若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

without comments


the_mummy.jpg

原題:”The Mummy

もー猫も杓子もシリーズ化の中、今回は「ダーク・ユニバース」シリーズの開幕なわけであります。

イラク従軍中のニックはテロリストに占拠された街で遺跡を発見。考古学者のジェニーはこれはこの場所にあるはずのない、エジプトの女王 アマネットの墓だという。しかし棺をイギリスに移送する途中、ニックの相棒だったヴェイルがおかしくなり、飛行機は墜落。棺の中のミイラになっていたアマネットは蘇り、精気を吸って肉体を取り戻そうとしていた。

ザ・マミーと言われて多くの人が「ああ、ハムナプトラのリメイク?」というんだろーけど(笑)、まぁ別に間違っちゃいないけど(マテ、一応こちらは1932年制作の「ミイラ再生」の正当なリメイクという形。そしてユニバーサルが新たに仕掛けようとしている「ダーク・ユニバース」シリーズの第1作目。

ユニバーサルはかつて「フランケンシュタイン」や「魔人ドラキュラ」「ノートルダムのせむし男」「オペラ座の怪人」などのホラー映画シリーズを持っていて、それらは1920年代〜1950年代にかけて大ヒットした。ま、これには当時のホラースター、ボリス・カーロフ(フランケンシュタインの怪物のあの姿はこの人です)やベラ・ルゴシ(初期ドラキュラはこの人)の素晴らしい演技があったことは否定できないだろう。このホラー映画シリーズを現代に蘇らせると同時に、アベンジャーズのMCUと同じくクロスオーバーな作品にしようというのが、今回の「ダーク・ユニバース」の趣旨。本編中に登場する「プロディジウム」という謎のモンスター対策組織を中心に、今後シリーズ化が予定されている。

まぁそんな最初の作品にトムおじさんを起用するというのは、人が呼べるという点では正解なんだろーけど、内容がハムナプトラと変わらないレベルでいいの?という疑問はあるよね。実際、評価は決して高くなく、そもそもプロディジウムって何よ?しかもなんでプロディジウムを率いてるのが「ジキルとハイド」なの?と、シリーズ化を知らない人にとっては説明不足な感じ。シリーズ化最初の作品にしてすでに暗礁に乗り上げている感じでいいのかねぇ。

そんなわけで主演はトムおじさんことトム・クルーズ。今作でもいつものアクションをバチっと決めていて、ヒットしなかったのは別にトムおじさんのせいじゃないと言っていいと思うな。うん、脚本が悪い。w 一応ヒロインのジェニーにはアナベル・ウォーリス。今後もシリーズを牽引していくはずのジキル博士にはラッセル・クロウ。でぶったなー。そして今回一番いいのはやっぱりアマネット女王のソフィア・ブテラ。「スター・トレック Beyond」のジェイラとか、今全米大ヒット中の”Atomic Blonde”にも出演の注目株。もちろんダーク・ユニバースシリーズにも続投予定?(ってシリーズ続けられるかなぁ)。
監督はアレックス・カーツマン。問題はこの人か?レン・ワイズマン(「アンダーワールド」シリーズ)の名前も上がってたらしいんだけど、そっちの方がよかったんじゃないかなー、もっとダークなイメージが出て。

とりあえずシリーズは「フランケンシュタインの花嫁」を作るってところまでは決まってるはず。他にもプロディジウムの研究室の棚には「大アマゾンの半魚人」の片腕とか「ドラキュラ」の頭蓋骨とかあったみたいだし、ユニバーサルがどこまで本気で続けるつもりなのか、生温かく見守ってあげましょう。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

7月 31st, 2017 at 5:34 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply