若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

花の詩女 ゴティックメード

with one comment


gm.jpg

公式サイト

なんで今さらFSSじゃない話で映画作ってんだ、と思ったら。なーんだ。

※ネタバレ書くのでよろしく

惑星カーマインの預言者「詩女」は何世代もの記憶を引き継いだ存在。新たにその詩女を継ぐことになった少女ベリンを守るため、ドナウ帝国から遣わされたのは第三皇子のトリハロン。平和を司るものと戦争の化身が出会い、新しい旅が始まる。

予備知識まーったく入れずに観たんで、ホントになんで今さらこんなもんを……「仕事しろ!」といってたら、どんどん話は怪しい方向に進んでいくわ、ヘッドライナーとか言い始めたあたりでアレ?アレ?と。それでもまだ「この人はFSS作らせろっていいたいのかね、この映画で」と思ってたんだけど……。 なんだ、これFSSじゃん。(きっぱり)

えーとつまりフィルモア帝国の成り立ちの話なんですな。そーいや登場人物の服装もそーだしトリハロンなんてダイ・グと同じ顔だ。(笑)スタント遊星がくるのが1500年後とか3000年後だそーなので、まだ200年代の頃か。ブローラー(どこから見てもMk-II)と破烈の人形(形違います)も出てくるし、ゴティックメードはいずれMHと呼ばれるよーになるってことか。フィルモアは星団では最古の国だし、ここからいろいろなものが派生してるわけだ(エンプレスとか)。エンドロール後にキャラクター紹介があってそこで皆吹くという。(笑)

とまーネタがわかってしまえば結局FSS作りたいのねというところに落ち着くんだけど、それに気が付いてもう一度アタマから見たくなるという、「永野信者」のための映画と言えばその通り。FSSを読んでない人はぽかーんとして終わるだろーし、読んでる人でもちょっとぽかーんだろーし(含む俺)。ラキの服装が替わっても顔が変わっても「あれはラキだ」ってわかるレベルの人たちにしか全ては理解できないだろーというか(Designs全巻持ってて隅々まで読んでる人って意見には同意)。Twitter見ててもFSS読んだ人は行けというものばかり。そりゃそーだ。会場でFSSグッズも売ってるのでそれどーなのよとか思ったんだけど、問題ないってことですね。

さて映画は完成した。本編を描け。いや、描いてくださいお願いします。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

11月 2nd, 2012 at 12:08 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

One Response to '花の詩女 ゴティックメード'

Subscribe to comments with RSS

  1. いつも楽しく読ませています。
    Lightning-micro USBアダプターがApple storeから国内発売されています。

    yaabo32

    2 11月 12 at 20:16:01

Leave a Reply