若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

エンド・オブ・ホワイトハウス

without comments

olympus.jpg

原題:”Olympus Has Fallen

そもそもかの国の人を信用するからこんなコトになるニダ!(マテ あ、この間どこかの国の大統領がホワイトハウスに入れてもらえなかったのはこの映画みたいになったらいけないからか。(違

南北朝鮮の緊張が高まる中、早急に対策を話し合うためホワイトハウスを訪れた韓国大統領。しかしそのタイミングでワシントンD.C.の防衛網を突破して輸送機が飛来し、大統領以下全員がバンカーへ……。しかしこれこそが仕組まれた罠で、韓国大統領の護衛にテロリストが紛れ込んでいたのだった。合衆国大統領を人質に太平洋艦隊の撤退を迫るテロリストたち。そしてホワイトハウスで生き残っているのはかつてシークレットサービスで大統領担当者だったマイクだけだった。

まーまずは南でも北でもかの国の人を信用するなってところからアメリカには教えないとダメなんだな、きっと。つーか最近の動きを見てればあの人たちのメンタルがどっち向いてるかなんてわかりきってるだろーに。よくあんな中韓スワップとかするよね、相手はならず者国家なのにさ。事大してそのまま中華に飲み込まれたいんだろーな、きっと。
#ってフィクションと現実を混同するなと?
#いやー、フィクションだって笑ってられないでしょ、最近は

さて映画はと言えば、テロリスト vs 一人って図式はもう「ダイハード」そのもの。だから政治的背景がーとか言ってちゃだめなのね、この映画。でも内部で手引きしたヤツがいるだろーとか、あの最新鋭兵器は誰が横流ししたの?とかお話を膨らませることはできそーなのにもったいないねというところもあり。あー、でもきっと変なこと考えずにアクション映画として観た方がいいでしょー。

主演はジェラルド・バトラー。「300」のときに見せた肉体、再び……ってさすがにあのときよりは落ちてるか。大統領はアーロン・エッカート。若い大統領ですな、と思ったけど45歳か。そして下院議長にモーガン・フリーマン。他にはアンジェラ・バセット、ラダ・ミッチェル。こーやってみると女性は添え物的な。
監督はアントワーン・フークア。

やっぱりちょうど同じ時期に「ホワイトハウス・ダウン」なんて映画があって混乱しますな。ああ、あっちは先週公開か。同じプロットが違う映画になるのにはきっと理由があるんだろーけど。

ま、とりあえず世界情勢とか考えずに気楽に見ましょう。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

7月 1st, 2013 at 11:37 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply