若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

博士と彼女のセオリー

without comments

theory.jpg

原題:”The Theory of Everything

余命2年、大きな障害を背負った世界一の頭脳が恋に落ち、結婚し、生き続ける愛の物語。

英 ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーブン・ホーキング。宇宙の秩序をひとつの数式で表したいと語る彼は語学を学んでいたジェーン・ワイルドと出会い、恋に落ちる。しかし同じ頃、大学のキャンパスで倒れたスティーブンは検査を受け、自分がALS(筋萎縮性側索硬化症)であり、余命が2年しかないと宣告される。ふさぎ込む彼のもとを訪れたジェーンはその困難を共に乗り越えることを選び結婚。そしてスティーブンは「特異点定理」を発表し、物理の世界で有名になっていく。

事実は小説より奇なりとはよく言ったもので、世界的物理学者の波乱に富んだ人生。病に絶望することなく生きることを選び、宇宙の謎を解き明かそうとする博士の人生。徐々に身体が動かなくなっていく夫に対する妻の人生。これらのなんと面白く、素晴らしいことか。妻は夫を助け、夫も妻の気持ちを思いやる。そう、こんな夫婦は理想だな……。二人が離婚する理由もこの映画の中では良い方向に描かれている。(実際どーだったかは本人たちのみが知ってるんだろうけど)

この原作になっているのは妻ジェーン・ホーキングの回顧録だそうなので、途中で入り乱れるお互いの愛の行方も含めて、真実に近いものなのだろう。実際、スティーブン・ホーキングは離婚して再婚、そして再度離婚して現在は独り身。宇宙の謎を解き明かす彼がずっと考え続けてるのは「女性の心」だそーで(笑)、確かにそれは男にとって一生の謎だなーと。

さてそしてオスカーを獲ったエディ・レッドメイン。ホントに素晴らしい演技。この役のために半年間ホーキング博士を研究し、実際に会ってもいる。。ちなみにホーキング博士は映画化にも協力的で、映画の中で使われている音声データはホーキング自身が使っているものだそうな。ジェーン・ホーキングにはフェリシティ・ジョーンズ。いやぁ、今まで見逃してました(いつもだw)。美人というよりとてもキュートな、それでいて強い意志を感じさせる眼がとても印象的な女優さんです。惜しくも主演女優賞は逃したものの、まだこれから先が楽しみな人。他にはハリポタにも出てたデヴィッド・シューリスなんかが出てます。
監督はジェームズ・マーシュ。 ドキュメンタリーが多い英国の監督さんのよーです。

ホーキング博士はこの映画を観て涙を流したそうで、ちゃんとしたものができているということだなぁと。確かにいい映画です。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

4月 2nd, 2015 at 2:48 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply