若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

とりあえずSONY MDR-DS1000

without comments


SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS1000
ソニー (2005-10-10)
売り上げランキング: 878

サラウンドってことで買ってみた。さてさて。

ということで前記事に引き続きテレビ用音響システムの話。スピーカーでは満足できなかったのでいろいろ調べて購入したのはソニーのデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-DS1000。サラウンドプロセッサーDP-1000とヘッドフォンMDR-XD050のセットで8000円切ってるのはかなりお買い得?ま、問題は音だよな。たとえソニー製でも、イイモノはいい!と評価したいところ。

DP-1000はドルビーデジタルやDTSの5.1ch、ドルビープロロジックIIデコーダーを搭載していて、通常のステレオ2chも5.1chの疑似サラウンドに変換することができる優れもの。しかも光デジタル接続可能。こいつはかなりいい。コンパクトだしACアダプターと光接続だけで簡単に動作する。うちの場合、TVの光出力を接続。TVの音量に関係なく、DP-1000の電源を入れると音を聴くことができる。
うちのApple TV用に変換したDVDのデータの音はドルビープロロジックIIでデコードされているらしい(前面にインジケーターが付いていてどのデコーダーが動いているかわかる)。実際使ってみるとそれなりに臨場感があり、台詞やSEのバランスを気にせずボリュームを上げて楽しむことができる。サラウンドは確かに効いてるかな……これはもう少し確認してみよう。でもこれはいいぞ。

しかし付属のヘッドフォン MDR-X050、こいつが最悪。普通に音楽を聴こうと思ってiMacのiTunesで使ってみたら音が籠もって遠くてもう絶対的に聴こえてこない。インイヤーのヘッドフォンをこれまであれこれ試してきたけど、その最低レベルのものにさえ届かない酷い出来。なんでこんなの付属してるの?頭悪いの?せっかくプロセッサー自体の出来はいいのに、こんなところでコスト削減して製品の魅力を削いでしまう理由が分からない。これにいいヘッドフォンを付けて「ああ、さすがSONY、いい音だな」って思わせてこそでしょ?これならヘッドフォンは別売りにした方がよっぽどいい。
#こーいうところが今のSONYはダメなのかもしれないなぁ
#BTヘッドセットに付いてくるヘッドフォンもそりゃあ酷い出来……

てことでMDR-X050はぽいっと捨てて、9月アタマに買ったATH-AD400で使用。あー、いいな、これ。前にも書いたけど軽いし疲れにくい。夏場にはちょっと辛かったけど、これからの季節には良さそうだ。音漏れがあると言っても夜中にテレビを大音量で流すことに比べればノイズ程度。今までは考えられなかった迫力の音で、しかも英語の台詞も聞き取れそうな感じ。ヒアリングの勉強にもなるかもしれない。この組み合わせはオススメだ。

ということで評価としてはDP-1000だけ使ってヘッドフォンはゴミ箱に捨てろ!という感じ。DP-1000はかなーりいいんですよ。これだけ売ってくれればいいのにな。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

10月 4th, 2011 at 1:40 am

Posted in Movies,Music

Tagged with ,

Leave a Reply