若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)

with 2 comments


war_planet_of_ape.jpg

原題:”War for the Planet of the Apes

かつてここまで「猿」が主演の映画は、きっとアニメ以外には存在しないであろう。そう、三部作最後は完全な「猿視点」の映画なのだ。

前作の同種 コバとの闘争から2年。人類はすでに絶滅の淵にあり、猿たちとの戦争は続いていた。猿たちを率いるシーザーは、それでも人類との和解を望んでおり、自分たちが移住する先を探していた。しかし、新しい土地を見つけてきた息子たちと共に移動する前夜、「大佐」率いるアルファ・オメガ部隊に夜襲をかけられ、息子たちを殺されてしまう。復讐の念に囚われたシーザーは敵討ちのため、最後の戦いを挑む。

これまではまだ「人と猿のお互いの事情」で話が進んでいたシリーズも、とうとう人類は絶滅の淵に立たされて、物語の中心は猿に。ここまでほぼ完全に猿視点で描かれた映画もなかろう。しかも猿たちは、実に「野生と知性の間」を表現していて個性的で、感情移入も猿側になってしまう。たとえそれができない「人類」も、猿と行動を共にするノヴァちゃんを見るともーイチコロ。(死語)いやー、可愛い。うん、可愛い。(ロリコンかっ!)

この映画で見るべきところはもー実際の猿なのか(それはさすがにいない)、エイプスーツを着てるのか(てかそんなのそもそも用意されてるんだろうか)、CGなのか見分けがつかなくなった猿たちの映像だなぁ。毛がある動物をCGで表現できるってすげーなーというか、しかも顔の演技もちゃんとCGで上から被せることができるモーション・キャプチャー技術ってもう本物と見分けがつかない。この辺の記事とか読むと「ああ、こうやって撮ってるんだ」というのがよーくわかります。

主演はもちろん、モーション・キャプチャー俳優の第一人者 アンディ・サーキス。もうこれはモーション・キャプチャーだろうが何だろうが、素晴らしい演技であることに間違いない。先ほどの記事中にもあるように、来年のオスカー候補になったりしたらまさに快挙ですよ。「大佐」にはウッディ・ハレルソン。そして今回唯一人類が寄り添える可愛い女の子 ノヴァにはアミア・ミラー。ここまでほぼTVにしか出てない彼女、これから売れてくるんじゃないかなぁ。
監督は前作と同じくマット・リーブス。次作はベン・アフレックが降板するのかどーかいまだによくわからない、新しい”The Batman”の予定。どーすんでしょうね、悪評高まってるけど。「ジャスティス・リーグ」の前にあんなニュースはやめて欲しかった。

映画が終わった直後に隣に座ってたカップルの女の子が一言、「ねー、なんかまだ続きありそうじゃなーい?」。あなたのいう「続編」は、もう50年も前に作られてますからー!あの衝撃のラストシーン、もう一度見直してみてね。(ってかあれをリメイクするって可能性は0じゃないかw)

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

10月 16th, 2017 at 1:08 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

2 Responses to '猿の惑星 聖戦記(グレート・ウォー)'

Subscribe to comments with RSS

  1. そういえば、このシリーズは未見だった。
    Amazonでレンタルし(一本100円だった)
    予習してから観てきました。

    やっぱり「大佐」は「地獄の黙示録」なのかな?
    「バッド・エイプ」は「ロードオブザリング」のゴラムを連想した。

    biomax

    19 10月 17 at 0:18:33

  2. あー、そういう見方もできますかねぇ。俺、猿の物語に圧倒されてました。(笑)

    ei

    19 10月 17 at 12:50:24

Leave a Reply