若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

オズ 始まりの戦い

without comments

oz.jpg

原題:”Oz the Great and Powerful

本国ではあまり評価が高くないんだけど、俺は個人的には好き。つーか監督はライミだったのね。薄情そーなジェームス・フランコ(笑)はとても適役かと。

カンザスの田舎のサーカスでマジシャンをやっているオズ。金にも女にもだらしなく、それでも「偉大な人」になりたいと常に語りながら何もできずにいた。女性問題のトラブルから逃げるために飛び乗った気球が竜巻に巻き込まれ、オズは不思議な世界「オズ」に辿り着く。オズで出会った二人の魔女、セオドアとエヴァノラに「予言」を成就するために、悪い魔女グリンダを倒して欲しいと頼まれる。その予言とは「この世界と同じ名を持った魔法使いが世界を救う」というものだった。

実はオズの世界ってのはオズ本人の精神世界だよね、だからトラウマがそのままお話に出てくるし、自分が望んでいるよーになれるってのはそーいうことだよねと。てことはこのオズの精神世界にドロシーは入り込んでしまうってこと?それともそもそも精神世界ってのはひとつに繋がってるの?……なんて考えて観る映画ではない。(マテ
調べてみると、そもそもオリジナルは13巻もあるらしい。さらに他の作者が書いた続編を含めると40巻。ま、一応この話は映画版「オズの魔法使」(1939年だってさ)の前日譚で、オズの世界に偉大なる魔法使いオズが現れるまでのお話だそーで。ちゃんと普通の人でも諦めなければ偉大な男になれるんだ!という夢と希望に溢れる映画に仕上がっております。

主演はジェームス・フランコ。笑い方が薄情!(笑)ペテン師が実によく似合う。グリンダにはミシェル・ウィルアムズ、セオドアにはミラ・クニス、エヴァノラにはレイチェル・ワイズ。んー、美しい魔女三人は薹が立っているのが残念すぎる。(マテ もうちょっと若い子使えばなぁ。ま、そのへんのポイントは、実はCGの陶器の少女が一手に担ってます。w もうね、なんともかわいい。あんなのに懐かれたらだめですね。
監督はサム・ライミ。リメイクの「死霊のはらわた」(プロデューサー)は怖そうで観れない……。 なんか4を作る企画があるとかないとか。実はこの映画にブルース”アッシュ”キャンベルも出てたりするんだなー。

子供向けのファンタジーというより少し大人向けかも?CGの色彩感覚は目を見張ります。3Dで観るともっといいかも。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

3月 20th, 2013 at 5:11 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply