若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

フィフス・ウェイブ

without comments


fifth_wave.jpg

原題:”The 5th Wave

最初のヒット・ガールのときが一番可愛かったなぁ、って言われてしまうから子役ってかわいそう(でもそれが現実)。予備知識なしで観に行ったら最近よくあるYA映画シリーズの1作目だった。でも続き作れないよなぁ、売れてないし。

ある日地球にやってきた異星人のものと思われる船。10日間ほど地球の動向を見守ったのち、EMPによる電気製品の壊滅(第1波)、地震と津波(第二波)、疫病の蔓延(第三波)、生存者への寄生(第四波)と攻撃を仕掛け、人類を滅亡へと追いやっていた。これらの攻撃をなんとか生き残った 女子高生のキャシーとその家族だったが、避難所で軍によって離れ離れになってしまう。空軍基地に行ったはずの弟を見つけるため、キャシーは100キロ以上離れた基地へと移動を開始するが、敵はいよいよ第五波ー人類滅亡のための攻撃を仕掛け始めていた。

人類が滅亡するときはどんな感じだろうと想像することはあるだろうか。実は俺は結構、そんなことを考える。ある日突然、何かによって地球がダメになるとき、人はどんな行動を取るだろうかと夢想する。日本人は「お行儀良く」死んでいく姿が目に浮かんだりとかね。そーいえば「アイアムアヒーロー」もそんな人類滅亡の一つのアイデア。

ある日宇宙船がやってきて人類を殺し始めるってのもそれら夢想の中の一つのテーマ。ま、これはID4と同じと言えばそーなんだけど。今回はなかなか用意周到に、できる限りインフラを残したまま地球を乗っ取ろうとする敵の攻撃を描いている。ただ惜しむらくは「ああ、多分こうなんだろうな」と思った通りに話が進む(笑)。予想の範囲で話が進んでもつまらないわけで(ってか映画観てるときにそんなこと考えてるのは俺だけ?)、まぁあまり興行収入が良くないのも頷ける。

そして主演はクロエ・グレース・モレッツなんだけど、ああ、育っちゃったねぇって感じで。ヒット・ガールはあんなに可愛かったのに、こんなになっちゃったなんて。(酷)つーか”Kick-Ass 3”の企画を蹴るべきじゃなかったよな。マシュー・ヴォーンが監督だったら受けただろうかね。他にはリーヴ・シュレイバー。
監督はJ・ブレイクソン。うーん、無名だ。

まぁ今のところ続編の報はないみたいなので、残念ながらここで終わりですかね。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

5月 2nd, 2016 at 6:08 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply