若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Apple Watchはそもそも「時計」じゃない

with 2 comments

watch_4.jpg

機能を抜き出したiPhone。つまり腕にiPhone(機能限定版)。そう考えることができれば、どう使えばいいかが分かるはず。

Watchが来てから3週間。一応、毎日着けて生活していて、腕にも馴染んできた。以前紹介したプロテクターは着けたり着けなかったり。あってもなくてもあまり違和感はなくて、どちらかというとドレスアップな感じ?そーいう意味ではもっといろんななデザインが出てきてもいいかもなーと思う今日この頃。

ただまぁアップル的には、Apple Watchはもっと売れると思ってただろうなと。注文しても3ヶ月待ちとかになって生産追いつかないぜーみたいな感じで。でも実際には量販店で持ち帰り可能なときがあったり、新宿伊勢丹では当日試着、持ち帰りが可能だったり(まぁコレは優先的に回してるんだろうけど)。街中にApple Watchが溢れてる状況にはほど遠く、ライター陣が集まればこんな風に全員が着けてる状況はあるものの、まだ着けてる人を俺は見たことがない。

で、結局思うのは、この「Watch」という名前が良くなかったんじゃないかと。着ける位置は確かに腕時計の位置だし、見栄えも腕時計と同じ。でも機能としては時計としても使えますよって「モノ」。なのにWatchという言葉に引っ張られて時計として頑張っちゃおうと考えたところで、この製品が中途半端になっちゃったんじゃないかと。時計を買う人は、時計というオブジェクトが好きなのであって、それにiPhoneと連携できる機能があるよとか言われても関係ない。時計が欲しい人は素直に時計買うし、同じ値段でもっとかっこいい時計はいっぱいある。これはApple Watchと時計の名は付いているけれど、実際にはiPhoneの通知機能を便利に使えるモノ、つまり機能限定iPhoneだ。

実際、iPhoneの通知だけで済む部分は結構あって、広告メールやTwitterの通知などは通知だけ見て消してしまってもいいものも多い。そーいう意味では確かに効率は上がるし、6たすな人はカバンの中に入れてるiPhoneを取り出す必要がなくなって便利。Apple Payが使えるようになって、Suicaまでこれで使えればもっと便利だろう。でも「時計」って言った時点で、Apple Watchが含まれるカテゴリが限定されてしまって、そーいう目で見られてしまった。だから「時計としてはバッテリもたないよね」とかの話になるわけで。時計じゃないよ、iPhoneだよ!って言えば、「1日1回充電?当たり前じゃん〜」になったはず。

デザインも販売もそれに引っ張られた可能性は高くないだろうか。時計なんだからファッションだよね、だったらいろんなデザインがあって価格もいろいろあってもいいよね、高くてもいいよねと。iPhoneでさえ色と大きさで6種類しかないのに。機能限定iPhoneなのに一部機種はiPhoneより高いモノ。ほとんどの機能がiPhoneだけでできるのに、iPhoneより高いモノ。そりゃなかなか売れませんわな。

そしてApple Watchの進化のポイントはそこーiPhone「でも」できる機能じゃなく、Apple Watchじゃなきゃできない機能が付くことだと思う。ま、一応脈拍を取るってのはWatchのみの機能だが、もっと安い機器で同じことができてしまう。なのでもっといろいろできるよーになって、「Apple Watchがあるとこんなに便利!」にならないといけないんじゃないかと。

もうひとつのポイントは、やはりSiriの進化。入力作業がほとんどできないApple Watchを便利に使うにはSiriが賢くなって、iPhoneと連携していろいろなことができるようになることだろう。腕時計の位置にiPhoneがあることの利点はハンズフリーになることなわけで、iPhoneを右手に持って歩きながら画面を見て操作する(危ないのでやめましょう)ことなく利用できればそれは便利だ。今はApple Watchでメールやメモを作成するとHandoffでiPhoneを起動するしかないのだが、話してることがそのままメールになって「送信しますか?」までいけるようになればかなり便利。iPhoneをSiriでどこまで操作できるようになるかはこれからのiPhoneの課題でもある。

そんな可能性を探るために、アイデアを見つけるために、ニーズを得るために、Apple Watchの展開はやっぱりコンパクトで良かったと思うんだよね。最初はSportとWatchとEditionをで1機種ずつ、色とサイズ違いだけで良かった気がする。良く「アップルユーザー、最初の機種は人柱」(笑)と言われるよーに、どんなに高くても機能限定でもアップル製品なら買うって人たちに向けて発売してテストしてもらえば良かった。それをあんな大々的に、数が分からないくらいの機種を出してしまったのは、やっぱり「時計はファッションアイテム」っていう勘違いがあったからだと。だから時計じゃないんだ、Apple Watchは。

6月のWWDCで次の展開になるヒントが出てくるかもね。文字盤のカスタマイズ(背景に写真とか)はできるって聞いてたけどなくなってるし、そもそもiPadとは繋がらないてのはおかしいと思うし。iPhoneが3GSで化けたんだから、Apple Watchも3世代目くらいまでは生暖かく見守ってあげるべきなんだろうなと思う……残ってればだけどさ。(笑)大風呂敷を広げてしまったんだから、ここでたたむわけにはいかないだろうし。

まぁそんなことをいろいろ考えた3週間。でもそれなりに楽しく使ってるよ、未だにバッジを一つももらえないけど。(笑)

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

5月 14th, 2015 at 4:43 pm

2 Responses to 'Apple Watchはそもそも「時計」じゃない'

Subscribe to comments with RSS

  1. むしろ時計以外の機能を不要にした方が製品がしっかり伝わりやすかったかもしれませんね。予想より売れていると個人的には思ってしまいますが、パーソナルプロダクトだから他の製品ほど台数を求めていないことはTimも言っていますね。おっしゃるような単なるデジタルガジェットの方向性ではないのだと思いますよ。
    iPhoneが日本で登場した時もガラケーとの比較でおっしゃるような内容がたくさん出ていましたね。未来はこれからだと思いますよ。

    Futu

    14 5月 15 at 23:48:20

  2. むしろ「時計として使えません」の方が面白かったかなーとも。(笑)腕についてるけど時間はわかりませんという。Siri通信機で良かったと思うんですけどね、Siriがまだまだ十分じゃないし。
    どこかで大化けするかもしれないし、しないかもしれないし。そこはこれからの展開にかかってると思います。

    ei

    15 5月 15 at 11:22:19

Leave a Reply