若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ルンバ980がやってきた!

without comments

roomba980_01.jpg

我が家にも文化女中器(ハイヤード・ガール 「夏への扉」より)がやってくる「未来」がくるとはなぁ。しかも思った以上に賢い。長生きはするもんだ。(笑)

アイロボット ファンプログラムに参加して、iRobotの最新型Roomba 980を3ヶ月も借りられることになりました。こんな未来のテクノロジー(笑)が我が家にやってくる日が来るとは思いもせず。てか、うちでこの子に掃除させられる部屋があるのか?少なくとも仕事部屋は無理だぞ。(片付けなさい>俺)

wikiによるとルンバが登場したのは2002年だそーで、最初に見たときは段差で落ちちゃったりして「ああ、まだこれはおもちゃだな」と感じた記憶がある。でもあれからもう10年以上が経過して、ルンバそのものは大きく進化。今まではアルゴリズムとぶつかったことを感知するセンサーで部屋を動き回っていたのが、今度は目=カメラで部屋を認識するよーになったそーな。

まぁ難しいことは置いといて(笑)、とにかく仕事させてみよう。

roomba980_02.jpg roomba980_04.jpg roomba980_03.jpg

まずホームベースを設置。充電するところで、ルンバくんが帰るところ。とりあえず部屋を片付けないと室内では使えない(ある意味本末転倒w)ので今回は廊下に設置。そしてお腹にある黄色いガードと絶縁体を外す。ホームベースにルンバを設置して、真ん中にある「Clean」ボタンを押すと起動音とともにルンバくん起動。自動的に走り始めて掃除。これだけ。あーら簡単。(笑)家電品レベルにまで来たって感じ。変な設定とか必要なしで隅から隅まで走り回って掃除してくれるのは見ていても楽しい。

玄関にある厚手のルームマットも乗り越えて、廊下中を2回ほど掃除したら自動的にホームベースに帰って行き、音がして終了。へー、凄い。

その後、寝室が片付いた(笑)ので寝室内にホームベースを移動。廊下へのドアを開けておくようにすると、寝室(ベッド下も含む)を掃除した後廊下に出て掃除、さらに少し段差のあるお風呂場の脱衣場(こちらもドアを開けといた)も一通り掃除して戻るようになった。部屋からちゃんと出てきて戻っていく姿はとても賢い。

そりゃ確かに隅の隅まで見るとゴミは残ってるかもしれない。(いや、結構綺麗にしてるみたいだけど)でもこれをボタンを押すだけで毎日コツコツやってれば、前の日に取れなかったゴミが翌日には取れたりして、かなり綺麗な部屋は保てるんじゃない?って気がする。少なくとも「埃アレルギーで掃除できません!」と断言してしまう俺(ダメじゃん)にとっては、かなりありがたい存在と言っていいんじゃなかろーかと。

そしてこれを使い始めると、「もっとあちこち掃除させたい!」と思って部屋を片付けるよーになるという相乗効果が期待できる。(笑)少なくともうちではどこまで走ってくれるか、そのためには散乱してるモノを片付けなきゃって気持ちが出てきたのは確か。これはマツコの番組でも言ってたけど、今年はいよいよロボット掃除機が来る!のかもしれないなぁ。

まだまだ使いこなしてない機能はたくさんあるので、それはまた後日紹介。長期の貸し出しはこんなときありがたいですね(離れがたくなるともいうw)。てことでルンバくん、これからよろしくー。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

3月 1st, 2016 at 12:29 pm

Posted in Gadgets

Tagged with

Leave a Reply