若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

カメラを止めるな

with 2 comments

camera_s.jpg

公式サイト

観とかないと映画好きじゃないくらいの勢いなので行ってきたけど、評価すべきところは300万円という低予算映画が大ヒットしたという点なのか。

ゾンビ映画を撮影する撮影隊が山奥の廃墟にいた。映像の迫真性になかなか納得のいかない監督は、一旦休憩を入れる。そんなとき、休憩していた撮影班が遭遇したのは、本物のゾンビだった。「これぞ映画だ!」と撮影を続行する狂気の監督と、ゾンビから逃げ回る撮影隊。果たして彼らの運命は?

「ゾンビは恐怖のモンスターではなく環境」と常日頃言ってる俺。ゾンビもの好きじゃないんだよねーと観るのを敬遠してたんだけど、流石にここまで話題になると観に行かないわけには行かないなぁ。と、行って観たらあらまーそういう……てか、実は観に行く数日前に「ほんの一言」のネタバレを目にしていたがために全て台無しに。普通は後半だけの答え合わせを最初からしてる状態という。つまりまぁこの映画、ネタがわかってしまうとホントになんともない映画なんだよね。

前半、37分のノーカット撮影は確かによく頑張ってる。ハンディカメラ一つで走り回って、仕掛けも芝居も止めない(まぁ原案がお芝居なので止まらずにやるのはふつーか)。アングルとかその手の部分は色々考えたよねぇっていう。ある意味、その手の業界の人とか、これから映画を目指そうという人にとっては勉強になるんじゃなかろうか。

キャストは監督役に濱津隆之。その娘に真魚、奥さんにしゅはまはるみ……とまぁ舞台だったりマイナー作品に出てる人たちだったり。ほん怖に出たりしたんだっけ?実は一番怖かったのはプロデューサー役のおばちゃんの顔じゃなかろうか。w
監督は上田慎一郎。きっとこれから注目されてバジェットも増えていきますなぁ。アイデアを大事に頑張ってほしい。

まー思うのは、映画の中なんだから最後にもう一捻りあっても良かったんじゃなかろーかということ。そしたら基本ネタがバレても、もう一段面白いっていう話にできたと思うの。そこは残念だなぁ(単に自分がネタバレして悔しかっただけ?いやいや、間違いなく面白くする方法はあったよ)。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

9月 2nd, 2018 at 10:54 am

Posted in Movies,Roadshow

Tagged with ,

2 Responses to 'カメラを止めるな'

Subscribe to comments with RSS

  1. 幸運にも ゾンビ物である、低予算である、長回しがある、ポスターの絵面だけ という前知識しかない状況で観れました。
    しかしこの映画、感想も書きにくいですね。どう書いてもネタバレになりそうで。
    キャッチコピーに「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」とありますが、エンドロールを観ながら「 あ、これで 三度目だ!」と思いました。

    プロデューサー役のおばちゃんの顔のインパクトは最強でしたw

    biomax

    2 9月 18 at 11:42:55

  2. 俺も早いとこ観に行ってればネタバレしなくて済んだかなぁと、その点はとても残念で。でも一言でネタが全部わかっちゃうって酷い。w
    実はあの裏でもう一つの事態が……っていうのを「一切解説しない」で流すっていう手があると思うんですよ。そしたらさらに深くなったかと。

    ei

    2 9月 18 at 12:36:47

Leave a Reply