若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

トレインスポッティング

without comments


trainspotting.jpg

原題:”Trainspotting”(1996)

なんでこんなに評価が高いのかさっぱりわからない。ヤク中が悪事を働くっていうただのクズな映画じゃないか。なんで2がそんなに待たれてたのかさえわからない。

不況の真っ只中にあるスコットランド エジンバラ。レントンとその仲間たちはヘロインに溺れ、薬をやる金欲しさに盗みや恐喝を繰り返すどうしようもない毎日を暮らしていた。そのうち仲間の一人 スパッドが捕まり、苦しい禁断症状を経てなんとか薬を断ったレントンだが、どうしようもない仲間たちと切れることはなかった。

「社会現象にまでなった」とか「名作」とか言われてるけど、それはただ映像的にすごいからということなのだろーか。どう見てもこの映画、薬をやってる人たちが自分たちのイッてるときを映像化したものでしか内容に感じるんだけど。それが凄いというのなら、少なくともこの文化は俺には合わないし、理解しようとも思わない。

確かに少しだけ、映像的にすごいかなと思うところはある。色彩感覚とかラリってる時のイメージとかは見るべきものがある。でもそれだけ。まーこれは映画の見方の差で、ストーリーやキャストに感情移入して見る俺のよーな人と、映像の凄さに惚れる人で感じ方が違うのかもしれない。

主演はユアン・マクレガー。他はイギリス映画なので知らないー。女子高生(笑)のダイアンを演じたケリー・マクドナルドは美人ですな。新しい”T2 Trainspotting”は基本、出演者が皆出てるそーで。
監督はダニー・ボイル。「スラムドッグ・ミリオネア」とか「スティーブ・ジョブズ」の監督。当然続編も監督。

これが面白かったら2も観に行こうかなと思ったけど無理。俺には合わない。20年後の彼らの関係はどーなってるのかは、ちょっとだけ気になるけど。ま、ビデオでいいや。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

4月 13th, 2017 at 9:51 am

Posted in Movies

Tagged with ,

Leave a Reply