてるけどw)HTC One Xの最大の利点は、まだAppleに買収される前のBeatsが監修した音楽再生品質。購入当時はiPhone 5だったと思うんだけど、音質の差は圧倒的だった(あ、記事発見)。そうそう、当時BeatsはHTC傘下だったんだよ。

で、その精神は生きているのか?というのが今回のテーマ。iPhone 5からは結構音も良くなってる(はず)のiPhoneと最新のU11、どちらの音質がいいのかを確認してみようというわけ(前置きが長ーくなってしまった)。

u11_0718_02.jpg

まずU11、付属の「HTC Usonicイヤフォン」がUSB-C接続でイヤフォンジャックは付いてない。こんなところもiPhoneと同じだなーと思うけど、実は大きく異なる点がある。U11のイヤフォンはアクティブ・ノイズ・キャンセリング機能付きなのだ。まースマホ付属のイヤフォンにすげーなーと思うけど、外で聴いたときにしっかり効果が出ていて音質が向上していた。

ただ問題だなと思うのは、イヤフォン側にNC用のマイクがあるため、NCを効かせたいときはこのイヤフォンでないとだめという点。Bluetooth接続では効かないし、USB-Cーオーディオジャック変換でも効かないということになる。高級イヤフォン使ってる人はそれを使いたいよねぇ。それを考えるとちょっと残念な気も。

u11_0718_03.png u11_0718_04.png u11_0718_05.png

ちなみにイヤフォンを接続するとオーディオプロファイルの作成が行われる。どーいう仕組みかはよくわからないけど、接続してイヤフォンをつけた状態で耳の構造をスキャンして、最適なプロファイルを作成するそーな。で、音楽再生ソフトを使うと「USB-Cハイレゾイヤフォン」(そうハイレゾ再生も可能)の表示が出て(一番右)、ちゃんとイヤフォン設定を使って再生してることがわかる。

u11_0718_06.png さてLightning接続したiPhoneとUSB-C接続したU11を「静かな場所で」聴き比べてみる。アプリはiPhoneで使ってるのと同じ、ONKYOのHF Player。イコライザーも同じものにして聴いてみると、iPhoneは深く落ち着いた感じ、対してU11はクリアでちょっとキラキラした派手な音かなぁ。これはイヤフォンのエイジングとかにもよるんだろうけど(とはいえiPhoneのイヤフォンもほとんど使ってない)、好みなのはやっぱりiPhone。以前ほど音質に差は感じられなくなったなぁと。

先ほどのNC効果も含めて「外で」聴きたいときに最適な効果が得られるようにしてあるのかもしれない。スタバで使ったときの印象は明らかにU11の方が良かった。適度なノイズキャンセリングで、周囲の音を完全に遮断しない。歩いて使ってても大丈夫かなーと思う。ま、この辺は結局味付けの部分なんだろうなぁ。

まーそんな感じでとっても駆け足でのレビューになってしまった感のあるU11。決して十分なレビューとは言えないなと自分でも思うのは、やっぱりAndroidに対して不慣れなことも要因だと思う。申し訳ない……。ただ高級感があり、やるべきことがちゃんとできるスマホなので、Samsungなんて買わずにこっちでいいよと。w 

ちょっと高いのが玉に瑕。もーちょっと安めのAndroid機を仕入れて少し勉強しましょうかね、やっぱり。HTCサポーターズクラブさん、ありがとうございました。(今度はもうちょっと長い期間貸してくださいね←小声)

Written by ei

7月 19th, 2017 at 9:29 am

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20がやってきた!

without comments


protrek_01_01.jpg

久しぶりのPRO TREKでござる。w 今度はAndroid Wearになって登場〜。

アウトドアアンバサダーの企画でCASIOのスマートアウトドアウォッチ 「PRO TREK Smart WSD-F20」体験モニターに参加。以前、PRO TREKに触ったのは2013年の7月でちょうど4年前。今回は9月末までと長いモニター期間が嬉しい。PRO TREKの中身はAndroid WearだけどiPhoneとも繋がるし、AndroidじゃなくてiPhoneと接続しての可能性を探ってみたいと思います。

protrek_01_02.jpg

まずは大きさを比較。そりゃ普段から使ってるApple Watchと比較するのが一番わかりやすいよねということで並べてみた。で、デカイ……。まぁ文字盤部分が円形になってるからデカく感じるというのもあるかもしれないけど、俺が自分で持ってた頃より確実に大きくなってますなぁ。ま、アウトドアな時計ならこれくらいのゴツさがあってもいいか。

protrek_01_03.jpg protrek_01_04.PNG protrek_01_05.PNG

充電は左上にケーブルを挿して行う。で、設定に関してはiTunesからAndroid Wearのアプリをダウンロード、Bluetoothでペアリングしてから行う。iTunesにAndroid Wearがあるなんて知らなかったよ……。(酷)

機能としてはAndroidらしくGoogleアカウントからカレンダーなどの通知を行うことができるのがまず基本的な部分。他にはウォッチフェイスを他のものに変えたり、位置情報を記録したりできるけど、それはまたこれから。とりあえず繋いで起動しましたよ、というところまでとしましょう。先は長いから、ぼちぼちと。

ちなみにうちにきたのは見ての通りBKじゃなくてオレンジね。
今年の夏は旅行も多そうなのであちこち持ってって試してみるつもり。楽しみ。w よろしくお願いしまーす。

Written by ei

7月 15th, 2017 at 9:38 am

HTC U11 その2 気になるカメラ性能

without comments


u11_n2_01.jpg

まぁ大差ないって言えばそうなのかも。好みの問題? あ、ちなみに背面のカバーは付属品です。傷つけたくないもんね、綺麗なボディに。

そんなわけでHTCサポーターズクラブの企画でお借りしているU11のレビュー。2回目は今のスマホではやっぱり気になるカメラ性能のお話。U11のカメラに関する謳い文句は「グローバルなカメラ評価機関「DxOMark」のモバイル端末部門から、世界最高評価「90スコア」を獲得。DxOMark史上、もっとも高い評価を受けたスマートフォン・カメラとなりました。」ということだそーで、メインカメラが1200万画素 f/1.7、サブカメラが1600万画素 f/2.0と非常に高い性能を誇る(なんでサブの方が画素数が高いのかは謎)。ま、ただしカメラの性能はソフトウェアとか好みとかにも左右されるので、これがいいという人もiPhoneの方がいいという人も当然いるだろう。なので、同じ場所でU11と7 Plusで撮った写真を置いておこうと思う。

u11_n2_02_i.JPG u11_n2_02_u.jpg

u11_n2_03_i.JPG u11_n2_03_u.jpg

u11_n2_04_i.JPG u11_n2_04_u.jpg

左がiPhone 7 Plus、右がU11、それぞれクリックで拡大。いずれもサイズを少し小さくした以外は撮って出し。HDRブースト機能が効いているかどうかはオートでわからないのだけど、まぁこれでどっちが好み?と聞いてみるしかないかなと。色が濃いとか変なブースト効いてるとかあるかもしれない。夜景とかも割と器用にこなして綺麗に撮れてる。(iPhoneは多分撮影時になんかした)

u11_n2_05_i.JPG u11_n2_05_u.jpg

接写性能。同じ位置で撮るとU11の方が画角が微妙に広いのがわかる。ピントが合わないということもなく、ちゃんと写る(まぁそりゃ当たり前なんだろーけどさw)。質感はiPhoneの方がいいかもしれない。

使っていて気になるのはシャッター音。シャッターじゃなく「カチッ」っていう音なのはなんか違う……と思うのはiPhoneを長年使ってるから仕方ないんでしょうな。あとエッジ・センスUIが反応良すぎて気がつくとカメラが起動してるとかある。まーこれはホントに慣れだろうし、エッジ・センスの感度を下げることもできるんだけど。

u11_n2_06_u.jpg u11_n2_07_u.jpg

写真加工アプリがあるかどーかってのも問題。これは俺のAndroidに対する知識の問題だから一概には言えないか。とりあえずiPhoneにもあるSnapseedを使って好みの色に変えてみた。処理能力は高いので加工などはホントに軽い。

u11_n2_08.png

Macと使う場合に気になるのは、iCloudのように写真をMacやその他の端末で共有できるよーな仕組みをどうするかという点。撮影した写真はできればPC側でも使いたいもんね。この場合はGoogle PhotosのWebページから表示してダウンロードするという手がある。いずれにしろGoogleアカウントを使えば、iCloudと同じようなことができるということか、カレンダーとか連絡先とかも。

まぁやっぱりカメラは好みだなぁ。俺はiPhoneの方が好きかも。さー次は音の評価に行ってみよーかー。

Written by ei

7月 12th, 2017 at 4:20 pm

中華Padはどれくらい使えるのか試す(試せてないw)

without comments


chuwi_01.jpg

だって皆、9.7インチのiPad Proを買って楽しそうなんだもの……。俺だってたまにはなんか買ってもいいよね……失敗だったけど。(泣)

てことでうちに見慣れないものが。俗に言う「中華Pad」ってやつですな、CHUWI Hi8。8インチだけど1920×1200の広い画面になんとWindoze10/Androidがデュアルブート。これで1万円ちょっとっていうんだから凄いですわな。そりゃ確かにプラスチッキーな筐体だけど、300gしかないのは逆に軽くていいじゃん?っていう。

ggf.png

まー一応、言い訳をしておくと。最近「艦これ」は卒業(笑)して、やってるのは「ガンダムジオラマフロント」だったりするわけですよ。(やっぱり「ガンダム」って着くと燃えるということがわかってきたw)ブラウザでもできるらしいんだけど、ハンゲーム版だとできなくて、今やってるのはMacでParallels Desktopを使ってと面倒な感じ。仕事してるときとかメモリも喰うし、ゲーム端末は切り離したい。それに旅行に行ったりすると連続ログインのボーナスがもらえなくなるのでいろいろ苦労して(iPad ProからMacのデスクトップにアクセスしてWindozeを起動して)ログインしたりしてるわけで。んー、外出先でもできる端末が欲しい。で、目をつけたのが中華Padというわけ。

最近のWindoze10のタブレットは中華のものであれば1万円代で購入できる。それならParallels買ってWindozeを買うより安くね?そもそも持ち歩けるの最高じゃね?っていうことで、いろいろと物色。この機種はAndroidとデュアルブートができるってことで、今使ってるiPad miniの機能を幾つか代替できるかも?そしたらiPad miniはとりあえず売っ払って……といろいろと妄想をめぐらせて、ポチ。w

android_01.png

そしてやってきた中華Pad。8インチ、小さい。w まー俺はゲームができればそれでいいんだ!と(マテ、まずは起動……あ、Androidで起動した。(泣)俺が使いたいのはWindoze……って切り替え方わからねー。w いろいろ探してよーやく「メニューバーから下に引き下げると出てくる」ものがあることがわかり(ホント、Androidってわからない)そこにある「OS SWITCH」からWindozeに切り替えることができた。 すでにこの時点で結構疲れた。
#いやぁ、ホントここまで自分が使えないとは思ってもみなかった……
#もーApple製品が染み付いてるのね

さて気を取り直してWindoze10を実行。やっとゲーム入れられる!(マテ と喜び勇んでWebサイトに行ってアプリをダウンロード。さぁゲームスタートっ!と思ったら、なんか、動かねー。(T-T)/

win10_01.png

メッセージので肩から考えると、これはどーやらデュアルブートになっていることが問題なんじゃないかと。Windoze側がエミューレータっぽくなってるの?いずれにしろこれだと一番叶えたいことが叶わないことが判明。

今後の方策は2つ。まだあまり使ってないんだからこの場でヤフオクに売り飛ばす。(爆)もう1つはWindozeのみのマシンにするためにクリーンインストール。ただ現時点でさえこんなに疲れてるというのに、果たして俺にそれができるのか。文鎮化しちゃうかもしれないしなー。若い頃なら(笑)その過程も楽しんでいろいろ試してみるんだろーけど、Apple製品に慣れた身ではそれはちょっと辛いかもしれない。

ということでどーするかまだ保留中。なんかよくわからない動きもするんだよね、これ。ああ、問題だなぁ……。続く……のか?

Written by ei

4月 2nd, 2016 at 2:11 pm

Posted in Android,Gadgets,Games

Tagged with , ,

htc one X その8 AndroidをMacと繋ぐ doubleTwist

without comments


doubleTwist.png 頭が固いと言われようが、やはりモバイル機器には「母艦」がある方が便利だと思う。それは音楽や映像、写真などコンテンツを入れるためのものとしての一面がひとつ、もうひとつはバックアップを取るためだ。
モバイル単体でコンテンツをダウンロードして利用するのはネット回線や無線がどんなに速くなっても有線にはかなわないし、消したらそれっきりでいいのかと思う。またモバイルに限らず、電子機器はバックアップを取って書き戻せるからこそ便利だし安心なのだ。消したらイチからセットアップし直しなんてとてもする気にならない。iPhoneにはこれらが備わっているからこそ便利だと思うし、なぜAndroidは標準でこれらの機能をつけないのかと思う。

そんな考えがあるので、MacをAndroidの母艦化することはできないだろーかといろいろ調べてみた中でまず見つけたのがこのdoubleTwistだ。MacにあるiTunesのコンテンツを同期できるという優れもの。しかもAirSyncというアプリをAndroidに入れると、無線LANで接続できるのだ。

doubleTwist2.png  doubletwist6.png

使い方は簡単で、MacとAndroidの両方にdoubleTwistを入れて起動するだけ。MacのdoubleTwistは自動でiTunes内のプレイリストを読み込む。マウントされたAndroid機にこのプレイリストが表示され、MusicやVideosでチェックをつけたプレイリストを同期できる。実にシンプルだ。

プレイリストに入っていないコンテンツは同期対象にならないので、iTunes側でプレイリストを作っておくか、doubleTwistで新規にプレイリストを作成する必要がある。あるいは左のサイドバーのLibraryがiTunesの中身なので、ここからアーティストやアルバムでブラウズして曲を表示させ、デバイスにドラッグ&ドロップする。アルバムやアーティストをそのままドラッグ&ドロップはできないので、リストで表示された曲をまとめてドラッグすれば同期できる。

doubleTwist3.png doubleTwist7.png

Androidで撮影した写真も、Photosパネルで”Import new photos from device”にチェックを入れれば、MacのピクチャフォルダにdoubleTwistフォルダが自動的に作られ、新しく撮影した写真を保存できる。まとめて同期できる点は便利だ。

あとはdoubleTwistからAmazon MP3ストアやAndroid Marketが見えるはずなんだが、これが表示されない。AndroidマーケットはGoogleプレイに変わったから?Amazonは海外だから?でもUSのアカウント入れても反応しない。謎。

AirSyncはAndroid用のアプリで、これはインストールするだけ。最初の同期時にパスコードを入力してペアリングすると、以後はUSBで繋がなくても両方でdoubleTwistを起動すればマウントされるようになる。有料だがいちいちMacに繋がなくてもいいのはとても便利。俺はこのアプリで始めてGoogleプレイストアで買い物をした。(笑)

doubletwist4.png doubletwist5.png

さてAndroid側のdoubleTwistはプレイヤー機能もあり、この中からでも音楽、ビデオの再生が可能。イヤホンを使えばちゃんとBeats Audioも効く。ホームからはポッドキャスト、ネットラジオの再生もできる……らしい。ポッドキャストは再生できたけどラジオが聞こえねー。(笑)実はネットラジオじゃない?いや、そんなことはないな。うーん。

ま、これでとにかくMacとAndroid、いやiTunesとAndroidを繋ぐことができるよーになった。これがあるならプレイヤーはiPhoneでなくてもいいかなーと思うくらいには便利。うん、こーいうのがあるのはイイネ。w

Written by ei

4月 29th, 2013 at 1:54 pm

Posted in Android,Mac,Mobile

Tagged with , , ,

htc one X その7 なぜかデータ通信に繋がらない>解決

with 2 comments


htc_cap17.png

帰宅して調べてよーやく繋がった。でもやっぱ遅いわ、150kbps。

さて回線が開通して、今日からいよいよフィールドテスト。今日届いたイヤホンも使って(これはまたあとでエントリー)いろいろ試してみよーと、バス停で立ち止まってFacebookを確認……するも、なぜか「データ通信ができません」という表示。?何か設定するところあるんだっけ?と悩むも、もう出てきちゃったんでよく分からず。なんだよー、せっかく持って出たのにただの電話で終わりかよー。

外出先の空いた時間でiPhoneを使って調べてみる。しかし設定内容は別に間違っていないよーだし、そーいう事例も見つからない。ひょっとしてLTEのSIMが使えないとか?買い直し?……なんて言葉がぐるぐる頭の中を回っていたのだった。

結局、外では繋がることなく帰宅。改めて自宅に戻って設定を書き直す。やっぱりダメ。うーん、お手上げ。

きっと何か理由があるんだ、とググってみたら、よーやく見つかりましたよ、理由が。Twitterでつぶやいてる人がいた。

htc_one_x_sim.png

そう、b-mobileの設定マニュアルには認証タイプは「PAPまたはCHAP」となってるのでそーしてたんだけど、実はhtc one Xは「CHAP」だけでいいのだそーな。ここを設定し直してやると……をを、データ通信のマークがステータスバーに!(トップ画像の赤丸)しかしなんだか反応が鈍い。こんなもの?

htc_cap18.png iphone_lte.PNG

で、SPEEDTEST.NETのアプリを使って計測する……ああ、やっぱりこれで正しいのか、「ベストエフォート」の150kbpsだもんね……。(泣)iPhoneの速度に慣れてて、自宅のWi-Fiに慣れてるからここまで遅いとは思いもせず……。しかもこーしてLTEのiPhoneの結果と並べるとあまりに無残。まー当然だけど、やっぱりちょっと悲しい。ルータがあるんだから外でデータ通信使うときはそれを使うか。(本末転倒)

それでもこれでデータ通信もできるよーになった。(一応だけど)こ、今度こそフィールドテストを……。(撮影したデータとかでツイートしたくないな……)

Written by ei

4月 24th, 2013 at 10:36 pm

ようやく開通

without comments


2013-04-23_15-16-59.png 初Docomo回線、マンション内は3本しか立たないな。wしかし日本の回線契約環境はまだまだだということがよーくわかりました。

本日よーやくb-mobileの回線が開通。one Xがきたのが23日で、その日に買っていたスマホ電話SIMで開通手続きをしたんだけど、途中不具合などもあったとはいえ開通までに5日もかかるという状況はどーなのかと小一時間……。旅行で来た人とか、5日もあれば帰ってしまうじゃないか。あ、そーいう人は最初から回線定額ついてるのを買えってことなのか。今回のは電話付きなので月額支払いだからいろいろ確認が必要ってこと?(外国人向けSIMと銘打たれたものは事前にWebサイトから手続きが必要だとか)

それにしても免許証のコピーとかも送ってるんだから、そのデータが届いた時点で開通でもいいじゃないかと。カードの認証も通ってるんだしさ。犯罪防止のためかもしれないけど、それは細工されればどーにでもなることだ。今度行く台湾やその他海外の多くの地域では、空港で免許証とパスポートを見せればその場でSIMが買えて開通する。アメリカなんて吊るしでブリスターパック入りのケータイ売ってて、パックから出したらすぐ使えた(1つ1000円しない)。日本でもそーいう状況を作らないといつまで経ってもガラパ(ry。

今日は他にもTPUのソフトカバーも届いて傷対策もでき、とりあえずこれでone Xを持ち出して使える状態が整った。まぁメインがiPhoneなのには変わりはないけど、明日からは回線のパフォーマンスも含めていろいろとフィールドテストをしてみよう。(といっても一番安い150kbps定額プランなので大したことはない)

Written by ei

4月 23rd, 2013 at 3:53 pm

htc one X その6 Beats Audio

with 4 comments


beatsaudio.pngいやぁ、驚いた。iPhoneが完全に負けてますよ、音。
#驚いたのでFacebook話より先にこっちw

one Xを買って気になっていたのが「Beats Audio™」の文字。これ、知ってる人はあの特徴的なヘッドホンのロゴで知ってるかもしれない。Dr.Dreというヒップホップアーティストが手がけているサウンドシステムで、HTCが2011年に買収している。で、そのサウンドプロセッサをこのone Xは採用している。ちょっと前のHTCのスマホにはBeats Audioのイヤホンも付属していたそーなのだが、採算が合わないらしくこのモデルでは不採用に。しかしサウンドプロセッサは残ったというわけ。

で、そんなに音がいいの?とモノは試しと聴いてみることに。音楽を再生するには、one XをMacにマウントしてMusicフォルダにサウンドファイルを入れればOK。iTunesでエンコードしたファイルもそのまま再生可能。mp3でなくm4aでもOKだ。ただしiTunesストアで購入したものに関しては再生不可。あ、+はOKね。

で、再生してみる。まぁ大したことはなかろうと高を括ってふつーにiPhone5のEarPodsを繋いでみた……ら、げげ、iPhoneより断然音がいい。音がとてもクリア。透明感があるのに低音は響いていて、高音域もキレイに延びる。これはやられた。嘘だろ〜と思ってそのあとiPhoneを繋いで同じ曲を再生してみたら、モコモコしてて音のクリアさが全然足りない。サウンドプロセッサアプリを噛ませるとちょっと違うのだが、それでも完全に負けてる。

ちなみにEarPodsを繋ぐと、one Xでは音楽の再生と停止はコントロール可能。たぶん受話もできるんだろーな。ボリュームの上下は効かなかった。

MONSTER CABLE MH BEATS IE CT iBeats ブラック 並行輸入品 バルク
モンスターケーブル
売り上げランキング: 5,141

てことで今後はミュージックプレイヤーとして働いてもら……いや、コイツは内蔵容量が少ないんだった。(_ _;) しかしone X、iPhoneに負けないかなりいい機種だということが分かってきた。もっといいイヤホンで聴いてみるべきだということで、本来HTC Sensation XEに付属していたというMonster Beatsのイヤホンのバルク品を発見。かなり安いのでポチる。(マテw いやぁ、勢いって恐ろしいですね。(笑)

【追記】
ちなみにこのBeats Audio、他のAndroid機にもインストール可能らしい。Beats Audio Installerを探してインストール(要root化)すれば同じ効果が得られるとか。以前はPlayストアでも扱いがあったみたいだけど今は無くなってる模様。上のアプリ名でググって入れてみよう。結構あちこちに転がってます。

Written by ei

4月 22nd, 2013 at 11:57 am

htc one X その5 データ共通化のためのクラウドサービス

without comments


さて、モバイルのポイントはいちいち移行の手間をかけることなく、クラウドサービスなどを活用してデータが共有できるかどーかだ。iPhoneではiCloudを使うことでカレンダーや連絡先、ブックマークなどの共有が可能なので、一度設定してしまえばあまり悩むことはない。そしてAndroidもgoogleのサービスを活用すればある程度の共有が可能になる。

htc_cap09.png htc_cap10.png htc_cap11.png

まずカレンダーは、俺はいろいろな理由からGoogleカレンダーをメインに使っている。iPhoneもiCalもデフォルトカレンダーがGoogleなので、アカウントを設定すればそれだけで同期ができた。ただAndroidのカレンダー(左)は表示が超貧弱。iPhoneのカレンダーも大概酷いと思うが、カレンダーを作り込まないのは「仕様」なんだろうか。(笑)Google Playで売られてるアプリもどれもイマイチ。Googleカレンダーでさえこのありさま(中)。一目見て何の予定かわからないスケジューラーなんていらないぞ。

そんな中でセレクトしたのはiOS用にもあるSnapCal(右)。ホントはiPhoneで使ってるRefillsがいいんだけど、1000円近くするしメイン機じゃないのでパス。SnapCalはそのままGoogleカレンダー情報を取り込んでくれるので設定はほぼ何もしなくて良かった。ちゃんとその日の予定がテキストで表示されるので分かりやすく、横表示もあるのがポイントだ。

contact.png htc_cap12.png

連絡先情報もGoogleコンタクトが使えるので、Macの連絡先情報を書き出したものを読み込ませて使わないものを整理した(左)。iPhoneの連絡先と同期はできないけどまぁ普通電話や連絡に使うのはiPhoneだから、この連絡先はいざというとき用で考えればいいか。あるいはiPhoneの連絡先アプリにGoogleコンタクトが使えるものを探して使うようにすれば共通化は簡単だ。

ちなみにメールは外に出るときは必ずiPhoneを持ち歩いてるからこちらで受ける必要はないわけで、Gmailを落としてGmailのアカウントだけを設定してある。WebのブックマークはChromeから同期できるので、Safariのブックマークを読み込ませることで対応しよう。

htc_cap17.png htc_cap13.png htc_cap14.jpg

他に情報共有系のアプリとして使っているのはやっぱりEvernote。これもアカウントだけ設定すればすべてのデータを同期できて便利。しかしAndroid版(中)とiOS版(右)のUIが全く違うのに驚く。こーいうの、普通同じにしない?ま、iOS版は新しくしすぎて返って使いづらくなったという評判もあるのでどっちがいいとは言えないところはあるが。

htc_cap15.png htc_cap16.png

当然、Dropboxも設定する。one XはSDカードを入れるところがない機種で、内蔵メモリしか利用できないという不便さを補うためか、Dropboxの25GBの容量が2年分無料で付いてくる。元々あるアカウントで設定すればそのアカウントに25GB分が追加される。また撮影した写真なんかを直接Dropboxに上げる機能があったり、ギャラリーからもDropboxにアップできる(左)ので、スクリーンショットは現在Dropbox経由でやりとりしている。カメラアップロードを入れればフォトストリームも再現できるはず。

とまぁ、心配していたデータ共有、使い勝手の共通化は案外あっさりできることが分かった。ちゃんとした端末さえあればある程度はiPhoneのように使えるかもしれない。(といいつつまだ回線契約が終わらないので持ち出してもないわけだが)

次は例のFacebook Homeなどを含むSNS系アプリの話の予定。

Written by ei

4月 20th, 2013 at 9:54 pm

htc one X その4 まずは壁紙(マテw

without comments


htc_cap05.png

俺が使う端末に壁紙設定がされてないなんてあり得ない!(そこまで言うw)

最初の難関を突破したone X。これでふつーのAndroidとして立派に使えるよーになるはず。で、まずやることと言えば壁紙の設定である。 (笑)だってそりゃー長時間画面見ながら使うんだもの、見たときに心地よくなれるものが必要よね?ね?ね?

しかしAndroidの画面は横にスクロールすると壁紙も動くという変態仕様。これに合う画像サイズってなにー?と探していたら、なんと勝手に壁紙サイズに作って貼り付けてくれるアプリがあるという。それがこの「壁紙ぴったん」だ。ギャラリーにある画像ファイルやDropboxなどからも画像を取り込んでちょうどいいサイズに合わせてくれる。

htc_cap006.png htc_cap06.png

使い方は簡単で、まずはDropboxのどこかに入れた画像ファイルをエクスポートする。このとき、画像は縦位置ではなくて横位置のものを選ぶ方が良い。また、できれば日の丸構図のものの方があとで加工しやすい。▼ボタンを推すとその他の中にエクスポートがある。その中に壁紙ぴったんの項目があるのでここにエクスポートすると、アプリに画像が渡されて壁紙設定が可能になる。

htc_cap07.png htc_cap08.png

画像が読み込まれると赤い枠が表示されるがこれがホーム画面の画像になり、ここから横にスクロールすると残りの部分にずれていく。赤い枠が広かったり狭かったりする場合は「画像のリサイズ」で高さにチェックを入れるとサイズを自動で合わせてくれる。その他、赤枠を上下左右に寄せたり、 足りない部分に背景色を付けたりできる。さらに画像サイズが大きい場合は色数や画素数を減らすこともできる。

最後に「壁紙に設定する」をタップすると、そのまま壁紙に設定されて完了。とても簡単だ。one XにはHTC Senseというホームが設定されているが、それは時計とかいろいろいらないウィジェットが置いてあった。(メニューバーに出てるのにいらんだろ、時計)邪魔なのでw、これをサクッと削除してGoogleの検索バーだけにしたらさらに見通しが良くなったのが最初の画像。あー、ステキ。w

one XにはDropboxのアカウントが着いてるんだよーとかそーいう部分端折ってますが(そこが一番大事だろう)、クラウドサービス関連はまた次のエントリーで。やっぱり俺の端末は壁紙の話題からですよ、えーえー。

Written by ei

4月 20th, 2013 at 4:04 am