若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘Mobile’ tag

Computex 2017は踊らない

without comments

computex2017_01.jpg

辣妹の踊らないComputexなんてComputexじゃない!(T-T)/

一応メインのイベントはいつもの台北 Computex。記事はあちらにアップされてるのでそっちを読んでいただくとして、やっぱりここで書く記事は小姐とか辣妹とか……。まぁ毎年のことだし今年も張り切って行くかーと……思ったら。今年のComputex、踊ってない!

遡って見るとComputexに行き始めたのは2009年。もう9年目かー(遠い目)。PC関連のイベントなのになんで行くのかと言えば、iOS機器とかMacの周辺機器がたまーにあったり、次期iPhoneのヒントがあったり、台湾が好き!だったりしたわけだが、まぁそれでもおねぃさんが踊る展示会というある意味変な場所が好きだった訳で。それがなくなってしまうとなんだか寂しい限りで。最初の2日間、連休〜連休明けだったから人が少なかっただけなのか、それとも踊らない展示会はカメラ小僧が少なくなるってことなのか。

DSC_8557.jpg DSC_8562.jpg

まぁそれでも綺麗どころはある程度押さえてきましたよ。(笑)まだ画像は整理中なので2枚だけアップしとくー。

computex2017_02.png computex2017_03.jpg computex2017_04.jpg

ああ、そしてもう一つ。2015年、2016年はv-Colorの辣妹の一人だった彼女(2015年の写真は一番撮ってたw)、今年はタレントとして独り立ちしたよーで、別のところでピンで張ってました。壯壯 / Ula Shenという名前で、Facebookページ見ると歌まで歌ってますよ!いやぁ、成長を見るってのは凄いことだなぁと。上の写真、2015年はまだちょっとイモっぽいねぇちゃん(左)が、2016年には自信を持っていて、2017年ではタレントの顔。まぁ応援しましょう。(といいね!を送る)

来年で10年目かー。まぁ成熟してきたってことなんですかね、イベントとして。来年が節目になるのかもなぁ。

Written by ei

6月 5th, 2017 at 11:51 am

MacBook Pro 2016と1ヶ月

without comments

macbook_pro_2016.jpg

もう1ヶ月が経過したのかーというか、帰省にも持って帰らなかったんであまり使ってないっていうか。贅沢な悩み。

mbp_2016_01.png

てことでMacBook Pro 2016、1ヶ月の一番の好印象は「処理能力が高い」って点。お借りしたディスプレイの評価でもとても快適な感じで利用できた。吊るしのふつーのモデルなのに、iMacと変わらないか早い感じがするのは進化のおかげか、 それとも新しい機種に対するプラセボ効果か。(笑) メモリもiMacよりは少ないのに(あ、メモリの接続状況を表示するパネルがなくなってるw)、処理に不満を感じることはないですな。これならメイン機種をこっちにしてiMacを売り飛ばして(笑)、デュアルディスプレイにもう少しいいの(SW2700PTとか……いや、やっぱり解像度は欲しいなぁ)使えばそれで運用できそうな感じ。

mbp_2016_04.png

ただメインにするには吊るしモデルのストレージ256GBはやはり少ないかも。本体にはソフトのみで全てのデータを外付けHDDにするとかしないとダメかなぁと。あ、iCloudにデータは全部置くって手もあるか。あと地味に効くのはイーサの有無。Wi-Fiだけだといろいろ問題が(特にうちのWi-Fiは不安定)。

mbp_2016_02.jpg

気になるのはキーボードとトラックパッド。MacBookの小さなキーボードに慣れてしまったせいか、MacBook Proのキーボードはちょっと大きめで、ブラインドタッチだとミスタッチが多い。あとトラックパッドは大きくなりすぎてパームレストに手のひらを当ててキーボードを打ってると当たってしまう。ま、このへんは慣れですかね。入力時は手首をしっかり上げて使うとかすれば問題ないか。

そしてやっぱり、未だにちゃんとした使い道を見出せないままのTouch Bar。ファンクションキーが可変であることの有意義さがわからないというか、対応ソフトの問題ともいうのか。この部分をもっと活用できるソフトが出てくれば使い道も変わってくるんだろうけど、現状では宝の持ち腐れ。なんか普通に使っててSiriボタンに当たっちゃったりして、必要ないときに起動してくるし……カスタマイズして使えばいいのか。BetterTouchToolならアプリごとにカスタマイズもできるみたいだけど、もう使わなくなったしなぁ。

ところでTouch BarのSiriボタンてなんでトグルしないんでしょうね。1回押して起動、もう1回押したら消えて欲しいのに。わざわざ消すのにescキーって面倒。

mbp_2016_03.jpg

ちなみにうちの環境では、レガシー環境との接続にはMacBook用に購入してたSDカードも読めるアダプタと、HDMI出力とUSB/USB-Cがついた2つを使い分け。黒い方がHDMI端子付きの新しいので、USB-Cもついてるんだけどこれに電源アダプタを挿すとなぜかHDMI表示は切れる。w 一つにすればいいんだろうけど、わざわざそれを買うほどでもないというか。

まぁ以前の機種より軽くなったってことで、これからは取材にもこっちを持って行くかなぁと。そーなるとやっぱりMacBook(小)の役目がなくなっちゃうんだよな。……売るか。

OSがバージョンアップするとバッテリー問題が改善されるそーなので、そっちに期待しながらとりあえず評価は65点てとこですかね。合格点だけどもうちょっと進化が欲しいな。これからもっと仕事に活用していかねば。

Written by ei

1月 15th, 2017 at 1:05 pm

Posted in Apple,Mac,Mobile

Tagged with , , ,

AirPodsを前にもう一度考えるBTイヤホン ヘッドホン

without comments

ear_01.jpg

気がついたらこんなことになってた!(爆)いやぁ、増えるねぇ、音系のものは、価格も手頃だし。(^-^;)

airpods_.png

てことでギリギリ年内、しかもホリデーシーズンに間に合ったAirPods。もっとも米国の多くの親たちはとっくにクリスマスの買い出しは終わってるんじゃないかとか思うわけだが。w 今度こそまともに届きますかねぇ。今年はホントに、Apple運がなかったからなぁ。

実はこの間のAmazonのサイバーマンデーで、「また」Bluetoothのヘッドホンを買ってしまい。(爆)
#あまり大きな声では言えない……

いやぁ、あの時点では年内には発売されそーになかったし、オーバーヘッドのヘッドホンも欲しかったし、引きこもりだしサイバーマンデーだし……ねぇ。(そこで同意を求めないw) で、この際だからうちにあるBTヘッドホン、イヤホンをずらっと並べてレビューしてみようかと。あくまでも主観なので人によっては「これは違う!」というのもあるかもしれないけど、まぁAirPodsは高いぜ!という人はまぁ参考程度に。少なくともiPhone 7シリーズを使ってる人は、絶対ワイヤレスが便利ですよ(断言)。

ear_02.jpg

まずは今回買ったAudioMX MX10。ここ何年もオンイヤー型のヘッドホンは買ってなかったんだけど、価格の割におしゃれなイメージでこれなら外に付けてってもいいなと思ってポチ。値段もサイバーマンデー価格で1,000円ほど安かったし。

iPhoneに接続して聴いた最初の印象は「あ、失敗したか?」 思ってたより音が軽くて低音が弱い。しかし音楽アプリでBass Boosterを効かせたり、HF PlayerでPerfect SettingのBass強調イコライザーにしてみたらそれなりに聴ける感じに。もっともオンイヤーということであまり大きな音で鳴らしてると外に音漏れがしそうなので気をつけたいところ。音量とかその辺を考えるとロックよりJ-POPとかアニソンにはとても相性が良さそう。

このヘッドホンのいいところはまず本体の重さが145gと軽く、それなのに外装がメタルでちょっと高級感があること。そして何よりバッテリーの持ち時間が12時間。実際、ここ3日くらい外で聴いたり家の中でも聴いたりしてるけど、iPhoneに出てるバッテリー表示はちっとも減らない。もう少し鳴らしてみて、エイジングを進めてみたいところ。

ear_03.jpg

続いてAukeyのスポーツイヤホン EP-B4。これも確かセールになってたときに購入。防汗、防滴ということで「防水」じゃないんだよね、実は。イヤホンなのでもちろんとても軽い。音質は、まぁ当然ながらこれが一番良くなくて、バッテリー容量もあまりないので2時間くらいで切れてしまう。これはBTの仕様が古いに違いないと思ったんだけど4.0だと。……それで2時間持つかどーかってどんだけバッテリー容量少ないんだと。まぁ軽くて安くて壊れてもいいやーくらいの気持ちで買うのが正解か。

てかすでにAukeyはこの製品をAmazonには出荷してなくて、幾つか出してるBTイヤホンはどれも3,000円を切る値段。デザインも改善されておっしゃれーな感じになってるので、買うならこっちでしょーかね。

ear_04.jpg

1年半前に買ってた、これまたオーバーヘッドのBTヘッドホン TSdrena AUD-BSHDP01。Amazonではすでに売ってなくて、今はノイズキャンセリングタイプが売られてます。なんで買ったんだっけか……と思い出してみると、どこかで「値段の割に音がいいBTヘッドホン」として話題になってたんだった。実にプラスチッキー(笑 でも一応つや消しにはしたらしいw)で、でもおかげで軽くて密着型。デザイン的には外にはあまり持って行きたくないかもなぁ。

音質は確かにこの値段で考えると確かに悪くない。MX10より滑らかで気持ち良い音(エイジング効いてるからかも?)。iMacに接続して使ってるけど、音の遅延も問題ないレベルだしバッテリーも持つ。ただApt-Xで接続できるはずなんだけど、iMacからは決してつながりません。何度試してもダメ。

BTでノイキャンということを考えると、今売られてるコレもありえないコスパ。坊主先生とどれくらい違うもんか試してみたいところだけど、今は買えません。w 誰か買って試してみて。

ear_05.jpg

音質として一番好きなのはやっぱり一番長く使ってるオーテクのアンプ内蔵BTレシーバー AT-PHA05BTと、重低音仕様のイヤホン ATH-CKS55i BKのペア。もう傷だらけですな。レシーバーはイヤホンとセットの方が安いんだけど、付属のイヤホンはフツーのなので注意。

BTレシーバーの仕様は2.1と古く、音の遅延も出がちなんだけど音楽専用なら問題なし。それより30mW×30mWのヘッドホンアンプの方がポイント。「ド」Bassとでも言えばいいのか、元の音なんて気にしねぇ!的な低音の出方(これはイヤホンの性質にもよると思う)はもーヘビメタとかハードロックに最適。

audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT
オーディオテクニカ (2011-11-18)
売り上げランキング: 45,768
audio-technica iPod/iPhone/iPad専用インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKS55i  BK
オーディオテクニカ (2011-05-20)
売り上げランキング: 56,330

ただやっぱりレシーバーは胸の位置、イヤホンまではケーブルっていう方式になってしまうので、歩きながら使うとケーブルのタッチノイズが気になってしまう。SHURE掛けすればかなり軽減されるんだけど、このイヤホンはそれができないタイプ。ケーブルレスが主流になりつつある現在(というかEARINとかで体験してしまったら)、もう戻れないかなぁとも思う。

ear_06.jpg

そして現在メインのイヤホンになってるEARIN。これを基準にしてしまうとAirPodsの音の評価はかなり厳しくなるだろうなぁというのが感想で、それくらい素直ないい音。やはりバランスド・アーマチュアタイプだからってのもあるかもしれない。ま、価格的にも圧倒的(紹介したの全部足したくらい)だしな、うん。

気になるのはバッテリーの持続時間。まぁ仕方ないとはいえ3時間持たないのがねぇ。普通に行動するときは3時間続けて使わないんだけど、旅行に行くときとかには多分もたないんだなぁ。あとなぜか左側が充電できなくて繋がらなくなる不具合が。レシーバー側が左なので、これが繋がらないと音が出なくて困る。

値段も結構こなれてきて、しかもブラックタイプが出てる。いいなこれ。w

まぁそんなわけで、BTイヤホン/ヘッドホンはこんなにありました。(^-^;) さらにAirPodsが加わるけど、EarPodsと同じレベルの音だったらレギュラー落ちもあり得るかも?という状況。さてさてどーなりますことやら。レビューは来週。

Written by ei

12月 15th, 2016 at 2:12 pm

Suicaアプリで新規発行が正解かな

without comments

suica_01.PNG やっときたよー、思えば長い道のりだった。

てことで今日早朝からiOS 10.1が配信されて、Apple Payの利用が開始された。TwitterのタイムラインもFacebookのフィードもこの話題ばかり。サーバが落ちてるとか調子悪いとか言ってたから今日はパスしよーかなーと思ってたけど、読んでるとやっぱり登録してみたくなってきた。(笑)

さてここで最初の問題。Suicaはチャージができるんだけど、チャージをするためにはApple Payに登録したクレジットカードが必要よね?てことはクレジットカードが通る(登録できる)かどうかを確認した方がよくね?

まずはApple PayにメインのJCBカードを登録……登録……あれ、通らないや。(T-T) JCBは使えるんじゃないのー、なんでー?と思ってたら、どうやらカード会社が対応してるかどうかが問題のよーで、メインカードのライフカードはまだApple Payに対応していないらしい。うーん。

仕方ないのでまーったく使ってないサブカードを引っ張り出して登録。こちらはオリコなので無事通って、認証もSMSでさくっと完了。QUICPayが自動的に割り当てられて、クレジットカードの登録が無事完了した。これで支払いできるよね。

さて次の問題。Suicaの登録をするのにちょっと考える。というのも例えば何かあったとき、「素のSuica」はいらないだろーかということ。今日みたいにサーバが混乱してたりしてモバイルSuicaが使えなかったりするとやばいんじゃね?と。WalletからSuicaを読み取らせて登録してしまうと残高は繰り越されるものの、今使ってるSuicaはただのプラスチックのカードになってしまう。やはりもしものときのために今までの物理的カードも残しておきたい。

suica_02.PNG suica_03.PNG suica_04.PNG suica_05.PNG

実は今日から配布が(ひっそりと)始まった「Suica 」アプリを使えば新規にSuica発行ができるらしいという記事を見て、よーしこれダウンロードして新規に作るべと。

SuicaアプリでもSuicaカードの取り込みができるらしいのだがここは新規発行を選び、記名式Suicaを発行してもらうことに(2枚目画像)。メールアドレスとパスワード、名前、生年月日、電話番号くらいを記入していけば、簡単に発行完了する。

そして支払い方法。ここで「ご登録いただいたクレジットカード」か「Apple Pay」を選ぶことができるんだけど(3枚目)、このクレジットカードはApple Payとは別のものをSuicaアプリで登録できる。しかも先ほどApple Payで通らなかったライフカードのクレジットカードでも登録可能なのだ。ということはApple PayではなくSuicaを普段の支払い(コンビニとか)に使いたい人は、Suicaアプリでカードを登録しとけばSuicaが使えるってこと。カード会社がまだApple Payに対応していない人はこちらを利用するのが正解かと。……俺、これならApple Pay側の登録は必要なかったかなー。(^-^;)

もちろんSuicaアプリから登録したカードはエクスプレスカードに登録されることで、Touch IDを使わないで改札を抜けられるようになるので問題ない(はず。試してないのでアレなんだけどw)。現状、カード会社がApple Payに対応していない人はこの方法でSuicaを登録しよう。

これで今まで使ってたSuicaは予備カードとしてお財布の中に入れっぱなしで、普段はiPhoneで改札を抜けられるようになった(はず!w)。カードを入れるケースを探す日々もこれで終わりだー。

<追記>

支払いカードの登録できないよーという話があって聞いてみたら、無記名式のカードを選ぶとApple Pay以外は利用できないそーな。記名式にしとくとポイントがついたりとかするみたいだし住所はいらない程度で簡単なんで、こちらをおすすめ。

Written by ei

10月 25th, 2016 at 2:46 pm

Posted in Apple,iPhone,Mobile

Tagged with , ,

あえて無加工で出してみるiPhone 7 Plusの写真

without comments

odaiba_01.jpg

ここまでいい画が出たらやっぱりもうコンデジはいらない感じですねぇ。あー、あえて無加工なのでクリックすると大きな写真が表示されます。

てことで久しぶりに晴れた週末、お台場までポケモン狩りに。(笑)減った減ったと言われるけれど、まだまだプレイヤー人口は多いですなー。錦糸町からは都バスで一本なんで、狩りながら行けてしかも最安なので実は便利。

odaiba_02.JPG odaiba_03.JPG odaiba_04.JPG

まーお台場ですからもちろんここで写真を。これもまた無加工で、後ろの2枚は望遠側で撮れてます。3枚目の写真はお気に入り。w 数百枚の単位でガンダム撮ってきたけど、iPhoneでここまで撮られたらなー。

そーいえばiOS 10からRAW撮影ができるよーになったんだっけ(標準アプリでは不可。先日紹介したProCam 4で撮影可)。そっちでも撮ってみればよかったなー。

そんなわけで、画質の確認とか加工素材になれば。

Written by ei

10月 16th, 2016 at 1:59 pm

Posted in Apple,Camera,iPhone,Mobile

Tagged with , , ,

SIMを1枚増やしたい

with 2 comments

iPhone7/7Plus入門・活用ガイド (マイナビムック)
松山 茂 矢橋 司
マイナビ出版 (2016-10-18)
売り上げランキング: 157,376

10/18発売なのでひとつよろしくお願いします。

iPhone 7 Plusが落ち着いてきて、iPhone 6が手元に戻ってきた。欲しいと言われたりしたけど、ちょっと考えてることがあって(ごめんよー)。というのも今回、上のiPhone本を改訂するにあたって、音声通話に関わる部分とかSMSとかiPhoneを相手にしたサービスのスクリーンショットを撮るときに困ったりしたので、もう1台、音声通話も使えるiPhoneが欲しいなーと。

で、悩ましいのはどこのSIMにするかということ。予備回線で使わない月も多そうなのでできるだけ安く維持できるものが良い。IIJMioのSIMを増やすことも考えたけど、できるだけ安くという目的からするとあまり良くない気もする。

iPad Proで使ってる0 SIMでいいかと思ったけどどーやらこのSIMは一人一枚しか持てないらしい。mineoは半年間データ通信料無料キャンペーン中でau回線も選べるからこれでもいいかな……。でもLINEモバイルとかにするとFacebookとかTwitterはデータ消費ゼロで使えるらしいし……と、最近乱立気味のMVNOのどこを選んでいいか全然決まらない。うーん、キャリア時代にも料金体系わかりにくかったけど、バラバラになってまたわかりにくくなってきたなぁ。

いろいろ調べてたどり着いたのはDMM Mobile。通話SIMプラン、1GB/月で1,260円。通話がついてるとどーしても1,000円を超えてしまうのは仕方ないか。まーAmazon限定で初期費用を安く抑えられるSIMを売ってるよーなので、これを購入すれば良いか。
これ、表示はデータ専用になってるけどAmazonのページで切り替えられます。

まーそんなわけで回線が一つ増える予定ですが、別に予備回線なので使いません。(笑)

Written by ei

10月 14th, 2016 at 8:54 pm

Posted in Apple,iPhone,Mobile,SIM

Tagged with , ,

iPhone Renewプログラム

without comments

renew_02.png

iPhone 3Gから7 Plusまで10台のiPhoneを買い続けてきたけれど、さすがに使わない端末をいつまでも持っとくのは勿体ない。ソフトバンクのMVNOが出てくればサブ機にできるかなと思ってたけど、いつまでも出てくる気配もなし。そして古い端末はどんどん価値がなくなっていく……ということで、そろそろiPhoneを処分することにした。

Appleは「Apple Renewプログラム」というリサイクルプランを持っていて、古い端末を買い取ってバラし、新たな製品に利用するという。iPhoneだけでなくiPad、Mac、iPod、さらにWindowsパソコンも他社製スマートフォンでも利用できるそーなので、これからまだApple製品にお金がかかることだしと利用してみることにした。

ちなみに利用できるのはiPadは2以降、iPhoneは4s以降、Macなら2007年以降。それより前のものはできないってのも変な話だなーと思うけど(バラして利用するなら別にどんな状態でも良くね?)、まぁそこは仕方ない。

renew_03.png

デバイスのIMEI、あるいはモデルNoを入力して端末の状態をチェックすると買取額が表示され、それに同意すれば送付キットが送られてくる。送られてきたケースにそのまま端末を入れて送り返せば(送料無料)、あちらで査定して状態が良ければ査定額そのままになるというわけ。

今回プログラムに出したのはiPhone 5と5s。状態は悪くなかったのでまぁそれなりになるだろーと思って(どちらもソフトバンク端末なので現状では使いようがないからというのも理由で(SBMのMVNOが出てくるのずーっと待ってたんだけどなぁ)。満額回答でも5が4500円、5sは9000円。んー、中身もちゃんと消してくれるみたいだし(まぁ初期化しますけどね)手間もかからないからいいかーとそのままOKして本体を送付。

renew_04.png

しかし結果はと言えば、5sは問題なく満額回答だったものの、5はあれこれ問題があると判断されて大きく差し引かれ、「100円」に。

renew_05.png

……えええ、これが100円?理由は本体に傷、フロントガラスに傷、液晶が変色……。そんなことないんだけどなぁ、問題なく動いてたし傷も写真のよーにそこまで目立たなかったんだけど。そもそもトップの画像、どの製品も傷だらけじゃねぇかよ!リサイクルするのにガラスの傷とか本体の傷とか関係ねぇだろ!と思うのは俺だけ?

renew_01.png

まぁ100円じゃあさすがに勿体ないのでこちらはキャンセルして送り返してもらうことに(送料無料)。5sのみを受け入れて、ギフトカードをゲット。このギフトカード、オンラインで購入するかアップルストアで利用可能のようで、Apple Walletに追加することもできる。今のところこのギフトカードでAirPodsを買おうと思ってる(やっぱり買うのか>俺)ので、どーやって使うのかはまたそのうちに。

5はMVNOが出てくるのを待ってサブ機にするか(とはいえ6もある)、自宅内で音楽再生専用で使うつもり。あ、ひょっとしたらどこかでオークションとか出せばもうちょっと値が付くかも?(面倒) まーオークションにかける面倒さを嫌うなら、これをサクッと利用するのはありかな。査定に納得がいけば、だけど。

Written by ei

10月 12th, 2016 at 1:05 pm

Posted in Apple,iPhone,Mobile

Tagged with , ,

EARIN 持ち出して使ってみた!

without comments

earin03_01.png

うん、やっぱりこれいいわー。

セットアップが完了したEARIN、自宅内でいろいろ使って音色とかを確認してたんだけど、やっぱりイヤフォンは持ち出して使わないとその真価はわからない!ということで、iPhoneとお散歩するときに持ち出してみた。

まず音。これ、やっぱり結構いい音で鳴ってる。 最近ダイナミック型ばかりだったのもあるかもしれないけど、音の解像度がとても高く感じられる。普段はBassBoost状態だからってのもあるのかなぁ、それにしても久しぶりに解像度の高い音を感じることができた。相変わらず左右のイヤフォン同士で音が切れるという問題はあるものの、音質的には非常に満足のできるものだと思う。

earin03_02.png

そしてもう一つ特筆すべきは、ケーブルがないこと!(当たり前w)いや、ケーブルがないことでタッチノイズが出ないこと。今や多くの人が耳栓タイプのカナル型のイヤフォンを使ってると思うけど、そのときケーブルが体や衣服に当たって擦れたときにガサガサと音がする。あれが気になる人は少なくないと思うんだけど、当然ながらこのタイプのイヤフォンにはそれが起こらない!自分の足が地面を蹴ってる音がノイズとして聴こえるって初めての経験ですよ。(笑) あ、ちなみにコンプライのイヤーチップなので落ちません。

あと気になってるのはバッテリーのこと。一応、充電時間に75分、ステレオ再生の最長時間は3時間と言われていて、さらにケース(カプセルというらしい)に入れることでEARINに3回の充電が可能と謳っている。(AirPodsはこのへんかなり上回ってて15分充電で3時間再生はかなり優秀) でもバッテリーを交換する手段は当然なさそーで、ある程度経つと再生時間は短くなってくることが予想されるわけで。劣化を防ぐためにはいちいちカプセルに収納して追い充電させなきゃいいの?とか思ったり、そーすると置き忘れてなくす可能性が高まるなーと。さらにカプセルもバッテリー長持ちさせたいなと思うと、充電忘れとか出てきそうで。この辺、将来的には交換とかできるよーになるんですかね。

earin03_03.PNG

昨日紹介したEARINアプリには実はバッテリー残量を表示する部分がある。容量が少なくなってくるとこの円周部分が赤くなってくるというわけで、せめて赤になってから充電するよーにすればいいんだけど、これまた繋がったり繋がらなかったり。せめてバッテリーの表示部だけでも安定して表示できるようになってくれるといいんだけど。

まーそんなことを気にしつつもかなりお気に入りになったEARINの紹介はとりあえず今回で終了。次は……AirPodsとの比較かなー。(買うのか>俺)

Written by ei

10月 11th, 2016 at 12:05 am

Posted in iPhone,Mobile,Music

Tagged with , , ,

EARIN 良音化のためのアプリ

without comments

earin02_01.PNGさてこのEARIN、実は専用アプリがある。これを使うとイヤフォンのバッテリー残量を確認できたり左右のバランスを変えたり、BassBoostできたりする……んだけど、なぜか俺のiPhoneではイヤフォンを認識してくれなかったのだ。

2日ほど経った今朝、よーやく接続。でもこれ、アプリを起動するたびにペアリングに行く仕様で結局うまく繋がったり繋がらなかったり。うーむ。でも確かにBassBoostは効いてるのが感じられて、音楽標準アプリのBassBoosterとは違っていい感じに決まる。標準アプリで聴くならこれが正解かなぁ。ま、EARINユーザーはまず専用アプリは落としましょう。

earin02_02.png

Earin

開発: Epickal AB

価格:無料

しかしこれだけだとやっぱり面白くない。もっと自分好みの、ガツンとした音が欲しい。ってことで登場するのがイコライザを自分で設定できるアプリ、ONKYO HF Playerだ。

earin02_03.png ONKYO HF Player

開発:ONKYO CORPORATION

価格:無料(ハイレゾ再生はアプリ内課金)

もともとはONKYOが提供しているハイレゾ音源を再生するためのアプリ(ONKYOのヘッドフォン用の設定も入っているのでそれらを使うとなお良い音に。EarPodsの設定もあるのでひょっとしてAirPodsにも有効?)なんだけど、ハイレゾ音源を使わなくてもふつーに再生できて、それだけなら無料。歌詞表示は楽曲内に歌詞データが入っていれば表示可能。そしてイコライザを使って音作りができるところが何よりもポイント。

earin02_04.PNG earin02_05.PNG earin02_06.PNG

俺のHF Playerには、いつぞや流行ったどんな曲にも合うと言われる「Perfect Setting」をベースに低音部を持ち上げたものを自作してPresetに保存してある。幾つものセッティングを保存できるので、Perfect Settingのドンシャリ系以外にジャジーなのとかクラシックならとかで別々に作って聴く曲に合わせて変更すればOK。また著名なミュージシャンがイコライジングしたプリセットも入っているので、この中から選んでもいい。

イコライザを切った音と聴き比べるとそれははっきりわかる感じ。EARINだけでなく、他のイヤフォンを使ってるときにも大きな効果を発揮するアプリなのだ。EARINに限らず、自分のイヤフォン、ヘッドフォンに「?」と思ってる人はまず試してみよう。

Written by ei

10月 10th, 2016 at 12:05 am

Posted in iPhone,Mobile,Music

Tagged with , , ,

iPhone 7 Plus 雑感

without comments

ip7_01.jpg

まぁやっぱり、よくできてますなー。(超上から目線w)

最初のiPhone本が校了してよーやく一段落。ま、次の本は皆さんお待ちかねのアレ(山の方)の予定なんだけど、そっちに取り掛かる前にせっかく買ったiPhone 7 Plusをちょっと紹介しないとなーと。

トップの写真、iPhone 6 Plusで撮ったのをMacの写真.appだけで加工したんだけど、液晶がさらに綺麗になってますなー(Retina HDディスプレイ)。見とれる(見とれてるのはケイトの方というツッコミは甘んじて受けるw)。

ロックを解除するのが「ホームボタンを押しながら」になったのは、最初戸惑ったけどもう慣れた。タプティックエンジンのクリック感がーって話も出てたけど、色々なところで微妙に振動するーコントロールセンターを引き出したとき、開き切ったときにコツンとくるとかタイマーでクリクリ回してるのがわかるとかーUIの方が意味がある感じするし。全体的にフラットデザインになってるのに、こんなところにある意味スキュアモーフィズムが復活してくるとは。

ip7_02.jpg

今つけてるケースは「安かった」から何も考えずにAmazonで買ったTPUの透明カバー。ほら、ジェットブラックの予定だったから(泣)、綺麗に見えるのがいいよねと。しかもApple Payが使えるようになるからカードが入る必要もないしっていうことで。

で、「ジェットブラックは貼り着きやすい」って話が出てたけど、このケースよく見るとちゃんとディンプル加工(内側にブツブツ)になってる。てことはこれ、きっとジェットブラックでも貼り付かないんじゃないかなと。ま、いずれ気に入ったケースが出てきたら買い換えるとしてそれまでの繋ぎにはいいかなーと。

ip7_03.jpg ip7_06.jpg

そしてiPhone 7 PlusといえばやっぱりiSight Duoカメラ……なんだけど、実はこの機能をまだ実感できてないというか……正しくは「標準のカメラアプリを使っていると、どっちのレンズを使っているかわからない」のである。もうあちこちで既報の通り、PlusのカメラUIにはこんな「倍率ドン」ボタン(笑)が付いていて、タップすると2×、つまり望遠側(56mm)に切り替わるよーになっているはずなんだけど、実際には。

ip7_04.JPG ip7_05.JPG

例えばこの2枚の写真。同じ位置で倍率ドンで撮った写真なんだけど、写真情報を見ると同じレンズで撮影したものだということがわかる。これ、ITmediaで記事がアップされてたけど、暗いところで撮ったときや近接撮影のときは広角側を使うということのよーで。もともと望遠って手ブレしやすいのに今回のPlusの望遠側にはそれが付いてないというのが理由だとすれば(つまり手ブレしやすい条件下では手ブレ補正が効く広角側で撮影してトリミングする)、まぁ納得がいくかなぁと。

ip7_07.png

ちなみに先ほどの記事にも書かれていたPro Cam 4はマニュアル撮影ができるアプリとして結構昔からあるもので、ISO感度や露出、シャッタースピードなどを自分で設定できるマニュアルカメラ。レンズは赤丸のところをタップで指定できて、小さい丸が望遠、大きい方が広角に固定できる。ちょっと高価(と言っても600円)だが、マニュアル撮影がしたいって人には最適だ。

イヤフォンジャックがなくなってLightningだけになった点は、うちはもともとBTイヤフォンを使ってるから何の問題もない。てかこれからApple Payを使うんだ!って言ってる人たち、ケーブルに繋がったままのiPhoneで改札通るのとか結構面倒ですからね、BTイヤフォンに変えるなら今のうちですよ!音質なんて、外で聴いてる分には変わりませんってば!(暴論)

audio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BT
オーディオテクニカ (2011-11-18)
売り上げランキング: 29,344

ちなみにずっと使ってるBTレシーバーはオーテクのコレ。アンプ内蔵なのでとてもパワフルで、さらにSOLID BASSのイヤフォンと組み合わせてるので低音が響いていい感じ。

オーディオテクニカ SOLID BASS Bluetooth ワイヤレスステレオヘッドセット ATH-CKS55XBT
オーディオテクニカ (2014-11-21)
売り上げランキング: 5,532

しかし今ふと見てたらこれ気になる……。SOLID BASSで一体型ですって!? うー気になる……でもこれ以上イヤフォン増やしてもなぁ。

そしてステレオスピーカーになったという点もiPhoneをほぼ常に消音モードで使っているので評価のしようがないというか。(それでもレビューか!と言われるとアレなんですけどね (^-^;) )まーそこはいいだろ。(投げやりw)

いずれにしろiPhone 7に関しては今月末あたりに来るiOSの10.1アップデートーつまりApple Payが使えてポートレートカメラが実装されてからが本領発揮になると思うので、そのときにもう一度各機能をレビューしてみたいと思う。あ、ジェットブラックじゃなくてふつーのブラックになってしまったのは、結果的には良かったかなと思っていたりする。まー限定カラーは誰でも惹かれるけどね、実用的という点を一番に見るならこっちで良いよ(負け惜しみ?……ではない……はずw)。

Written by ei

10月 9th, 2016 at 12:05 am

Posted in Apple,iPhone,Mobile

Tagged with , ,