若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス

without comments


guardians_2.jpg

原題:”Guardians of the Galaxy Vol. 2

アベンジャーズ本編がもう少し進むのかと思ったけど、全然進まなかったー。(笑)でもやっぱり面白いぞ。

ロナンを倒し、惑星 ザンダーの危機を救ったことで「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」として銀河にその名が響き渡った彼らは、惑星 ソブリンの施設を襲うモンスターを撃退し、報酬として逃げていたガモーラの妹 ネビュラを受け取る。しかしロケットがモンスターが狙っていたバッテリーを横取りしていたことがバレてしまい、ソブリン人の攻撃を受ける。船が大破してもうダメ!というそのときに、突然現れた宇宙艇がソブリンの船団を攻撃。一瞬にして退ける。その船に乗ってきた男はクイルの父 エゴだった。

さーて全米大ヒットの今作もやっと日本上陸。復習のときに書いたように、次は”Avengers:Infinity War“なんだから当然、サノスが絡む話になると思ったらまーったく出てこず肩透かし。(笑)そ、そんなー。てことでアベンジャーズシリーズ本編はほぼ進んでいないのです。

しかし本シリーズとしては色々と進展。クイルの出生の謎が明らかになったり、サノスの娘姉妹 ガモーラとネビュラの関係が進んだり、実は旧ガーディアンズであるスターホークとその仲間(コミックスの世界では第1期ガーディアンズというのがいて、それがクイルを誘拐したヨンドゥだったり、今回登場しているクリスタル生命体のマルティネックスだったりするらしい)が登場したりしてる。そして宿敵というか、恨みを買った相手が三部作の次の敵になるっていう展開も。

そして各所に散りばめられた80年代を知る人たちに向けたギャグ。いやぁ、デヴィッド・ハッセルホフ出てきただけで笑いが取れるからずるいよね!(マテ あの辺で爆笑する人は多分同年代。w

ガーディアンズは売れっ子街道爆進中のクリス・プラット、青の次は緑の人 ゾーイ・サルダナ、WWEから俳優はやっぱりハゲ?デビッド・バウティスタ、口も性格も悪いのは変わらないw 俳優の無駄遣い ブラッドリー・クーパー、そしてあの台詞だけでギャラどれくらいなのか知りたいヴィン・ディーゼル。いや、きっとブラッドリーはいつか人に戻れる……わけないかぁ。(笑) 他の仲間?たちはヨンドゥにマイケル・ルーカーを始め、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、エリザベス・デビッキ。そして父 エゴにカート・ラッセル、スターホークことスタカー・オゴルドにはシルベスター・スタローンが登場。次回、スターホークはもっと活躍するかなぁ。さらになんと、クレジットされてない人たちが凄くて。ヴィング・レイムス、ミシェル・ヨー、マイリー・サイラスにジェフ・ゴールドブラム(どこに出てた?)、そして本編で何度もネタにされるデヴィッド・ハッセルホフ本人も登場してます。
監督は前作に引き続きジェームス・ガン。引き続き3も担当予定。ま、これだけヒットすれば大丈夫。

シリーズはもう少し、解決すべき点を残して続きます。ロケット=ブラッドリー、人に戻れるといいね。(多分無理w)

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

5月 14th, 2017 at 11:58 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply