若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘Travel’ tag

私だけのドリカム THE LIVE 行ってきた!

without comments


banpaku_02.jpg

さーて、ドリの夏フェスの季節です。

てことで今年も行ってきました、万博公園ライブ。場所はもちろん、大阪は万博公園。俺が行くことで心配だった天気も、晴れ女 よしだみに加えて超晴れ女 水樹奈々のおかげかぴーかん。もー焼けまくってあちこち痛いですわー。

今回のラインナップ、ダイノジのオープニングアクトから始まり、昨年も参加したLittle Green Monster、韓国アイドルグループWINNER、華原朋美と続いた後、スペシャルメドレーで近藤夏子、MACO、K、Ms.OOJA。さらに今フェス唯一のロックバンドNICO Touches the Walls、そしてやっぱりうまい水樹奈々。中でも見直したのは関根麻里の旦那という肩書きしか知らなかったK。ピアノで弾き語る「やさしいキスをして」は見事でした。あーいうのアリだなぁ。

そしてドリ。今回は「だけドリ」ライブだったのでそっちをかなーり期待したんだけど、まだアレンジ済んでないのかねぇ、どっちかというとDWLでやった曲が多くてちょっと残念。俺は「空気が凪いでゆく」中で「LOVE GOES ON…」が聴きたかったんだー!

ライブの詳しい内容に関してはこの辺にしっかりまとまってるよーなので、興味のある方は参照を。

banpaku_03.jpg

去年はかなり大変だった帰途は、今年はエキスポシティができたことで人が分散したよーで少し楽に。エキスポシティといえばガンダム!(違 なので、しっかり写真に納めてきましたよ。なかなかの出来です。

今年の夏はまだ始まったばかり。今週末は「うれしたのし大好き 2016 真夏のドリカムフェス」に参戦だー!

え、雨??(^-^;)

Written by ei

7月 12th, 2016 at 10:52 am

Posted in Music,Travel

Tagged with ,

沖縄紀行 2016 冬

without comments


a_w.jpg

今年も行ってきました。でももう一回行くかも。冬の沖縄は初めてだったなぁ。

dwl2016.jpg

ということで昨年末のドリのドームツアー DWL 2015 は今年「後夜祭」と称して小さなホールで数カ所行われております。まぁ「夕べ」ですな。曲数を少し削り、大きな仕掛けもなくなって「ギュッと凝縮」(よしだみ談)したライブ。でも派手な演出がなくホールライブってことは、歌に集中できて音もいいってことでもある。実際ライブはドームツアーよりも肩の力が抜けててとても良かった。行って良かったなぁと。

とにかく、これで俺のDWL 2015は終了。すでに「Love Goes On…」が聴けないって時点で個人的には不満の残る(笑)構成なわけで、もう今年の裏ドリに期待するしかありませんね!さぁ皆でLove Goesに投票を!
#まだ始まってませんw

  oki2016_01.jpg oki2016_03.jpg oki2016_04.jpg

で、それ以外の予定は別に立ててなくて、しかも俺が行くから?雨でしてね、2月の沖縄ってこんなに寒いのかーと改めて思うなど。写真もそんな天候だったのでミラーレスしか持って行かず、しかもほぼ撮ってないという。仕方ないのであちこちで食べ道楽だったり飲み道楽だったり。ソーキそばにステーキにフレンチトーストに竈焚きご飯にともうお腹いっぱい。体重計に乗れません。特に印象深かったのは、最終日に食べたレモンシュガー・フレンチトースト。フレンチトースト専用のパンに粉砂糖がかかってて、そこにレモンを絞って砂糖を溶かして食べる。もうこの味、病みつきですよ!

googlemaps.jpg そして今回は久しぶりに全日程の運転手を。最大で7人まで乗せることになってたので、大きな車を借りて(ステップワゴンだった)北へ南へ。空港、何往復したかしらん。さすがに疲れたけどやっぱり運転は嫌いじゃないなぁ。

それができたのはiPhoneとGoogle Mapsのおかげ。Google Maps、何が賢いって目的地を入れて出る予想時間がほぼ正確。渋滞予想してルートが赤くなって、さらになかなか動かない場合は推奨ルートを出してくれる。道を間違っても素早くリルートできる。ホント、このおかげであちこち行くのにほぼ予定通り動くことができた。もうカーナビはいらないなぁ。

そしてiPhone用の車載ホルダーも大活躍。オーキーのヤツ、800円しないのにしっかり固定されて画面もよく見れて操作もある程度はできる。音楽を流すのもトランスミッターは諦めて(今までいい音で鳴ったことがない)、台湾で買ったBluetoothスピーカーに。バッテリーの持ちが悪いのはアレだけどいい仕事をしてくれました。

自宅に帰ってもしばらくは続く沖縄食祭り。ソーキそばとか買ってるし、明日も楽しむー。

Written by ei

2月 10th, 2016 at 3:15 am

Posted in Gadgets,iPad,iPhone,Travel

Tagged with , , ,

USJで遊ぶ

without comments


usj_01.jpg

実は初めてでした。映画好きだしアメリカにある頃からずっと行きたいと思ってたのに、今まで行ってなかったのが不思議。

てことで先週金曜からライブもあって大阪へ。07:00の新幹線に飛び乗って9:30には到着、ホテルに荷物を置いて一路向かった先はユニバーサル・スタジオ・ジャパン。

思い出してみるとユニバーサル・スタジオのことを知ったのは、たぶん小学生の頃。母方の祖父がアメリカに旅行したときに行ったという話を聞いて、その内容とかにとてもわくわくしたのを覚えてる。日本にやってきてもう14年目?だというのに今まで行けてなかったのは、こっちに移ってきてたからとかいろいろ理由はある。で、今回はライブのついでにせっかくだから行くかーと。噂のハリー・ポッターエリアも見たかったしね。

usj_02.jpg usj_03.jpg

印象的だったのは町並みの作り込み具合。をー、あめりきゃーん、て感じで、ちょっと古いアメリカのイメージが再現されていて、それらは見ていて面白い。あと「書き割り」、つまり背景画がまた良くできてて、なるほど昔はこれをバックに映画作ってたのかーと。

アトラクションはどれもそれなりに面白い。ポイントはそれぞれのアトラクションの映像にちゃんと普通のキャストが出ていること。「ターミネーター」にはシュワちゃんはもちろんリンダ・ハミルトンもちょっと歳食ったエドワード・ファーロングも出てたし、「B.T.T.F」にはクリストファー・ロイドも。ただやはりコンテンツとしては古くなってしまうところが辛いところで、続編のある映画はアップデートを、そうでないものは変えていくとかしないとキツくなるなぁと。そーいう意味では昔ながらの「バックドラフト」や「JAWS」の方が案外楽しかったかも。あと「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」にはやっぱりスタン・リーがいる(笑)ので探してみよう。

usj_04.jpg

そして一番の目玉はやはり「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。長い森の道を越えてホグズミート村へ入ると雪が残る別世界。そしてその先にホグワーツ城。まぁ実寸大じゃない(当たり前)ものの、パースをよく考えて作ってあるし、中に入るとさらにしっかり作り込んであり、喋る肖像画とかもあったりして楽しい。ライドは途中止まるというトラブルはあったものの上下左右に揺さぶられて臨場感いっぱい。まぁこれなら乗っても楽しいな。

すでにフロリダには「ダイアゴン横丁」が増設されているそーで、きっと日本にもそう遠くない将来増えることが予想できる。オリバンダーの杖屋や書店もきっとそっちに移るだろうし、今度はそれができた頃に行くかなぁと。

意外だったのは案外閉園時間が早いこと。19時終了って、夜パレードとかもないのか、平日。でもまぁ見るかと言われればそーでもないような気もするし。(笑)

てことで久しぶりの遊園地、楽しく遊んできたというお話でした。

Written by ei

7月 6th, 2015 at 1:03 pm

Posted in etc,Events,Movies,Travel

Tagged with , , ,

台北の日々

without comments


taipei2015_01.jpg

さて台北の街中はといえば、今年もいつもの男二人でバカ旅行なので、美味しいモノを食べたりはほぼなし。ホテルが西門の近くだったので、初日は光華商場、あとは西門で過ごして夜市にも行かない始末。w まーいいんだけどね。

IMG_7818.jpg taipei2015_02.jpg

初日に行った光華商場の隣にできたビル「SYNTREND 三創生活園區」がまさにヲタクのためのビル(笑)で、ケータイ(メーカーもキャリアも)売り場、電気関連の雑貨、カメラ、プラモ&フィギュアという非常に濃い感じ。雰囲気は蔦屋家電に近いかなぁ。

taipei2015_03.jpg taipei2015_04.jpg

特に一番上にはコトブキヤの正規ディーラーとか、GBT(ガンプラ・ベース・タイペイ)とかあって、とうとう台北にも進出したかと。

映画はしっかり2本。「瘋狂麥斯:憤怒道(マッドマックス 怒りのデス・ロード)」と「復仇者聯盟2:奧創紀元(アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン)」。マッドマックスがマジで凄い!オススメです(あとで書く)。

taipei2015_05.jpg taipei2015_06.jpg

あとはAranzi Bistro。Facebookでできたとは聞いてたんだけど、実は以前迷って行ったけど予約無しで門前払いを喰らった本店がBistroになってたのねと。メニューは確かにピザとかプレートメニューとか。お土産買いたかったけどそれっぽいものはなく……。どうもこの店とは相性が良くないらしい(いつ行っても言葉も通じない(泣))。

まぁそんなわけで今月も「毎月旅行」の目標を達成……でもそろそろ疲れてきたから8月からはのんびりするかなぁ(すでに7月は予定があるw)。

Written by ei

6月 7th, 2015 at 12:38 am

6月までに欲しいモノ

without comments


クリップオンストロボライトディフューザー
BounceLite/バウンスライト
売り上げランキング: 233,746

今年のCP+に出品していたBouncelite、実はちょっと欲しい。

前に使ってたディフューザーもCP+で見かけたヤツで、ソフトなプラ板を広げて付けるタイプ。安くてそれなりにいいんだけど幌の部分がとてもデカくなるのがちょっといただけない。今回のはKickstarterで無事商品化にこぎ着けたアイテムで、プロのカメラマンが開発に関わってるそーな。フォトキナなんかにも出品しててそれなりに評価が高いみたいで。

bouncelite.jpg

これが当日、Bounceliteを付けて撮影したものをそのままJPEGにしたもの。比較画像がなくて、しかもモデルさんがイマイチ(失礼)なんだけど、よく光が広がってて、デコとか手に持ってるハガキもテカらずに撮れてる。バウンスドアを開けて撮影するとバウンス撮影も可能。ストロボの首を自由に動かすことができるのでいろいろな確度から光を当てることができるのもポイント。やっぱモデルさん撮るには必要ですよね、ディフューザー。

ただまぁ値段がかわいくないんだよなぁ。クリップオンストロボがひとつ買えちゃうレベル。欲しい……けど、最近出費が多い身としては悩ましい。

Written by ei

5月 6th, 2015 at 12:22 pm

激安Peachで福岡行き決定

without comments


peach.png

なんという安さ……。

今年は1月から毎月どこかに行ってて(1月帰省、2月タイ、3月台北、5月沖縄、6月台北)、4月どーしよーかなーと思ってたら、なんとGW期間にかかるというのにLCCのPeachが激安、片道4,790円(税別)。まぁ荷物預けることにすると7000円とかになっちゃうんだけど、バックパックひとつで移動するなら問題なさそう……てことでぽちっ。

時期的にはMacBookはもう運用開始してるはずで、さらにApple Watchも出た直後ということで、両方持ってってフィールドテストしようかと。未だに時計がどれくらい使えるもんかわからないんだよねぇ。これはもうある程度シーンを想定して使い倒してみるしかないってことで。

ちなみにPeach、同じ時期で福岡ー沖縄が4,290円、札幌にいたっては3,990円とさらに激安。北海道行ったことないからそっちか?とも思ったんだけど、いろいろあって福岡にしました。東京ー福岡ー沖縄ー東京ってルートもちょっと考えた(笑)けど、まぁ5月に行くしなー。

てことで4月の予定は決まり。福岡でボクと握手!(お約束)

Written by ei

3月 24th, 2015 at 10:14 am

Posted in Travel

Tagged with

Vietnam Day:アジアを感じるベトナムの日

without comments


DSC_6373.jpg

ある意味、これまでで一番アジアだなーと感じたのはここ、ベトナムの地でした。

ということでタイの3日間は終了。名残惜しいけど仕方ない。そして今日はトランジットで10時間ほどベトナムに寄ることに。ベトナムと言われて最初にも出すのは「グッドモーニング・ベトナム」な俺の脳。(笑)あれはたしかホーチミンの街だったはず。今回訪れるその街は果たして映画とどれくらいイメージが違うのだろうか。

DSC_6317.jpg DSC_6321.jpg

空港から市街地までは路線バスで移動。番号は「152」番。早々に見つけて駆け寄ってみると運転手もおらず、どーやらどこか故障して直している様子。はて、このバスは出るんだろーかと思ってたら、やっぱり他のバスがやってきた。乗り込もうとすると運転手に止められ、どこかに行ってしまった。うーん、なんだろうこのてきとー感。それでも10分ほどでバスに乗り込み、なんとか出発……ってこの街、信号機がないよ!車もバイクもバスも好き勝手にガンガン走ってる。うわー。目的地である右側の写真のベンタイン市場の周辺ももちろん信号なし。観光客は車の切れ目を見計らって、左右6車線くらいある道路を横断していかなきゃいけない。……怖〜。

DSC_6322.jpg DSC_6324.jpg

市場内はかつては生活のためのものだったんだろうけど、今はもう観光客相手のものがほとんどなのだろう。価格もほぼ観光客価格で、フォーが50,000ドン(280円)くらい。お土産に買えというコーヒーは1000円くらい、Tシャツも最初から思いっきりふっかけられる。しかも恐ろしいことに「本物はほぼ何もない」。(爆)だってお店にはふつーにブランドものが並んでるんですぜ。「コピ・ルアクあるよ」と言われても、それ本物?と聞かざるを得ない(どーいう答えが返ってくるのか興味あるなぁ)。

DSC_6356.jpg DSC_6346.jpg

19世紀に建てられたサイゴン中央郵便局は現在塗装工事中で……なんだ、この色は?内装も整備中で、写真で見たのとは印象が全く違ってしまってた。どうやら街中でいくつか同じ色に塗り直してるよーで、19世紀の面影が失われていく……。

DSC_6358.jpg

そして同時期に建てられたサイゴン大教会。……ここも塗り直しちゃうんだろうか。まだ古いレンガのまま、趣のある景色。時間が遅くて中に入れず、ステンドグラスが見れなかったのがちょっと残念。

このあともう少しふらふらと歩いて夜市を覗き(ベンタイン市場の中のお店が外に出てきた感じでやっぱり観光客向けか)、タクシーに乗って空港へ。短い滞在だったのはちょっと残念。帰りのタクシーの中から見ると、街中にいろいろ面白そうなところもあったんだけどなぁ。こうしてタイ〜ベトナム4泊6日(機中1泊)の旅は終わったのだった。

やっぱり旅は楽しい。行くまではいろいろ不安もあるけど、行ってしまえば刺激的で楽しさの方が勝る。アジアの国は安くて行きやすいのもいいよね。次はフィリピンかマレーシアか、それともアンコール・ワットを見にカンボジアか。とりあえずタイにはまた行こう。

旅行その他の写真はFlickrにアップ。ほぼブログに使ってるけど、使ってない写真もあったりするかもなのでてきとーにチェックしてね!(うふw

Written by ei

2月 10th, 2015 at 1:44 am

Posted in Camera,Travel

Tagged with ,

Thai Day3:キンキラキンな寺院巡り

without comments


DSC_6174.jpg

栄枯盛衰を実感できた日。

3日目はちょっとのんびり起き出して、市内の寺院巡り。バンコクへ来たら行かなきゃ、なワット・ポー、ワット・プラケオと王宮へ。

DSC_6150.jpg DSC_6157.jpg

有名な寺院は王宮周辺に集中してる。しかし交通の便が悪く、電車やモノレールは来ていないので、水上バスを利用することに。しかし写真のワット・アルンは対岸で、回り方に失敗して時間がなくなり、諦める。まぁ次があるさ。

さてワット・ポーはトップの涅槃像が有名で、まぁこれがデカい。……ても日本人は大仏ってものを見てるのでそこまで驚かないかもしれないが、それでもやっぱりデカい。そしてキンキラキン。(笑)かつて日本の大仏も金色だったって聞くけどね。ここまでデカくて金色だとやっぱり迫力あります。

DSC_6216.jpg DSC_6226.jpg DSC_6236.jpg

そしてワット・プラケオ。さすが王宮に付随する寺院、超絶的にキンキラキンであります。つーか形はほぼ同じということは、アユタヤはかつてこうだったんだろーなーと思うとやっぱり胸が痛い。栄枯盛衰だなぁ。ちなみに左の写真の3つの塔の一番手前、金色なのは真ん中の写真を見るとわかるように実はタイルを貼り合わせたようになってるんですな。なるほどー。

DSC_6228.jpg

もうこれなんか、超絶的にキンキラキン。(笑)「ふえっ」と口をあんぐり開けて眺める以外、何もできなかったというわけでした。

DSC_6263.jpg DSC_6264.jpg

そのあと王宮を眺めて、路線バス〜BTSでホテルまで。路線バス楽しいな、値段と行き先さえ間違わなきゃ。(笑)そーいえばこれまで台湾、北京、タイ、ベトナムと路線バスに乗ってる。どこの街でも路線バスに乗ろう!と思うのは安いのもあるけど、iPhoneで情報収集ができるおかげ。行き先考えて検索して移動、地図見て間違ってたらどこかで降りて歩くなりまたバス捕まえるなりすればいいしね。実は今回も乗ったバスは目標地点まで行かず(笑)、30分ほど歩いて移動したんだけどそれもまた楽しい……と思えるのがバスの旅。

まぁそんなわけでタイの旅は終わり、翌日はトランジットでベトナムなのでした。

Written by ei

2月 9th, 2015 at 1:36 pm

Posted in Camera,Travel

Tagged with ,

Thai Day2:アユタヤ

without comments


DSC_6058-Edit.jpg

今回の旅のハイライトはここですな。これだけの文明がなんで滅びちゃったんだろうなぁ。

2日目はアユタヤへ。ここは14世紀から18世紀半ばまで続いたアユタヤ王朝のあった場所で、バンコクからは電車で2時間弱、タクシーやバスで1時間ちょっとの距離にある。詳しくはWikiあたりを見てもらうとして、アンコールワットのあるクメール文化の影響が強い、美しい寺院が……かつてあった場所だ。それらはすべて破壊され、仏像の首は跳ねられ、バラバラになっている。「瓦礫の山」「レンガの塊」と興味を示さない人もいるそうだが、写真を撮る身にしてみればここは撮影スポットの宝庫。朽ち果てた寺院の姿には感動を覚える。

DSC_6011.jpg DSC_6016.jpg DSC_6036.jpg

最初に見たのはワット・ラチャブラナ。現在メインの寺院は修復中らしい。この手のものはどこまで直したものかというのもあるよなーと思いつつ、地下の壁画なんかに感動したり。

DSC_6097.jpg DSC_6079.jpg

そしてトップ画像の、木の根に覆われた仏頭が有名なワット・マハタート。そう、これもまた戦禍のあと。広い寺院内にはいくつかしっかりした仏像もあるが、それらは現代になって修復されたもの。寺院の高い壁の上にあるレリーフまですべて破壊尽くされている様は、戦争の悲惨さが伝わってくる。空しさしか残らない。

DSC_6125.jpg

そして3つの仏塔で有名なワット・プラシーサンペット。他の寺院に比べて比較的しっかりと形が残っていて、どのような文明だったかがわかりやすい。すぐ横にはアユタヤ王宮も。

この翌日、バンコク市内で現在の王宮と寺院を見て回ってさらに衝撃を受けたりするんだけどまぁそれは明日。とにかくここはいい。駆け足で数時間で見て回ったものの、まだ見れてないところもあるし、ライトアップする寺院もあるそーな。やっぱりこれは夜景撮影用の装備なんかも揃えてもう一度、今度は泊まりでくるしかあるまい。3日いると飽きそうだけど、一泊二日でゆっくりはアリだなー。

Written by ei

2月 8th, 2015 at 12:15 am

Posted in Camera,Travel

Tagged with ,

Thai Day1:水上マーケットとメークローン駅

without comments


DSC_5904.jpg

タイ着は31日の夜だったので、2/1が観光初日。まー実に観光地でありましたことよ。

この日は我々を「呼んだ」(笑)kawaさんも合流して、タイの西部へ。水上マーケットと線路上マーケットを撮影に。現地まで行くにはいろいろと手段はあるらしいけど、3人いればタクシーの方が便利だろうってことでタクシーと交渉することに。タイのタクシーの多くはこちらが観光客だと知っててぼってくる。現地人(笑)なkawaさんに交渉を任せて3台目でよーやくゲット。片道だけの予定で捕まえたんだけど、結局往復走ってくれることになった。ちなみに高速飛ばして片道1時間ちょっとかかるところを往復で2000バーツ。3で割るから一人2400円程度ってところ。200キロを超える距離と考えればまぁ安いよね。

DSC_5885.jpg DSC_5890.jpg

水上マーケットはホントに観光地で、ボートに乗ってるのはほぼ観光客。エンジンは車のものをそのまま取ってつけてあり、これが右の写真の水路を爆走する。ちょっとしたジェットコースターみたいなアトラクション……あ、ジャングルクルーズか、そうか。

DSC_5915.jpg DSC_5913.jpg

こんな感じでボートに乗った人たちが品物を売ってたり、岸のお店で買ったりするんだけど、見事に観光地価格。Tシャツ1枚、バンコクで買うと100バーツのものを600バーツとか平気で言う。(笑)ただ考えてみればそれくらいのお金はタイの経済を回すという意味で、観光客は出すべきって気もするわけで、でもそれでまた観光地の品物の価格が上がっていくってのも悪循環だし。ここらへん、考え方ですかね。

DSC_5933.jpg DSC_5932.jpg

さて観光地に疲れた一行は、続いて最近では有名になった線路の上で商売しているマーケット、メークローン駅へ。右側、人がいっぱいいるけどこれが駅舎。真ん中に線路あるよね。ここに列車が入ってくるというわけ。

DSC_5943.jpg DSC_5952.jpg

普段は左のようにテントが張られていて、線路上を人が歩いてモノを買うわけだが、列車が来る時間になると一変。左右のお店が品物を片付け始め、テントも取り払われて……線路、見えましたね(それ以上に観光客がたくさんいるのがわかるけど)。

DSC_5955.jpg DSC_5963.jpg

そしていよいよ列車が!わーい、怖い。(笑)カメラ構える観光客の間を警笛を鳴らしながら走ってくる。ギリギリ。あ、ちなみに俺、写真撮ってたらはみ出してたみたいで警笛鳴らされまくり、列車と追いかけっこしてしまいましたよ。(笑)いやぁ、しかし面白かったなぁ。

こちらの方は列車が来る時間が限られていることもあって、まだ市場の雰囲気がしっかり残っていていい感じ。ただこれから先はわからないなーと。外貨を稼ぐためにはそこにお金を落として行く人たちが必要で、それはつまり観光地が必要なのだよね。このバランスが上手に保てるかというところが、これからのタイの課題なのかもしれず。

Written by ei

2月 7th, 2015 at 12:15 am

Posted in Camera,Travel

Tagged with ,