若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

iCloudというパラダイムシフト

with 2 comments

icloud.jpg

ルールを作る者が一番強い。アップルはそれをよーく知ってるということだ。

さてWWDC 2011のKeynoteが大屠殺場と化したのはあちこちで語られている通り。アップルはiOSデベロッパのみならず、現在成功しているクラウドサービスの多く、さらにはMacそのものさえ葬り去る大幅なアップデートを発表した。
LionはExposéやSpaces、さらにMouseも必要ないものにし、Mac OS Xから”Mac”という単語さえ消し去った。iOS5は大幅な機能アップで多くのサードパーティアプリの機能を取り込み、デベロッパを戦慄させた。さらにiCloudによってOSレベルでのクラウド活用が可能になり、EvernoteやDropboxなどのクラウドサービスをも脅かしている。

デジタルハブ機能をMacからiCloudへ移行させ、Macさえも1つのデバイスにしてしまうという写真のような概念こそが今回のキモであり、それはまさに世界観を大きく変えるパラダイムシフトが起こったことを示している。高速ネットワークが整備されてきたことで、いよいよクラウドを基盤としたデジタル社会が訪れることをアップルは今回のKeynoteで高らかに宣言したということだ。クラウドサービスは多々あれど、それをOSレベルに組み込んだというのはやはり大きな変革だ。すでにWindowsは眼中になく、対抗するとすればChrome OSとかなのかもしれないが、あれもクラウドサービスを使う入り口を提供しているに過ぎず、OS XのようなフルOSにはまだかなわない。おそらく次にくるOS、おそらく11はさらにクラウド上でできることが増えているだろうが、今現在、クラウドにできることだけをやらせる。このバランス感覚こそがアップルらしさだ。
Lionの登場は7月。それに合わせた新機種が登場してくるだろう。iOS5は秋だから、ここで新型iPhoneも登場するだろう。アップルはソフトとハードの両輪の進化に合わせて着実なロードマップを描いている。

心配なのはiCloudの速度とかLionのアップデータをダウンロードする速度とかのインフラ部分。サーバ容量をどかんと増やしても、アップル自身が関わることができないネットインフラ部分だけはどーしようもない。特に”MobileMe”(笑)で痛い目を見た人たちにとっては鬼門だ。
かといって同じ失敗をアップルがするとも思えない。あとは始まってみないとなーというところだろうか。

いずれにしろやってくるクラウドな生活はとても楽しみだ。OSアップグレードと同時に新機種を購入して……ああ、今年もお布施が出て行くなぁ。(嬉し泣き)

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

6月 7th, 2011 at 2:44 pm

Posted in Apple,iPad,iPhone,Mac

Tagged with , , ,

2 Responses to 'iCloudというパラダイムシフト'

Subscribe to comments with RSS

  1. iCloud、内容も衝撃的でしたが、日本ではソフバン回線がパンクすることをまず心配してしまいますw

    カジ

    8 6月 11 at 14:21:16

  2. 心配ですねぇ〜。(はぁ)でもまぁなんとかなりますよー、今までだってなんとかなってきたんだから。(無責任w)
    ま、真面目な話、こーなってくると回線がパンクするのはSBMだけの話だけでなく、世界的な問題なわけで、解決策として無線LANなのかそれともLTEとかもっと他の方法なのかは考えるべきところではあるかと。ドコモだってauだってiPhone回線を支えられるとは思えませんし……。

    ei

    11 6月 11 at 11:46:50

Leave a Reply