若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

VANGUARD Quovio41

without comments


vanguard01.jpg

この容量は魅力だ。やっぱりこのサイズのバッグはひとつ持っておきたいなぁ。

いつものみんぽすさんで借りてたカメラバッグ、VANGUARDのQuovio41。とても容量の大きいバッグで、現在俺が必要とするものが全部入っちゃうのが魅力。まぁ入れると重くはなるんだけど、そこは仕方ない。やっぱり本格的なバッグは違うなぁと。

vanguard02.jpg

まず基本的にはショルダーバッグ。個人的にはコレ、すげー大事。重くて大変な機材を運ぶには、ホントはバックパックがいいんだけど、それだととっさのときに取り出しにくいのが難点。そーいう意味でショルダータイプは個人的には一番好きなタイプだ。

vanguard03.jpg vanguard04.jpg

このバッグの場合、開口部も大きくて両方のジッパーをひとつの取っ手で開けられるようになっている。開けるとこんな感じで、バッテリーグリップをつけてレンズをつけたままのD90、レンズ2本、スピードライト(一番左に入ってます)でも全然余裕の容量。たぶんさらにサブカメラ1台、レンズ1〜2本は入る。しかも画像上のフラップ部分には、右の画像のように13インチまでならMacが入る部分が。残念ながら15インチのRetinaは入らなかったけど、手前部分にケース付きで入れることができた。俺の場合、仕事で動くならMacBookは必須アイテム。それまで全部ひとつのバッグで納めて持ち出せるのは、(重いのはともかくとして)やはり便利。
ユーティリティポケットもこれでもか!というくらい付いているし、まぁ不足するということはないだろう。

vanguard05.jpg vanguard06.jpg

大きさは、うちのメインのバッグのthinkTANKphoto Retrospective 30と比べるとこれくらいの差。まー、あきらかに一回り、ひょっとしたら二回りくらい大きいですわな。でもこの先、機材が増えることはあっても減ることはないという現実を考えれば、ここはしっかりしたバッグをもうひとつくらい……。(笑) いや、カ、カメラが先だよな、うんうん。(と言い聞かせる)

まぁ重くなるのは仕方ない。さすがにRetinaまで入れると10キロ単位になる。でもまぁ、この余裕のある容量は魅力だよなぁ。うーむ。

このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営するレビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)
このレビューを評価する

とても参考になった
参考になった
powered by みんぽす
他のモノフェローズのレビュー

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

9月 25th, 2012 at 12:14 pm

Posted in Camera

Tagged with

Leave a Reply