若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

容疑者Xの献身

with 2 comments

yougisha_x.jpg

公式サイト

これはこれで、アリなのか。TVシリーズよりも地味、しかしそれが狙いなんだろうし。

河原で見つかった他殺体。顔が潰され、手足の指紋が焼かれていたが、置き去りにされていた自転車に着いていた指紋から被害者が浮かび上がる。被害者に繋がる線はただ一本、別れて今はようやく小さな弁当屋を営めるようになった花岡靖子。しかし彼女には死体の死亡推定時刻に完璧なアリバイがあった。 しかしその完璧すぎるアリバイに返って疑問を感じる薫。そして容疑者の隣に住んでいたのは、ガリレオ先生こと湯川学の大学時代の友人 石神だった。果たして犯人は?完璧すぎるアリバイの謎は?

TVの演出が派手(派手すぎて最終回の核爆弾の作りに爆笑した人も多いはずだw)だったのに比べて、この映画版は湯川お得意の「実験」を封印し、論理で天才数学者と対決する本格推理モノ……なはずなんだが、実はそこも十分な描写ができていないので、単なる人間ドラマになってしまっているのが残念。これはひとえに脚本の問題だと思うんだけど、実は観てる方も何が問題なのかに気が付かないのだ。トリックに気が付かないのは当たり前として、容疑者への追求がちぃともできてない感じがする。つまり警察が本線として靖子を追っているように見えてこない。行き詰まってるようにも見えない。だからトリックがわかったときにも「ああっ!」っていう驚きがない。推理モノなのに推理部分は全部端折っちゃって、人間ドラマにしてしまった……のが企画の本来の狙いであればそれはそれでいいのだろうが、TVのような福山くんの派手な活躍を期待して見に行った人や、原作ファンにとってはちょっと拍子抜けしてしまう映画かもしれない。喜ぶのは福山くんのファンだけか……といえば、実は一番活動するのは石神役の堤真一なので、「眼福」と言って済むモノでもないという……。うーん、何が狙いだったんだろうね、この映画。

主演は福山雅治、まぁなんというか、やっぱり完璧なハンサムですな。しかも変態なところが凄い。(マテ あーいうキャラは身につけたいなぁと思いつつ、顔がいいから変態でもいいんだという見本のような人なので、顔が伴わなければ無理です。(笑)共演は柴崎コウ。容疑者花岡は松雪泰子。「D.M.C」のあのメタル社長とは雲泥の差。天才数学者石神は堤真一。ぬぼーとした演技はよく似合ってますね。しかし数学者?……ああ!「やまとなでしこ」!(違 他のキャストもTV版同様。
監督は西谷弘。ずーっとTV畑の人ですね。

結局この手のドラマ〜TVへの流れってのはこれからの映画作りの主流になっていくのかもしれないが、それも善し悪しだなぁ。やっぱりここはTV同様の派手な作りにしちゃった方が良かったんじゃないだろうか。その方がきっとヒットはしたと思う。福山くんだけで観る映画か……。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

10月 5th, 2008 at 4:16 pm

Posted in Movies

Tagged with ,

2 Responses to '容疑者Xの献身'

Subscribe to comments with RSS

  1. ドラマも珍しくw観てましたし、原作も全部読みましたが、この「容疑者Xの献身」は最初から映画ありきだったようです。ドラマ関係なく。

    脚本が書かれた時期はもちろん自分は知りませんが、ドラマの内容とは全く別のところで書かれていたかもしれませんね。

    原作はかなり気に入ってますし、ドラマも好きだったので、映画も観たいと思ってますが、とりあえず別物として観に行くべきかなぁなんて思っております (^^;;

    KAKU

    5 10月 08 at 16:56:40

  2. まぁ一応キャラは引き継いでるんでアレですが、やっぱりTVシリーズとは雰囲気が違う。そこが狙いだったのかなとも思うんですけどね、パトレイバーの映画版みたいな。(笑)

    ei

    7 10月 08 at 1:44:04

Leave a Reply