若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ロジクール HD プロ ウェブカムC920 でタイムラプス編

without comments


前回に引き続きLOKAさんのモニターに当選した、ロジクールの「HD プロ ウェブカムC920」を使って遊んでみたお話。前回はフルHDでビデオチャットはできなかった……というところまでだったけど、今回はせっかくのフルHD性能をもっと楽しんでみようというお話。C920を使ってビデオ撮影はできるんだろうか?

さてビデオ撮影をすることは決まったが、普通のビデオを撮ったんじゃ面白くない。ということで登場するのが「タイムラプス撮影」というもの。これ、「数秒に1枚撮影したものを繋げて動画にする」という撮影手法で、最近ではミラーレス一眼にこの機能がついてるものもあったりする。

wtimelapse.png Mac用のタイムラプス撮影をするソフトは、「Webcam Time Lapse」というその名の通りタイムラプス撮影をするためのもの。URLを入れればインターネット上のどこかのWebカム画像を、Webcamに切り替えればMacに付いているカメラを使って撮影ができる。

c920_04.jpg c920_05.jpg

幸い、C920には三脚取り付け用の穴も空いている。三脚に据えて撮影秒数と1秒間のフレーム数(枚数)を決め、あとは録画ボタンを押せばOKだ。今回は10秒に1枚、1秒間に18枚になるように設定。これだとかなり高速に雲が流れていくはずだ。

timelapse.jpg

家のベランダに三脚を据え、USBケーブルを延長してAirに繋ぎ、3時間ほど放置したのが冒頭のサンプル動画。サイズはちゃんとフルHDで、少しピントが甘い気はするけど雲が高速に流れていく動画は見ててなかなか楽しい。録画ボタンを押して放置しておけばいいだけなので、使うのもとても楽だ。

ホントはスカイツリーを撮影したんだけど、天気が良すぎて雲がなくて失敗。(爆)実際、この動画も後半は雲が少なくなってしまった。つまり天気が良すぎても動くものが少ないと面白くないということだ。あとはC920は性能が良くてオートフォーカスなので、夕方から夜に変わると見えなくなってピントを再調整しようとするため、ボケた映像になった。C920で普通にビデオ撮影するときでも、たぶん固定って欲しいと思うんだよね。ソフト側あるいはハードにフォーカス固定機能があるといいかも。

Airに繋いで使えるのでどこかに持っていって撮影(ただし長時間になる)もできるので、渋谷のスクランブル交差点とか撮ると楽しそうだなー。まぁちゃんと撮影できるスポットがあるかどうかが問題だけど。

とにかく、こんな形でフルHDサイズ撮影を堪能。iMacが来たとしても、いろいろな形で使えそうな機器。あ、イベントとかに持ってって、動画撮影とかしてみるのもいいかも?待ってろ台湾!(半年後ですがw)

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

2月 11th, 2012 at 3:33 am

Posted in Apple,Gadgets

Tagged with ,

Leave a Reply