若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

先生と迷い猫

without comments


mayoineko.jpg

公式サイト(2015)

迷い猫の話というよりは、老いていくこと、大事なものを亡くすことの悲しみの方が色濃く感じられる映画。

下田の田舎町。定年退職した校長先生は奥さんに先立たれ、兼ねてからの堅物具合もあって周りの人と交わらぬまま生きていた。先生のところに通ってくるのは妻が可愛がっていた野良猫のミィと先生の撮った写真を資料にするために通ってくる市役所の青年だけ。しかし先生はミィのことが可愛がれないままでいた。

地域猫を通じてご近所付き合いのなくなった町の人たちが繋がっていくノンフィクション小説をベースに、堅物で近寄りがたい校長先生が地域の人に馴染んでいくというストーリーにしたもの。確かに猫って家猫以外は毎日巡回するルートがあって、あちこちで違う名前で呼ばれてたりするよね。そんな人たちが、いなくなった猫を探すためにだんだんと集まってくる。確かにありそうなお話。

でもこの映画にはもう一つ、定年を迎え、妻にも先立たれ、もっと色々なことがしてやれたんじゃないかという老いた男の後悔も描かれている。亡き妻を思い出すからもう来るな!と追い返したのと同じタイミングで消えてしまったミィを探す先生の気持ちは、妻のことを拒絶してしまったようなものなんだろうね。何をしても帰ってこない妻と重なって、どうしても見つけたいという想い。今まで見たことないような姿で猫を探す先生の悲しみを、イッセー尾形はコミカルに、でも涙なしには見られない姿で熱演している。

ということで主演はイッセー尾形。もう65歳ですか。スコセッシの「沈黙 -サイレンス-」(観てない)でアメリカでも評価され、来年公開の「漫画誕生」でも主演を演じる。もともと芸達者な人なのは知ってたけど、さらに磨きがかかってきましたね。他には染谷将太、北乃きい、岸本加世子、もたいまさこなど。
監督は深川栄洋。「トワイライト ささらさや」は見た。ガッキー可愛かった。w 最新作「サクラダリセット」 は公開中。

猫!を主眼に見るのと、老いをテーマにして見るのとではちょっと趣が変わるかもしれない。いや、猫は可愛いですけどね。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

4月 21st, 2017 at 9:46 am

Posted in Movies

Tagged with ,

Leave a Reply