若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

アトミック・ブロンド

without comments


atomic_blonde.jpg

原題:”Atomic Blonde

スパイ映画でしかもシャーリーズ・セロンだから、もっとスタイリッシュな映画を想像してたんだけど、すげー泥臭いアクション映画でびっくり。前歯折ったとかなんとか言ってたよなー、すごく納得。

ベルリンの壁崩壊間近のベルリン。活動するスパイの名前がすべて載っていると言われるリストが流出する。このリストが公表されれば、諜報機関はすべて壊滅状態になってしまう。このリストを最後に持っていた男と、かつて行動したことがあるという理由でベルリンに派遣されることになったのは、女スパイのロレーン。現地の諜報員 デヴィッドと反目しつつ調査を続け、徐々に事件の全貌が明らかになってくる。

Mad Maxあたりからどんどん突き抜けていってる気がするシャーリーズ・セロン。今作は製作にも関わって入魂のアクション。なんでもトレーニング中に歯が折れたとか、ジョン・ウィックのためのトレーニング期間とちょうど重なったこともあって、キアヌと一緒にスパーリングしたとか、あれこれ話が残っているよーで。その甲斐あってか、本人がやってるアクションシーンはすごい迫力。こりゃその辺のやわな人たちでは太刀打ちできませんわな。

もう一つ面白いのは、1989年のベルリンの風景。ホントにあの通りだったかどーかは定かではないだろうけど、なんとも言えないアナーキーでダークな雰囲気は東側の国ってこーいうイメージだったよねーと思い出させてくれる。あの頃はなんだかとてつもなく怖いものという感じしかなかった。壁の崩壊と東西ドイツの合併は、よくできたものだなぁと。

てことで主演はシャーリーズ・セロン、年齢なりのヌードも思い切って披露していて、まさに入魂の演技とアクションはさすがです。この先は2019年までにとりあえず3本。あれ、でも「ワイルド・スピード」シリーズのスピンオフ作るんじゃなかったっけ。(あっちも果たしてどーなっていくのか不安ですなぁ) 共演は今や怪しい人をやらせたらトップクラス(笑)のジェームズ・マカヴォイ。なんかもっとストレートな人だったイメージなんだけど、もうぐちゃぐちゃですね。w 他にはジョン・グッドマン、ソフィア・ブテラ。「マミー」の女王様は徐々に露出が増えてきて……って、次の作品にTV映画ながら”Fahrenheit 451”の名前が!そーかあの企画、生きてたのか。
監督は「ジョン・ウィック」のデヴィッド・リーチ。 2が一人監督になってたのはこっちに引き抜かれてたせいか。w そして次回作は”Deadpool 2”とな!

アクションは派手です。バンバン人死にます。w でもやっぱり泥臭い……実際のスパイ戦てのはきっとこんな風に泥臭いもんなんだろうなぁとか。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

10月 26th, 2017 at 10:43 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply