若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

iPhone Xと2ヶ月

without comments


x_2month.jpg

気がついたらもう2ヶ月弱が経とうとしていて。いつもは1ヶ月報告とかするのにね。

流石に2ヶ月も使うと、ましてや本を書くために触りまくると、操作が違うことによる違和感もなくなってきて安定してる。ただ他の人は「超便利」というFace IDが未だに安定しない。3割の確率でパスコードを入れさせられるというのは、よく言われるiPhoneとの距離が問題なんだろーか、それとも俺の顔が特徴なさすぎて絞れない?(笑)すでに3回くらい入れ直してるんだけどなー。

幸いなことに外で使うときは案外うまくいくので、やっぱり環境に起因するのか、それとも普段の顔が締まらなすぎるのか……。

最近の良かったことは、写真のよーにPokémon Go PLUSがよーやくiOS 11で使えるようになったこと。(笑)ええ、まだやってますよ、レベルアップはあまりしてないけど。レベルが上がらないのは出歩かなかったのもあるけど、PLUSが使えなくなって下っ端なポケモンを獲れなくなってたこともある。ただカーブボールの投げ方は上手くなって、レイドバトル後のチャレンジが成功することが多くなったのは思わぬ収穫(おかげでグラードンは4回挑んで100%)。とりあえずこれで安定して下っ端も狩れるだろうから、レベル上げにも勤しむべきかなぁと。……てこれ、Xだけの話じゃなかった。w

Xの話じゃないついでに、最近の「バッテリーが劣化したiOSのバージョンを上げるとiPhoneの処理能力が落ちる」という例の件について。iPhoneのバッテリー性能が落ちて、シャットダウンするのを防ぐとかなんとか言ってるけど、それはやっぱり言い訳にしか過ぎないと思う。

バッテリー性能が落ちてデータが消えてもそれはユーザーの自己責任であって、そのために皆モバイルバッテリーというものを持ち歩いているわけで、そこまで勝手に(そう、勝手に!)気を使ってくれる必要はない。もしそれが必要なら、多くの人が言うように「劣化バッテリー対応モード」スイッチを付ければ良かったこと。それをしないで性能を落とすなんてことをしたのは、「古いiPhoneは新しいOSにすると遅くなるのねー、じゃあ買い換えないとねー」とユーザーに思わせるための策略と言われても仕方ない。

そもそも近年まで、iOSもMac OSも、OSを新しくすると操作は軽くなっていた(皆忘れてるかもしれないけどね!)。それが最近はOSを入れ替えると重くて……と言われることが多くなった原因がこれだとしたら、アップルはその責任を免れることはできない。しかも今、iOS 11から10へのダウングレードはできないのだ!これも販売促進のための策だとしたら、アップルは本当に間違った方向に進んでるぞと。そしてこの方策、Macにも使われてないか?と疑う人もいるだろう(俺もその1人)。

そう、実は一番の問題は、今後アップルのやることには裏があるんじゃないかという「信頼」が失われたこと。これまで少なくとも、アップルはユーザーのことを考えたものを提供してきたはずだけど、今回の件はそれを大きく損なうものになったと言わざるを得ない。斬新なものが提供できないけど株価を維持するためには売り上げを伸ばさなければいけない。そのためにはiPhoneの買い替えを喚起し、さらに価格を上げるしかない……。そんな理由ではないと思いたいが、もしそうだったとしたら……。信頼を失うというのはそういうことだ。

信頼を築き上げるには時間がかかるけど、崩れるときはあっという間。ましてや今は、「アップル信者」よりもiPhoneだけを使うライトユーザーの方が多い時代。何をしても許される時代はもう終わってる。(だって許してくれるのは信者のみ) 果たして今回のことで、急勾配の坂道を転げ落ちるようなことにならなければいいけど。どんなに金持っててもユーザーに見放されたら、製品が使われなくなったら、アップルは終わるよ。

iPhone Xの話より他のことの方が長くなってしまった。(笑)まーそんなところで。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

12月 27th, 2017 at 3:50 pm

Posted in Apple,Gadgets,iPhone

Tagged with , , ,

Leave a Reply