若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

メン・イン・ブラック:インターナショナル

without comments

mib_int.jpg

原題:”Men in Black: International

クリヘム&テッサでもう「マイティ・ソー」シリーズにしか見えない今回。ま、エージェント変えればリブートしなくても違う展開ができるって点では、フレキシブルでいいシリーズですね。

幼い頃にMIBの活動を盗み見し、記憶を消されなかったことから、その組織への加入を志望し、ついに新人エージェント見習いとして採用されたM。ロンドン支局に送られたMは、MIB内で伝説になっているエージェントHとともに新たな事件に挑んでいく。

一応スピンオフ扱いになるの?いや、別にどんな形でもできるところがこのシリーズのいいところじゃないかというのがよくわかるいい例。いいキャストを連れてくればヒットするだろうし、脚本はまぁ二の次……。と思ってたんだけど、実は今回、初稿の段階では結構重い(移民問題をテーマに)ものが織り込まれていて、キャスト陣もそれを気に入って映画に参加したんだそーな。それが制作途中でどんどん変わって普通のドタバタコメディに。監督は降板寸前までいったらしい。まー作りたいものを作らせてもらえないんじゃ、確かに意味ないわなぁ。シリアス版も見てみたかったな。

主演はテッサ・トンプソンとクリス・ヘムズワースの「マイティ・ソー」コンビ。「エンドゲーム」でも仲良さそうだったし、今回も息の合ったコンビを見せてくれてます。そーいえばソーシリーズ、次作が2021年に決まって、しかもナタリー・ポートマンが復帰して雷神になるんだとか……。なんて展開だ。w 他にはリーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、レベッカ・ファーガソンなど。MIBが監視している人たちに何人か有名人が出てたよーな。
監督はF・ゲイリー・グレイ。あ、ワイスピの監督もやってるのか。

前後の繋がりとか誰が出てるとか全然気にしないでただ楽しめばいいだけの映画。……それって何も考えてないとも言う?w

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

7月 22nd, 2019 at 5:19 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply