若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ミッション・インポッシブル/フォールアウト

without comments


fallout.jpg

原題:”Mission: Impossible – Fallout

さてこうなるとどこまで続くんでしょうね。やはりトムおじさんの体力の限界まで?

IMFのイーサンたちは、盗まれたプルトニウムの奪還に失敗。テロリストとの取引が行われるという情報を掴み、再度奪い返すためのミッションを開始する。しかし一度失敗したイーサンたちには、CIAからお目付け役としてウォーカー捜査官が同行することに。そしてプルトニウムの取引条件は、かつて「ローグ・ネイション」を率いてイーサンたちと敵対したソロモン・レーンを脱走させて引き渡すことだった。

世界的に大ヒットになっているシリーズ6作目は、これまでイーサンに関わってきたいろんな人が出てきて一つの節目になるのかもなーなんて思ったりするんだが、 1週間以上経って粗筋とかあれこれ考えてもあまり思い出せないってことは、展開が早すぎるのかお話が複雑なのか、アクション多すぎて混乱してるのか。(笑)一応前作「ローグ・ネイション」と繋がってるけど、それを言うと3とかも見直しとかないとダメ?って話になるし、別に前作観てなくてもアクションだけでも楽しめるのでそー言う見方もありなのかもしれず。

アクションシーンはとにかく派手。1年半もヘリの操縦を習ったとか、撮影中にトムおじさんが怪我して撮影期間が延びたとか撮影中も様々な話題を提供してくれました。ま、それだけの価値は十分あったと言えるのではないかという大ヒット。これで次作も作れるね!

IMFのいつものメンバーはトム・クルーズ、ヴィング・レイムス、サイモン・ペッグ。今回はジェレミー・レナーは「アベンジャーズ」シリーズ撮影のためにお休みとか……。カメオ出演の話もあったらしいけど、登場してすぐ死んじゃう展開だったらしく断ったそーで、良かったね、次作にも出られるよ!(こればっかw) そして前作に引き続いて、MI6の女スパイ イルサにレベッカ・ファーガソン、ソロモン・レーンにショーン・ハリス。このソロモンの姿が前作と似ても似つかぬものになってて混乱した人も少なくないはず。俺も数日前に見ていたというのに「えーと、これは誰だっけ」と頭の中に?が出てましたよ。そしてCIAのウォーカーにはヘンリー・“スーパーマン”カヴィル。いや、出てるの知らなくて。(^-^;) しかもイメージが違っててびっくりみたいな。他にも懐かしいキャラが登場してちょっとうるっときたりするので、このシリーズが好きな人にはオススメです。
監督は前作に続いて(シリーズでは初の続投)クリストファー・マッカリー。監督作品4作のうち、3作はトムおじさんとの映画(脚本でも「ザ・マミー」や「オール・ユー・ニード・イズ・キル」で一緒)なので、この人と作りやすいってことなんでしょうなぁ。

さてトムおじさん、次作はいよいよ”Top Gun:Marverick”。一時は若手を主演にしてトムおじさんはゲスト的な話もあったみたいだけど、タイトルに自分の名前が入って堂々の主役に。どんな展開になるんでしょうなぁ。やっぱり乗るのはF-35か?

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

8月 15th, 2018 at 3:50 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply