若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

哥吉拉

without comments


godzilla_t.jpg

原題:”Godzilla

恒例の台北で映画を観るシリーズ、今年では全米No.1を獲って2の製作も決まったはずのこの映画。一緒に観た全員の評価は「ダメダメ」。なんかなー、違うんだよなー。

あ、そーいうわけで台湾に来てます。w

1999年、フィリピンの炭鉱で発見された繭と巨大生物の骸。何か大きなものが海へ向かった形跡があった。同じ頃、謎の振動によって日本の原子力発電所で事故が起こり、発電所ごと破壊される。15年後、軍人のフォードは警察に確保された父の身柄を引き取りに急遽日本に向かう。フォードの父、ジョーはかつての原子力発電所の事故で妻を喪って以来、その原因を探求していた。現在も立ち入り禁止のままになっているかつての自宅へ忍び込み捕まった彼等の前に、15年前に見つかった繭が。そして当時と同じ振動の中から巨大生物MUTOが生まれる。

怪獣モノをずっと見てる人に一言でストーリーを説明するなら「平成ガメラ」の一作目とほぼ同じだと思って間違いない、と(すでにこれでネタバレw)。しかも平成ガメラの方がレベルが高いというところがいただけない。これでいいのか?これでホントに200億を突破する大ヒットなのか?と。いやー、同じ映像レベルで平成ガメラ3部作作ったら遥かにいい評価になるんじゃあるまいか。

まぁいろいろ言いたいことはあるけど日本でもう一度観るかもなのでとりあえず置いときます。

主演はアーロン・テイラー=ジョンソン。あー、あれキックアスなのか!(まったく気付かず)その他適当なメンバーですが渡辺謙が重要な役割を……。
監督はギャレス・エドワーズ。怪獣が出ない(いや出るけど)怪獣映画「モンスターズ」 を撮った人でしたね。映像も怪獣の風味も確かに同じだった。

実はデル・トロ(「パシフィック・リム」の人ね)に監督をさせるという話もあったみたいなんだよねぇ。……彼ならもっともっともっともっといい映画に出来ただろうに。残念過ぎる……。すでに決まっている2はぜひ「ゴジラ2対パシフィック・リム2」でお願いしたい(無理です)。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

6月 2nd, 2014 at 10:39 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply