若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

トータル・リコール

without comments

total_recall.jpg

原題:”Total Recall

主演は嫁。(爆)記憶なくして寝ぼけてる最強エージェントより、それに誑かされるレジスタンス娘より、圧倒的に強くて美しい。そしてそれでいいのだ。(マテw

未来の地球、戦争でほとんどの土地が住めなくなり、旧イギリスで支配階級のUFBと旧オーストラリアの労働者たちのコロニーだけが残された場所になっていた。二つの土地は地球を貫く巨大エレベーター「フォール」で接続され、毎日コロニーから労働者がUFBへと「通勤」している。美しい妻とともにコロニーで暮らし、工場に勤めるダグラスは毎日の変わらない生活に飽き飽きしていた。そんな彼が興味を持ったのは、脳に直接刺激を与えて記憶を植え付ける「リコール社」。施術を受けようとした彼の部屋に警察が突入。しかし彼は自然に身体が動き、10人の警官を倒してしまう。彼にいったい何が起こったのか?

「トータル・リコール」と言えばそもそもフィリップ・K・ディックの原作で……とSF者なら長くなる話なんだが、これはシュワちゃんの映画をリメイクという方が正しいかもしれない。ま、設定はあちらが火星、こちらは地球上と少し変わってたりはするけれど、こちらの方が現実味はあるか。世界観は非常に面白く、未来の描写もなかなか優れている。といってもやっぱりこの手の映画は「ブレードランナー」の影響を離れられないところはあるんだが(おもわず「あ、スピナーが」と思ってしまうのはご愛敬)。でも細かな機器の未来デザインは見ていて楽しい。

で、この映画はコリン・ファレルのためというよりはやっぱり監督の嫁、ケイト・ベッキンセールのためにある映画。(笑)なんでこの人は嫁を中心に映画撮るかねー。(笑)まぁそれでもいいやと思わせるのは、彼女がとても美しくて強くてさらにしつこいからだ。ターミネーター並みの戦闘力としつこさは、この映画の中では圧倒的。コリンもジェシカ・ビールもいらねぇ、とか思ってしまう。ちなみにこの役、オリジナルではシャロン・ストーンがやってましたね。

てことで主演はケ……、ああ、一応コリン・ファレル。ちょっとブルース・ウィリスに似てきましたかね。そして我らが鬼嫁ケイト・ベッキンセール!1973年生まれってことはもうすぐ大台か。ダブルヒロインのもう一人はジェシカ・ビール。他にはワイズマン作品には不可欠なビル・ナイも登場。
監督はレン・ワイズマン。早いとこ「アンダーワールド 」シリーズを仕上げて欲しいところですが今のところ次回作は未定。

ま、嫁を撮らせたらやっぱり世界一っていうことでいいのか。(ホントにいいのか、それで!?)

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

8月 15th, 2012 at 1:06 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply