若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

オープンプレスカンファレンスでreviews

without comments

reviews_01.jpg

アジャイルメディア・ネットワークが新しい取り組みを発表するということで行ってきました。

まず今回の発表は「オープンプレスカンファレンス」という形で開催。これは企業による記者発表が、もっとブロガー向け、ソーシャルメディア向けに開かれた場になってもいいんじゃないの?という想いを持って、これから定期的に開催されていくイベントだそーで。確かに海外では、ブロガーでありながらアップルに呼ばれる人とかいるわけで、もっとその手の広報手段が確立されてもいい頃合いではあるかなーと。頑張って欲しいモノです。

で、その第1回の発表になったのが、同じくアジャイルメディア・ネットワークが新たに取り組む「reviews」というサービス。こちらも企業とブロガーを繋いでいこうというサービスで、企業がブロガーに対してレビューを依頼して、それを収益化していこうというプログラム。

企業がブロガーに対してレビューを依頼するときに間にレビューズ事務局が立ち、請求書の発行なども事務局から完了できるようにしようというものだそーな。プランとしてはちゃんと原稿料がでる「記事広告」の他に、商品を試した記事をかく「モニター」、サンプルを試供して使ってもらう「サンプリング」、イベントに参加してもらう「イベント」などがあり、それぞれに参加できる(一部資格必要)そーだ。この資格というのが「レビューズ公認ブロガー」ってヤツで、スタート時はすでに声をかけている100名からスタート。誰でも登録できるエントリーブロガーとは差別化して、記事広告による収入が得られるようになるということらしい。

そして以前からこの手のサービスで問題になっているステマ。これを行うと、結局ブログメディアとしての価値が毀損されてしまうわけで、レビューズとしてはこれを撲滅することも目標に掲げている。なのでレビューズ記事には必ずバナーを付けてもらうことなどを義務付け、書かれた内容は確認していくそうだ。

問題は、例えば記事広告でどこまで忌憚のない意見が書けるのか。お金をもらって書く製品に関して、気に入らなかったら気に入らないと書いて良いのかなど悩ましいところはある。ただ事務局としては事実誤認や誤字脱字のレベルなら指摘するが、あとの部分は「ブロガーの魅力」と考えてもらうようにしたいと語っている。……まぁ、難しいところですな。
きっと俺がこの手の話を受けられないのはこの部分だろなと思う。ダメなものはダメって書きたい、でも今回は記事広告だしなーと思うとそれが書けない。書いてもいいと言われてもやっぱり筆は止まるよね。あとはすでに俺、記事を書くことが仕事になっているので、ブログを収益化していかなきゃって気持ちが薄い。(笑)

実際、最近ちょっと考えるんだよね。俺は何のためにブログを書いているのだろうと。それなりに文章を書くところがあるわけで、ただ書きたいから書いているというわけじゃないし、もっと人に読んでもらいたいという欲求はないわけじゃないけどそこまで切実じゃない。書いてることに対してあまり反応がなくて寂しいけど、まぁそれでも書いてる(ああ、もちろん反応をしてもらえるととてもうれしいので何でも書いてください)。

存在証明なのかなぁ。俺はここにいる!っていう……。世の中で「ブログ」という名前が着く前からずっと書き続けてるから、あまり考えたこともないんだよな……。覚え書き?w

てことでまぁ、自分が参加するかどーかはわからないけど(この手の他のサービスもあるからそっちで結構楽しくやってる。好きなこと書けるし)、興味のあるブロガーさんはどんどん参加するといいかも。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

5月 31st, 2015 at 4:10 am

Posted in blog,Events

Tagged with

Leave a Reply