若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

テッド2

without comments


ted_2.jpg

原題:”Ted 2

マイノリティに対する偏見を問題にしているのにヲタクな人を嗤うのはちょっと……。

タミ・リンと結婚したテッドだったが、結婚して1年後には夫婦喧嘩が絶えない家庭に。関係を改善するために、と子供を儲けることに。養子縁組をしようとした2人だったが、テッドが本来人間じゃなく「所有物 」であるとされてしまい、仕事を失いあらゆる権利も無効になってしまう。テッドとジョンは奪われた権利を取り戻すべく裁判を起こすことに。

前作同様、下品なオヤジなテディベアが活躍する映画。結婚1年後のタミ・リン相手のくだの巻き方なんて、典型的なダメ夫。(笑)相変わらず大麻が大好きだし下品なシーンも満載で、まーニヤニヤ笑いながら観るにはいいのかなと。

ただテーマのひとつがマイノリティの権利に関する部分で、まー移民とかアメリカの歴史の中で言えば黒人奴隷とかそーいう部ことを扱っているのに、コミコン(アメリカのコミケみたいなもん)参加者を変な形でいじるのはどーなのか。その偏見は映画の中で扱ってる大事なことと同じ部分だぞと……思うのは俺くらいなのかね。でもやっぱりちょっとイヤ。

てことで主演は前作に引き続き、マーク・ウォールバーグとセス・マクファーレン。マーク・ウォールバーグは「始末屋ジャック」にぴったりだと思うんだがなぁ……(ああ、映画化企画はもう流れちゃったんだろうか)。そしてヒロインにはアマンダ“ゴラム”セイフライド。あー、確かに。(笑)他にはジョバンニ・リビシ、ジェシカ・バース、モーガン・フリーマン、サム・J・ジョーンズ。スーパーのお客に最近アクション映画づいてるあのオヤジが出てくるのがポイントです。
監督も当然セス・マクファーレン。「荒野はつらいよ」(って邦題もどーかと思うな)の失点は取り返せたんだろーか。興行収益は全米ではイマイチだったと聞いたけど。

いずれにしろこの映画を観てテッドのことを「かわいー」っていうのは止めよう。中身はただのスケベ親父だ。w

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

9月 3rd, 2015 at 11:28 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply