若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

ボヘミアン・ラプソディ

without comments

Bohemian.jpg

原題:”Bohemian Rhapsody

観てると一緒に歌ってる自分がいる。やっぱり応援上映に行くべきだな!w

ザンジバルからイギリスに移民してきたフレディことファルークは、バンド「スマイル」の追っかけをしていたが、ある日ボーカリストが脱退。ボーカルとして加わり、バンド名を「クイーン」として活動を開始する。ギターを重ねた重厚な音とコーラス、そして独特のパフォーマンスが人気を博し、世界的なバンドへと上り詰めていく。そんな中、フレディは自分のセクシャリティに疑問を持ち、倒錯の世界へと溺れていく……。

世代的には俺の一つ前の流行(70年代)だけど、あの特異な姿とパフォーマンスははっきりと覚えているバンド クイーン。初めて知ったのは多分「フラッシュ・ゴードン」の頃(SF映画好きとしては当然ですね。ありゃ子供ゴゴロにも酷い映画だったw)。大きくなってからその他の楽曲を聴いて、今では歌えるようになったし、表題の「ボヘミアン・ラプソディ」は今でもイヤホンの評価楽曲として活用(ピアノからボーカル、オペラコーラス、ロックギターまで1曲で網羅できるので)してる。今作はクイーンの中で圧倒的な存在感を誇るパフォーマーでボーカリスト フレディ・マーキュリーの生涯を軸に、クイーンの軌跡を描く物語。

70年代のスターの映画は必ずと言っていいほどドラッグに溺れていく姿が描かれており、フレディもまた例外ではない。そーなるとストーリー構成は他の伝記映画と変わらなくなってしまうのは仕方ないところで、批評家の「映画としての評価」が渋めになるのはわからないではない。しかしその凡庸さを圧倒するクイーンの楽曲。お約束だなぁと思って観ていても、ライブシーンになると一緒に歌ってる。楽曲もオリジナル音源以外に未公開音源なんかもふんだんに使われていて、フレディの圧倒的な歌声に酔いしれることができる。特にLIVE AIDの伝説のパフォーマンスを完全再現したシーンは胸熱。ああ、やっぱり一緒に歌いたい!

主演はラミ・マレック。「ナイト・ミュージアム」シリーズのアクメンラー、TVシリーズ「MR.ROBOT」の主演の彼がフレディに成りきった演技はちょっと見似てないんだけど仕草とかライブパフォーマンスを見てるとフレディに見えてくる。(笑)ブライアン・メイ役のグウィリム・リーもよく似てる、てかまぁバンドメンバーは皆良く似てる感じ。他にはマイク・マイヤーズ……どこに出てたんだ?と思ったら相変わらず顔がよくわからない(笑)プロデューサーのレイ・フォスター役でした。
監督はブライアン・シンガー……ということになっているんだけど、実は途中で解雇されたそうで、「イーグル・ジャンプ」のデクスター・フレッチャーが完成させたという。

映画を観に行くというよりは、銀幕に蘇ったフレディのパフォーマンスを楽しみに行くべきかなーという感じ。やはり応援上映で一緒に歌わn(ry

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

11月 11th, 2018 at 12:15 pm

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

Leave a Reply