若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

without comments

camerica.jpg

原題:”Captain America:The First Avenger

強い強い強い、何でそんなに強いのかといわれれば、それは「アメリカの象徴」だから。強い強い強い。(笑)

1942年、第二次世界大戦のさなか。強い愛国心を持ちながら身体が小さく病弱なスティーブは、兵士に志願するも何度も入隊を拒否されていたが、科学博で出会った戦略科学予備軍のアースキン博士によって採用が決定。戦略科学予備軍が計画していたのは、強い兵士を作る「スーパーソルジャー計画」。初期訓練を乗り越えたスティーブは、アースキン博士の研究した血清によって身体が劇的に変化し、驚異的な身体能力を誇るスーパーソルジャーになった。果たして彼は戦地へ赴き、活躍することができるのか?

キャプテン・アメリカはアメリカ人なら誰もが知っている、マーヴェルが生んだ最初のヒーロー。その高潔な性格や何事も恐れない勇気を持つ男は正に「(理想の)アメリカ」の名を冠するにふさわしい人物であると言えよう。今回はそのキャプテン・アメリカが誕生し、活躍するお話。まぁこの人、強い。(笑)驚異的な身体能力であるという以外はスーパーパワーを持っているわけではないのだが、とにかく意味もなく強い。これがアメリカか、と思ってしまう。w そして彼をサポートする特殊部隊がまた強い、というか一緒に同じことができるってこの人たちも十分超人じゃないかとか。

「アイアンマン」の父、ハワード・スタークも登場して今後のお話への伏線を張ったり、エンドロールが終わったあとでとうとう来年には公開される「アベンジャーズ」からの映像が流れたりして、いよいよ盛り上がってまいりました状態。しかし凄いペースで進んでくよなぁ、マーヴェル。一本に付き数十〜百億の製作費がかかっているはずで、製作期間もそれなりにかかるはずなのに、年に2本とかのペースなのは、スタン・リーが死ぬまでにシリーズを完結させたい!と思っているからなのかもなぁとか(すでに88歳ですよ)。いや、俺も確かに早く続きが観たいので嬉しいことなんだが。w

主演はクリス・エヴァンス。「ファンタスティック・フォー」のヒューマントーチに続いて2つめのヒーロー役。小さな彼の撮影は、なんと首をすげかえたのではなく彼自身をCGで小さくしたんだとか。ヒロインのペギーにヘイリー・アトウェル。古風な顔立ち。他に、スタンリー・トゥッチ、トミー・リー・ジョーンズ、ヒューゴ・ウィーヴィングにいつものサミュエル・L・ジャクソン。もちろんスタン・リーもカメオ出演してます。探してね。w
監督はジョー・ジョンストン。そーいえば監督転向してたよね。

さぁ、役者は揃った。いよいよ、アベンジャーズシリーズの開幕だっ!

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

10月 19th, 2011 at 4:10 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply