若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

D600の悩ましい価格設定

without comments

Nikon デジタル一眼レフカメラ D600 ボディー
ニコン (2012-09-27)
売り上げランキング: 1561

んー、想定より少し高かった。

世間はiPhone5一色なわけだが、それは「仕事道具」なので当然買うわけで(笑)、興味は同じ日に発表されたこっちにあったりする。低価格フルサイズのニコンD600。いよいよ登場だ。

2400万画素のフルサイズセンサーで視野率100%、EXPEED3、ISO100-6400、フォーカスポイントが39点、連写は5.5コマ/秒、シャッタースピードは1/4000、防塵防滴構造と欲しい機能はほぼクリア。専用のMB-D14も発売されるので、これと合わせて今の環境とほぼ同じ状態でスタートできる。

すでに触った人のレビューでは「D7000とD800の中間くらい」 とあり、これってつまり俺も使ってるベストセラー機D90を置き換えるものとしては最適なものと言えるんじゃないかと(といってもフルサイズに行く予定はなかったんだけどねー)。そしておそらくはD90を買った多くの人たちが飛びつく可能性があり、最初のうちは品薄な状態が続きそうな気がする。

問題は価格。噂が出た当初は「12万円?」なんていうとてつもない価格も聞こえていたものの、出てきてみれば量販店で22万円前後、紹介しているAmazonで安いところが20万円弱。これにバッテリーパックを付けると25万。うーん、これは厳しい。せめて全部合わせて20に納まってくれないと手が出せないし、そもそもそれだけ出すなら中古のD700いけちゃうよねと。しかもうちにあるレンズの多くはDXフォーマット。メインレンズは24-70でなんとかなるものの、広角はアウトだ。そのへんのことも考えるとやはりもう少し価格がこなれてくるまで待つしか。

まぁこの夏は熱すぎてあまり写真も撮りに行けなかったし、タマ数が落ち着いてから考えてもいい。台湾にはまだ半年以上ある(そこが基準か?>俺w)。仕事としてペイできるアテもあまりないことでもあるし、とりあえず買うのは既定路線として少し待ってみるかな。それまでに実機も触っていろいろ試してみようっと。

あ、発売日は9/27です。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

9月 14th, 2012 at 5:57 am

Posted in Camera

Tagged with

Leave a Reply