若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

シン・ゴジラ

without comments


shin_godzilla.jpg

公式サイト

いろいろと不安もあったし観終わって不満もあるけれど、現在日本が作れる怪獣映画としては多分最良の形だろう。ハリウッド版とは違う、ちゃんとした怪獣映画です。

アクアラインでいきなり水柱が上がり、水中トンネルが崩落。すぐに首相官邸に内閣が集められ、会議が始まった。海底火山か何かの噴火かと思われたその事故は、海底から現れた巨大生物によって引き起こされたものであることが判明。これを「駆除」するために様々な対策が取られるが、生物は人類の予想を超えて強力だった。

庵野は果たしてちゃんとした新しいゴジラを描けるのか、どこかで腰砕けになったりしないだろうか、スーパーXみたいな架空兵器が出てきたらどーしよう……など、もーいろんな意味で「超不安」と言い続けていたゴジラがとうとう公開。その内容は、虚構(ファンタジー)を現代に顕現させたとき、今の人類はこれをどうやって倒すだろうかということ「だけ」を主眼に置いたシミュレーション映画だった。なので登場する兵器は現行兵器のみで、しかも実際に自衛隊はゴジラが現れたときどのように対処するかなど緻密な取材も行った上でのストーリーは、かなりちゃんとしている。

そしてあちこちに見られるのは311の影響。この映画はあの大災害を体験し、克服した日本だからこそ作れる映画といえるかもしれない。未曾有の危機に遭遇したときに政府はどう動くのか(映画内も会議だらけw。意思決定者がいなくて自由に動けないってのが日本の悪いところでもあるけど)がある程度分かっていたということもあるかもしれない。もっと早くいろんな部署が動けたらもっと多くの人が助かったかも……という想いも、どこかに込められているのかもしれないなぁ。

特撮部分は全編CGに。でもどこかでミニチュア感が抜けないんだけど、これは狙って作ってるはず。着ぐるみっぽいシワを……とかの発言もあるし。中身が野村萬斎ですって?この間高知からの便で拝見しましたよ。(笑)

今回は群像劇なので出演者陣はとにかく数が多くて、最後の出演者一同も五十音順になってたほど。まぁ主演は長谷川博己ってことでいいんでしょう。でも石原さとみ、あんたの役必要か?(笑)とにかくゴジラを倒すのは政治の駆け引きとヲタクの奮闘なのです。
監督は樋口真嗣、そして総監督は庵野秀明。

シミュレーション映画にしてしまったために人と人とのつながりが描かれず、「事件は会議室で起きてるんだ!」映画になってしまったのは残念なところか。その点で言うとやはり「ガメラ2 レギオン襲来」を超えられてない(自衛隊の「熱さ」とか現場の奮闘とか)。ただ現実に即して淡々と映画を作るとこの形しかありえないとは思う。

続編を作るための布石もしっかりできているので遅くないどこかのタイミングでまた続きを観ることができるんじゃないかと。とりあえずあと数回は観ようかな。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

7月 29th, 2016 at 3:52 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply