若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

インデペンデンス・ディ:リサージェンス

without comments


id42.jpg

原題:”Independence Day: Resurgence

1作目よりは全然好き。(笑)でも映像「だけ」で見せるところはやっぱりエメリッヒ。その点だけは外しません。w

最初のエイリアン侵略から20年、地球はようやく民族の壁を超えて団結し、エイリアンからの再侵攻に備えていた。侵略者が残したテクノロジーによって重力を自由に操り、核融合エネルギーまで手に入れた彼らにとって、すでに奴らは脅威ではない……はずだった。おりしも20年後の7月4日、土星軌道上にあった基地からの交信が途絶え、月面基地に謎の球体が出現。最新兵器で撃退した彼らの前に、さらに巨大な母艦が現れる。

前作がどうして好きじゃないかというと、最初に出てくる宇宙船の映像を見てアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」を思い出し、そんな映画なのかーと「凄く」期待して観に行ったら「ただの」アメリカン娯楽映画で思い切り裏切られた思い出があるから。(笑) 今回は最初からあの映画の続編だということがわかってるので、気楽に観れたからよかったのかもしれない。……とはいえ、前作が「宇宙戦争」のオマージュ(コンピュータ「ウイルス」で撃退)を含んでいるとしたら今作は「エイリアン」へのオマージュですけどね。

俺は一応、見て行ったけど前作を見ていかないとダメかといえば、劇中で誰が誰でどれが何なのかをちゃんと説明してくれるので、別に必要ないかなーと。あれって誰だっけ?と思ってた人が全然違ってたりしたし、そーいう関係性を追うよりストーリーを追う方が良いと思われます。エメリッヒらしいご都合主義的な筋立てもまぁこの内容なら許そう、と。

さてキャスト、主演はリアム・ヘムズワース。マイティ・ソーの弟は今日も兄に追いつこうと頑張っております。ウィル・スミスの遺児 ディランにはジェシー・T・ユーシャー。ヒロインにはマイカ・モンロー「ブリングリング」や「フィフス・ウェイブ」と観た映画にいくつか出てるのに一度も名前が出てない……。w 「中国枠」にアンジェラベイビーも出てますな。そして前作から引き続き登場組はジェフ・ゴールドブラム。歳取らねぇな。元大統領のビル・プルマン、オーキン博士のブレント・スパイナーやジェフの父ジュリアス役のジャド・ハーシュなど。ウィル・スミスも一応出演交渉のテーブルにはついたらしいけど、ギャラが高すぎて断念したとのこと。本人は一応折り合いさえつけば出たかったよーで、「映画は自分のキャラクターを思って泣きながら観る」と語ったとか。
監督はもちろん大風呂敷の大家ローランド・エメリッヒ。予定作の中には”Independence Day 3“も。まー確かに、続きは作れそうだ。

まぁ良くも悪くも「エメリッヒの映画だ」と言えば、映画好きな人にはわかってもらえるのではないかと。(笑)今回の風呂敷もでかいですよー。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

7月 28th, 2016 at 12:05 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply