若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

高台家の人々

without comments


kodai_ke.jpg

公式サイト やっぱり消滅(2016)
何度でも書こう。広報用に取ったURLを簡単に削除することがどれだけ罪深いか。このURLもいずれどこかのバカに取られて変な詐欺サイトに変わってしまうのだ。DVDだって出るんだから、なんでそのまま置いとこうと思わないかな。予算の関係だとしても、内容を更新しないならサーバの維持費くらいだろうに。そういう事例がすでにいくつも存在するのに、未だにそうしている広報部なのか宣伝部なのかに呆れる。

さて本題。楽しいのは主人公、木絵の妄想。全編の2割くらいが妄想シーンで、そっちの方に力入りまくってる。爆発してますねー。

平凡な会社員 平野木絵の勤める会社に、元華族で超イケメン 大富豪で高台グループの跡取り息子 高台光正が転勤してくる。木絵はかっこいい光正を見て色々な妄想を巡らせるが、実は光正の家系は先祖から相手の心が読めるテレパスだった。その妄想と純粋な心に惹かれた光正は木絵と結婚しようと決意するが……。

これもまた漫画原作なんですな(流石に読んでない)。確かに人の心が覗けるというのは便利なことも多いかもしれないけど、その能力を持っている方からしたら面倒な部分もあるだろう。少なくとも相手に自分の能力がバレたとき、何を言われるかと思うと。

て、そんなのを深刻に考えなくてもいい映画。(笑)しかも一番力が入ってるのは、光正が覗き見る木絵の妄想シーン。小人は出てくるわ、FBIだわ、ヴァンパイアの一族だわとやりたい放題が2割。原作もそーなんですか? ま、そんなシーンを見てるだけで楽しくなるので、それでいいやーと。w 

主演の木絵に綾瀬はるか。ぼーっとして平凡だけど妄想がちなイメージにぴったり。幅の広い人ですなぁ。光正には最近一気にノシてきた斎藤工。映画見るのが好きだと言ってた男が、今やドラマや映画で主演を張るレベルになりましたよ。他には水原希子、間宮祥太朗、夏帆、太一真央に市村正親。妄想に出てくるキャラクターは全て塚地武雅。
監督は土方政人。フジテレビのドラマとかの監督さんなんですな。

ありのーままのー自分でいるのよー♪ というのは難しい。特に相手が自分の心を読めるときには。でも好きな人の前では、ありのままでいたいものものです。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

4月 20th, 2017 at 9:29 am

Posted in Movies

Tagged with ,

Leave a Reply