若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘Android’ tag

htc one X その5 データ共通化のためのクラウドサービス

without comments

さて、モバイルのポイントはいちいち移行の手間をかけることなく、クラウドサービスなどを活用してデータが共有できるかどーかだ。iPhoneではiCloudを使うことでカレンダーや連絡先、ブックマークなどの共有が可能なので、一度設定してしまえばあまり悩むことはない。そしてAndroidもgoogleのサービスを活用すればある程度の共有が可能になる。

htc_cap09.png htc_cap10.png htc_cap11.png

まずカレンダーは、俺はいろいろな理由からGoogleカレンダーをメインに使っている。iPhoneもiCalもデフォルトカレンダーがGoogleなので、アカウントを設定すればそれだけで同期ができた。ただAndroidのカレンダー(左)は表示が超貧弱。iPhoneのカレンダーも大概酷いと思うが、カレンダーを作り込まないのは「仕様」なんだろうか。(笑)Google Playで売られてるアプリもどれもイマイチ。Googleカレンダーでさえこのありさま(中)。一目見て何の予定かわからないスケジューラーなんていらないぞ。

そんな中でセレクトしたのはiOS用にもあるSnapCal(右)。ホントはiPhoneで使ってるRefillsがいいんだけど、1000円近くするしメイン機じゃないのでパス。SnapCalはそのままGoogleカレンダー情報を取り込んでくれるので設定はほぼ何もしなくて良かった。ちゃんとその日の予定がテキストで表示されるので分かりやすく、横表示もあるのがポイントだ。

contact.png htc_cap12.png

連絡先情報もGoogleコンタクトが使えるので、Macの連絡先情報を書き出したものを読み込ませて使わないものを整理した(左)。iPhoneの連絡先と同期はできないけどまぁ普通電話や連絡に使うのはiPhoneだから、この連絡先はいざというとき用で考えればいいか。あるいはiPhoneの連絡先アプリにGoogleコンタクトが使えるものを探して使うようにすれば共通化は簡単だ。

ちなみにメールは外に出るときは必ずiPhoneを持ち歩いてるからこちらで受ける必要はないわけで、Gmailを落としてGmailのアカウントだけを設定してある。WebのブックマークはChromeから同期できるので、Safariのブックマークを読み込ませることで対応しよう。

htc_cap17.png htc_cap13.png htc_cap14.jpg

他に情報共有系のアプリとして使っているのはやっぱりEvernote。これもアカウントだけ設定すればすべてのデータを同期できて便利。しかしAndroid版(中)とiOS版(右)のUIが全く違うのに驚く。こーいうの、普通同じにしない?ま、iOS版は新しくしすぎて返って使いづらくなったという評判もあるのでどっちがいいとは言えないところはあるが。

htc_cap15.png htc_cap16.png

当然、Dropboxも設定する。one XはSDカードを入れるところがない機種で、内蔵メモリしか利用できないという不便さを補うためか、Dropboxの25GBの容量が2年分無料で付いてくる。元々あるアカウントで設定すればそのアカウントに25GB分が追加される。また撮影した写真なんかを直接Dropboxに上げる機能があったり、ギャラリーからもDropboxにアップできる(左)ので、スクリーンショットは現在Dropbox経由でやりとりしている。カメラアップロードを入れればフォトストリームも再現できるはず。

とまぁ、心配していたデータ共有、使い勝手の共通化は案外あっさりできることが分かった。ちゃんとした端末さえあればある程度はiPhoneのように使えるかもしれない。(といいつつまだ回線契約が終わらないので持ち出してもないわけだが)

次は例のFacebook Homeなどを含むSNS系アプリの話の予定。

Written by ei

4月 20th, 2013 at 9:54 pm

htc one X その4 まずは壁紙(マテw

without comments

htc_cap05.png

俺が使う端末に壁紙設定がされてないなんてあり得ない!(そこまで言うw)

最初の難関を突破したone X。これでふつーのAndroidとして立派に使えるよーになるはず。で、まずやることと言えば壁紙の設定である。 (笑)だってそりゃー長時間画面見ながら使うんだもの、見たときに心地よくなれるものが必要よね?ね?ね?

しかしAndroidの画面は横にスクロールすると壁紙も動くという変態仕様。これに合う画像サイズってなにー?と探していたら、なんと勝手に壁紙サイズに作って貼り付けてくれるアプリがあるという。それがこの「壁紙ぴったん」だ。ギャラリーにある画像ファイルやDropboxなどからも画像を取り込んでちょうどいいサイズに合わせてくれる。

htc_cap006.png htc_cap06.png

使い方は簡単で、まずはDropboxのどこかに入れた画像ファイルをエクスポートする。このとき、画像は縦位置ではなくて横位置のものを選ぶ方が良い。また、できれば日の丸構図のものの方があとで加工しやすい。▼ボタンを推すとその他の中にエクスポートがある。その中に壁紙ぴったんの項目があるのでここにエクスポートすると、アプリに画像が渡されて壁紙設定が可能になる。

htc_cap07.png htc_cap08.png

画像が読み込まれると赤い枠が表示されるがこれがホーム画面の画像になり、ここから横にスクロールすると残りの部分にずれていく。赤い枠が広かったり狭かったりする場合は「画像のリサイズ」で高さにチェックを入れるとサイズを自動で合わせてくれる。その他、赤枠を上下左右に寄せたり、 足りない部分に背景色を付けたりできる。さらに画像サイズが大きい場合は色数や画素数を減らすこともできる。

最後に「壁紙に設定する」をタップすると、そのまま壁紙に設定されて完了。とても簡単だ。one XにはHTC Senseというホームが設定されているが、それは時計とかいろいろいらないウィジェットが置いてあった。(メニューバーに出てるのにいらんだろ、時計)邪魔なのでw、これをサクッと削除してGoogleの検索バーだけにしたらさらに見通しが良くなったのが最初の画像。あー、ステキ。w

one XにはDropboxのアカウントが着いてるんだよーとかそーいう部分端折ってますが(そこが一番大事だろう)、クラウドサービス関連はまた次のエントリーで。やっぱり俺の端末は壁紙の話題からですよ、えーえー。

Written by ei

4月 20th, 2013 at 4:04 am

htc one X その3 日本語化完了

without comments

実は繁体字が化けているというのは内緒だ。w

htc_cap04.png まず「MoreLocale 2」をGoogleプレイからダウンロードして日本語表示に
  ↓
ATOK Passportを入れて日本語入力を可能に Facebook Homeも入れてみる(これでもういいかと諦めかけるがやっぱり気になるのでroot化することに)
  ↓
MacにSDKを落としてツールを使ってtokenを表示しようとする→Javaがエラーを出してダメ
  ↓
諦めてVMWareにSDKとかいろいろ入れてそちらで対応しようとする→解凍中にiMacがいつものハングアップ(泣)
  ↓
再度ツール類を解凍してよーやくtokenの取り出しに成功。ホームページでtoken登録 メール受け取り
  ↓
ターミナルからコマンドを入れてbootloaderのアンロックを完了
  ↓
rootをとるためのファイルをダウンロードするもバージョンが違うことに気付く 気にせず進行
  ↓
ターミナルから”recovery-clockwork-touch-5.8.4.-endeavoru.img”をone Xへ入れる
  ↓
リカバリーモードでバックアップを取って”UPDATE-SuperSU-v1.25.zip”を入れようとするが、このファイルがどこにあるのか分からず迷う。→これはone X内に入っていないとダメなことによーやく気付いて移動させて実行。よーやくroot化が完了
  ↓
日本語フォントを探してきて”DroidSansFallback.ttf”の名前に変えて、「ESエクスプローラー 」でフォントファイルを直に上書き。いったん日本語フォント化ができたよーに見えて実はダイアログが文字化けするという事態に(これが今朝のブログの段階)
  ↓
もともとあった”DroidSansFallback.ttf”をもう一度上書きするとさらにダイアログが文字化け。restoreからやり直し(泣)
(ここから試行錯誤で3回くらいループ)
  ↓
日本語フォントを”DroidSansFallback.ttf”の名前に変えて上書きしたあと、”DroidSansJapanese.ttf”という名前の違う同じファイルを作ってフォントフォルダにコピー。そのあと/system/etc/にある”fallback_fonts.xml”にDroidSansJapanese.ttfの指定を追加。
  ↓
ダイアログも正しく表示されるようになって完了。万歳〜\(^o^)/ この段階で再度restoreを取っておく

と、ここまでくるのに12時間かかった(含む睡眠時間)よーな気が。ファイル名を変えて上書きすればいいとだけしているところ、”DroidSansJapanese.ttf”を追加すればOKとだけ書いているところ、”fallback_fonts.xml”を書き換えればOKとだけ書いているところとそれぞれあったわけだが、結局それらを全部組み合わせることでよーやく正しく日本語化が完了したというわけ。

Macにマウントできるよーになるとファイルを直接Android内に入れたりできるのでそれなりに便利。ただどの段階でマウントできるよーになったのかイマイチよく分かってない。(笑)ま、いいか。(いいのか?)

ちなみにこれって例えばOSが4.1とかにアップデートされたときにはそのままアップするとまたイチからやり直しなんすかね? まぁ苦悩したおかげでそれなりにできるよーにはなった気がするけど。もう一回やるのはヤだな。

さー、次からはよーやくお気楽なアプリレビューだよー。(笑)

Written by ei

4月 19th, 2013 at 6:30 pm

htc one X その2 日本語化への遠い道のり

with 4 comments

まさに遠い道のりだ……。(- -;)

昨日ご報告の通りhtc one Xの日本語化に着手してるんだけど、まーこれがなんというか情報が錯綜していて、一晩かかってちゃんと終わってない。すでにアプリがバージョンアップされてて違ってたりとかも。情報を参照しているサイトによって日本語化の方法が違うってどーいうことよ。(- -;) まぁそれだけいろんな方法がありますよってことなのかもしれないけど、これは混乱する。
#まさにAndroidの問題点はこーいうところにも

htc_cap03.png htc_cap02.png htc_cap01.png

で、どーにかこーにか日本語フォントのインストールまで漕ぎ着けたのが真ん中の画像。ちゃんと「直」の字が正しく表示されているのがわかる。しかーし、なぜかダイアログが文字化けなのかどこの文字なのかわからないものになっている。(- -;) このあとどーやっても戻らなくて、やり直したりなんかしたらさらに違う文字に化けたりなんかして結局やり直していたり。ダイアログは重要だからダイアログなわけだろーし、それが文字化けしたままってのは問題だ。もー英語システムのまま、日本語が使えればそれでいいかって気にもなってくるわなーと。

まーそんな状態なので未だアプリをいろいろ入れられず。ATOK入れては消し、他のアプリも入れては消し……。Backupに入れておいてRestoreで戻ればいいのか。うーん。悩まかしい。

まだまだ頑張ります。ええ、頑張りますとも。(T-T)/

Written by ei

4月 19th, 2013 at 2:01 pm

htc one X その1 未知との遭遇(笑)

with 2 comments

onex_01.jpg onex_02.jpg

さて、やってきたのはいいが、何から手を付ければいいんだっけ?

ということでeXpansysから届いたのはSIMフリーのhtc one X。かわいらしいお弁当箱みたいな白い紙箱に入ってて、中身もコード類とマニュアルのみとシンプルな構成。

onex_03.jpg

iPhoneと並べてみると、うへぇ、やっぱりでかい。w 4.7インチ液晶ってことはiPhone5より一回り大きいのね。でもその割に薄さは同じかちょっと薄いくらい。やるなHTC。裏もプラスチッキーにてかてかしてるのではなくてマットな仕上げでよい感じだ。

で、届いたブツを目の前に、まずは何からすればいいのかと考えてしまうわけだ。別にAndroid機は始めてじゃないんだけど、SIMフリーのものは始めて。しかもAndroid機は機種でUIが違うので、起動するだけでも迷うというか……。まずは充電しちゃえとMicroUSBの端子を接続して、この記事を書きつつぼーっと考えるわけです。(笑)iPhoneならこの充電ケーブルを繋いだ時点でMacにマウントされて(USBなのでそのままMacに繋がってる)、同期すれば終了なのになー。確かにAndroidだってGoogleのアカウント入れちゃえば同期完了じゃん?とも思うけど、そこまでいくのにいくつのハードルを越えないといけないかと。母艦があるって偉大だなと改めて思う次第。

まぁそんな愚痴を言ってても仕方ない。手順としては……

1.スマホ電話SIMをアクティベート
これは昨日購入。無料通話なしでその分月額が安いLTEの方にしてみた(LTE繋がらないけどね)

2.One Xをアクティベート
SIM入れないとできないんだっけ?それはiPhoneだけ?こーいうところよく分からない

3.日本語化
UIが日本語じゃないので日本語化する。morelocale2とかいうアプリを入れるといけるらしい  

4.フォントを日本語化
中華フォントしか入ってないらしいのでフォントを変更する……なんかrootを取らないといけないとか面倒

5.Facebook Homeを入れる
よーやく目的のひとつが達成できるはず……。んー、長く険しい道のりだな。

今回、これを買おうと思った理由はまずAndroidを学ぶため。別に常用したいともするとも思ってないけど、アプリをチェックするとか使い方を考えるとかいろいろやるべきときにきてるかなとか。仕事もあるかもしれないしね。2つ目は前に書いたFacebook Home。評価は散々みたいだけど(笑)、やっぱり使ってみないと判断できないし、今後化ける可能性だってあるわけで。3つ目はSIMフリー端末にすることで6月の台湾で使えること。これがあってテザリングできるなら、いつも借りてるWi-Fiルータはキャンセルしてもいいなと。そしてもうひとつは、MacユーザーがAndroidを快適に使うお作法みたいなものがあるだろうかということを研究するため。いくつかはきっと仕事にも繋がるだろーという感じ。ええ、頑張るのでお仕事ください。(笑)

Written by ei

4月 18th, 2013 at 1:12 pm