若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ゴジラ 30作品一挙放送中 その3

without comments

godzilla_30.jpg

平成ゴジラシリーズ、ここからは2000年以降のミレニアム「IF」シリーズになる。基本、各映画同士の繋がりがなくなり、それぞれが独立したお話になるというわけ。世界観や設定を自由にいじることができるので、変なしがらみなくストーリーが作れるというわけ。

時代としては1999年に平成ガメラシリーズが完結したあと。大映が作った完成度の高い怪獣シリーズのあとに、本家東宝が下手なものは作れないというプレッシャーはあっただろうなぁ。(それでも失敗してしまうのはやはりゴジラの呪いか)

ゴジラ2000 ミレニアム

久しぶりに復活したゴジラはやはり台風扱いというか、駆逐できない超自然の存在として一般に認知されているのは平成シリーズと同じですかね。出てくるUFOってどっかで見たことあるなーと思ったら、「ナビゲイター」みたいじゃないか。お話はどちらかというと「インデペンデンス・デイ」ですかね、ゴジラ vs 宇宙人。怪獣大戦争よりこの手の話の方が好みだが、セールス的にはやはりvs怪獣じゃないので失敗したとみなされて、次からはvsシリーズ復活となる。でも大人が見て面白いゴジラにするためにはこの路線を進むべきだったんじゃないかなぁ。

ガメラシリーズの影響か自衛隊が頑張ったり、特撮もそれなりのレベルになってる。ゴジラは今までにない造形で、は虫類っぽい。まぁでもガメラを見た人はもうこれくらいじゃあ満足できないんだよなぁ。

怪獣が出ないからヒットしないんじゃないんだよ……。

ゴジラ × メガギラス G消滅作戦

首都大阪!原子力発電完全廃止!というすげーIF日本史(もちろん原因はすべてゴジラ)の中で展開するゴジラ殲滅作戦。そーか、ゴジラは放射脳な人の味方か。(違います)つか、結局ゴジラが倒せない理由ってのは他でもない、「ゴジラが東宝映画最大最強のスターだから」なんだけどね。

今作の見所はゴジラのプロレス。(笑)走ったり、噛み付き攻撃だったり、ボディプレスしたりと昭和ゴジラの後半みたいな軽快な動きでトンボのお化けと闘います。ご当地破壊シリーズはお台場。でもフジテレビは壊さなかったなー。w

そしてゴジラが消滅?するIF日本史……消えてないのか?w

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃

ガメラシリーズを作った金子監督がゴジラを撮ると、やっぱりガメラだった。(意味不明)自衛隊(ここでは国防軍とかになってる)も頑張るし、ちょっと怪獣多すぎてまとまりがなくなった感はあるけど、それなりに正しい怪獣映画になってる。スタッフも多くはガメラシリーズから引っ張ってきてるらしく、音楽も大谷幸だったり。

このお話ではオリジナルゴジラ、さらに大失敗した米ゴジラ(しかも学者認めてないとか言い切っちゃうしw)が正史になってる。「護国聖獣」とか、ゴジラが太平洋戦争の英霊の残留思念の塊とか「ガメラシリーズ」の匂いがいっぱい。キングギドラが千年龍王という人類の味方にしてみたという逆転の発想はいいかも。でもなんか最初はバラン、アンギラスだったらしいけどセールス上の理由でモスラとキングギドラに。まぁ「とっとこハム太郎」と併映されちゃったらもーどうしようもないよね。

特撮もガメラを思い出す非常に上手な遠景を多用した撮影。そうなんだよ、怪獣てのは大きいからアップで映すとかしても大きく見えない。比較対象になるものを手前とか背景に置いて遠景で撮ることで、初めて大きさが分かるようになる。

ゴジラが歴代の中で一番怖い顔なのも○。これぞ怨霊。w こんな顔付きで人類滅ぼすところまで行って欲しい>新作。w

ゴジラ × メカゴジラ

前作でちょっと見直した特撮手法はなくなってしまい、しかも意味もなく「ゴジラの骨」からメカゴジラを作ったがために暴走してろくでもないことになるというストーリー展開。骨使ってDNAでなんとかとか意味なくね?メカゴジラのデザインは元々のメカゴジラっぽくて良くなってるし、ミサイルつかってオールレンジ攻撃もかっこいいんだけどさ、結局画がなってない。

まぁストーリーはどーでも良くて、ゴジラとメカゴジラを対峙させるぜ!って映画ですな。バージョンいくつなんだっけ、このときの釈由美子。疎まれてるっぽく見えて結局機龍隊のアイドルだよね。 w

ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

ミレニアムシリーズの中では唯一、前から続くお話なわけだが。「モスラ」とも繋がるってことで、モスラに出演した小泉博が登場。なんと小美人も……って長澤まさみ!(笑)モスラの歌歌ってるし!w 吉岡美穂も出てたのか(しかもホントに下手。どーしようもないほど下手)。こんな映画に出るほどあの人売れてたのか。

ゴジラのスーツがどうしようもなくゴムっぽくて、特撮も前作同様のダメな出来。シナリオも酷い。カメーバ死に損。結局この作品の観客動員数が全作通してワースト3に入って、ミレニアムシリーズの終了が決定したというまぁある意味記念すべき作品。まぁ確かに子供向け映画にしかなってないわな。

そーいえば新しいゴジラはスーツなんだろうか、それともCGなんだろうか。日本の伝統(笑)のスーツアクトをやめてしまうのはどーなのよと思うが、リアルさを出すためにはやはりCGの方だろうし……。本家なんだから少なくとも2014ゴジラに勝てる作品が作れないとダメだよなぁ。

ゴジラ FINAL WARS

ということでミレニアムシリーズの最後、つまり現状、日本の最後のゴジラ映画になったこれ。凄いですよ、東宝怪獣映画にこれまで登場した15体の怪獣が入り乱れてのプロレス大会。w しかもX星人に妖星ゴラスに轟天号まで、もー東宝特撮シリーズのすべてを注ぎ込みました!という……こんなんで締めくくっちゃったのか。(哀)

実は特撮パートは割といい画を作ってるんだけどさ、結局シナリオが「マトリックス」もどきでどーにもならない。怪獣同士を戦わせるだけのストーリーなので、お話はどーでもいいのね。さらにアクションシーンも「マトリックス」の影響をふんだんに受けてのワイヤーアクション。ケインと松岡でバイクで高速バトルとか。ああ、海底軍艦なのも実はネブカドネザルなのか。

でもまぁゴジラ、強い強い。ハリウッド版偽ゴジラもガイガンもカマキラスもどいつもコイツも一撃ですよ(怪獣大戦パートになって特撮が酷くなったのは内緒だw)。まぁこれで怪獣同士のプロレスは最後になるという方針で作ったのかも……と思ったら、2014 ゴジラでやっぱり怪獣同士で戦わせちゃったしなぁ。

あ、このシナリオで唯一いいところがある!人類がほぼ滅びるってところだ!(爆)

これでやっとミレニアムシリーズは終了。いやぁ、俺1本も見てなかったわ。(^-^;) そして楽しい昭和シリーズへと続く。 でもなぁ、やっぱり途中からどーしようもなくなるからなぁ。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

5月 19th, 2015 at 2:42 am

Posted in Movies,特撮

Tagged with

Leave a Reply