若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

Archive for the ‘Gadgets’ tag

案外使えるPRO TREK Smart WSD-F20

without comments


protrek_02_01.jpg

ゴツいんだけどねー、これが案外使えることがわかった。ああ、これは立石寺の山頂に登ったときの高度。w

ということでアウトドアアンバサダーの企画でお借りしているCASIO PRO TREK Smart WSD-F20。最初の使用時にバッテリーの減りがえらく早いなーと思ってたら、それは内蔵GPSを使ってたかららしく、それを切ると1日着けてても電池が持つようになった。

protrek_02_04.jpg

充電がしづらいのは×。専用のアダプタでないとできないし、充電時に置くところがなくて困る。しかも外れやすくてちゃんとしてないと充電できてないことも。Micro USBだと防水が十分にならなかったのかなぁと思うけど、QiとかApple Watchみたいなワイヤレス給電にはできなかったものかと。まぁそれでも専用アダプタは必要になるんだろうけど。

protrek_02_03.jpg protrek_02_02.jpg

しかし思った以上に使えるって思ったのは、ペアリングすると色々機能が使える点。山登る人は一番上の高度表示とかGPSのマップ表示とかも重要なんだろうけど、基本街歩きの人にとってはどれくらい通知とかが来るかがポイント。こいつはiPhoneの通知に関しては基本表示できる。左のように、Pokémon GO Plusが伝える通知とか、LINEのメッセージがきたとかメールがきたとかのやつね。それらは表示できる。そして右側のように、音楽アプリのコントローラーとしても使える。これはONKYOのHF Playerを使ってるときのもの。iPhoneの標準アプリでなくてもコントロールできるのはいいよね。

俺が使ってるApple Watchの活用レベルがこれとあまり変わらないので(笑)、これなら十分に代替機として使えるなーと思うなど。ま、Suica使ってる人はダメだし、Apple Watch 3がどーなるかということはあるけどさ。俺はこれでも困らない。w このところ旅行先も全てこれでまかなえてるってことは、Apple Watchと変わらない使い方ができるってことだよね。

オレンジのがAmazonで売られてないのは限定カラーなのかなー。黒でもいいけど。

まだまだ試用期間があるので使い続けますよー、旅もまだまだ続くし。w

Written by ei

7月 30th, 2017 at 11:18 am

HTC U11 その3 HTCの高音質は生きているか?

without comments


u11_0718_01.jpg

短い試用期間の間にもう一つだけ。それはやっぱり気になる音質のこと。

もう返却しなければいけないHTC U11。やはりAndroiderじゃない俺には敷居が高いなーと思いつつ(そろそろ1台買うべきかなぁ、でも絶対使わないしなぁ)、これだけは試しておかねばと思う重要なこと。それは音質。うちにある(売ろうとしてるけどw)HTC One Xの最大の利点は、まだAppleに買収される前のBeatsが監修した音楽再生品質。購入当時はiPhone 5だったと思うんだけど、音質の差は圧倒的だった(あ、記事発見)。そうそう、当時BeatsはHTC傘下だったんだよ。

で、その精神は生きているのか?というのが今回のテーマ。iPhone 5からは結構音も良くなってる(はず)のiPhoneと最新のU11、どちらの音質がいいのかを確認してみようというわけ(前置きが長ーくなってしまった)。

u11_0718_02.jpg

まずU11、付属の「HTC Usonicイヤフォン」がUSB-C接続でイヤフォンジャックは付いてない。こんなところもiPhoneと同じだなーと思うけど、実は大きく異なる点がある。U11のイヤフォンはアクティブ・ノイズ・キャンセリング機能付きなのだ。まースマホ付属のイヤフォンにすげーなーと思うけど、外で聴いたときにしっかり効果が出ていて音質が向上していた。

ただ問題だなと思うのは、イヤフォン側にNC用のマイクがあるため、NCを効かせたいときはこのイヤフォンでないとだめという点。Bluetooth接続では効かないし、USB-Cーオーディオジャック変換でも効かないということになる。高級イヤフォン使ってる人はそれを使いたいよねぇ。それを考えるとちょっと残念な気も。

u11_0718_03.png u11_0718_04.png u11_0718_05.png

ちなみにイヤフォンを接続するとオーディオプロファイルの作成が行われる。どーいう仕組みかはよくわからないけど、接続してイヤフォンをつけた状態で耳の構造をスキャンして、最適なプロファイルを作成するそーな。で、音楽再生ソフトを使うと「USB-Cハイレゾイヤフォン」(そうハイレゾ再生も可能)の表示が出て(一番右)、ちゃんとイヤフォン設定を使って再生してることがわかる。

u11_0718_06.png さてLightning接続したiPhoneとUSB-C接続したU11を「静かな場所で」聴き比べてみる。アプリはiPhoneで使ってるのと同じ、ONKYOのHF Player。イコライザーも同じものにして聴いてみると、iPhoneは深く落ち着いた感じ、対してU11はクリアでちょっとキラキラした派手な音かなぁ。これはイヤフォンのエイジングとかにもよるんだろうけど(とはいえiPhoneのイヤフォンもほとんど使ってない)、好みなのはやっぱりiPhone。以前ほど音質に差は感じられなくなったなぁと。

先ほどのNC効果も含めて「外で」聴きたいときに最適な効果が得られるようにしてあるのかもしれない。スタバで使ったときの印象は明らかにU11の方が良かった。適度なノイズキャンセリングで、周囲の音を完全に遮断しない。歩いて使ってても大丈夫かなーと思う。ま、この辺は結局味付けの部分なんだろうなぁ。

まーそんな感じでとっても駆け足でのレビューになってしまった感のあるU11。決して十分なレビューとは言えないなと自分でも思うのは、やっぱりAndroidに対して不慣れなことも要因だと思う。申し訳ない……。ただ高級感があり、やるべきことがちゃんとできるスマホなので、Samsungなんて買わずにこっちでいいよと。w 

ちょっと高いのが玉に瑕。もーちょっと安めのAndroid機を仕入れて少し勉強しましょうかね、やっぱり。HTCサポーターズクラブさん、ありがとうございました。(今度はもうちょっと長い期間貸してくださいね←小声)

Written by ei

7月 19th, 2017 at 9:29 am

CASIO PRO TREK Smart WSD-F20がやってきた!

without comments


protrek_01_01.jpg

久しぶりのPRO TREKでござる。w 今度はAndroid Wearになって登場〜。

アウトドアアンバサダーの企画でCASIOのスマートアウトドアウォッチ 「PRO TREK Smart WSD-F20」体験モニターに参加。以前、PRO TREKに触ったのは2013年の7月でちょうど4年前。今回は9月末までと長いモニター期間が嬉しい。PRO TREKの中身はAndroid WearだけどiPhoneとも繋がるし、AndroidじゃなくてiPhoneと接続しての可能性を探ってみたいと思います。

protrek_01_02.jpg

まずは大きさを比較。そりゃ普段から使ってるApple Watchと比較するのが一番わかりやすいよねということで並べてみた。で、デカイ……。まぁ文字盤部分が円形になってるからデカく感じるというのもあるかもしれないけど、俺が自分で持ってた頃より確実に大きくなってますなぁ。ま、アウトドアな時計ならこれくらいのゴツさがあってもいいか。

protrek_01_03.jpg protrek_01_04.PNG protrek_01_05.PNG

充電は左上にケーブルを挿して行う。で、設定に関してはiTunesからAndroid Wearのアプリをダウンロード、Bluetoothでペアリングしてから行う。iTunesにAndroid Wearがあるなんて知らなかったよ……。(酷)

機能としてはAndroidらしくGoogleアカウントからカレンダーなどの通知を行うことができるのがまず基本的な部分。他にはウォッチフェイスを他のものに変えたり、位置情報を記録したりできるけど、それはまたこれから。とりあえず繋いで起動しましたよ、というところまでとしましょう。先は長いから、ぼちぼちと。

ちなみにうちにきたのは見ての通りBKじゃなくてオレンジね。
今年の夏は旅行も多そうなのであちこち持ってって試してみるつもり。楽しみ。w よろしくお願いしまーす。

Written by ei

7月 15th, 2017 at 9:38 am

HTC U11 その2 気になるカメラ性能

without comments


u11_n2_01.jpg

まぁ大差ないって言えばそうなのかも。好みの問題? あ、ちなみに背面のカバーは付属品です。傷つけたくないもんね、綺麗なボディに。

そんなわけでHTCサポーターズクラブの企画でお借りしているU11のレビュー。2回目は今のスマホではやっぱり気になるカメラ性能のお話。U11のカメラに関する謳い文句は「グローバルなカメラ評価機関「DxOMark」のモバイル端末部門から、世界最高評価「90スコア」を獲得。DxOMark史上、もっとも高い評価を受けたスマートフォン・カメラとなりました。」ということだそーで、メインカメラが1200万画素 f/1.7、サブカメラが1600万画素 f/2.0と非常に高い性能を誇る(なんでサブの方が画素数が高いのかは謎)。ま、ただしカメラの性能はソフトウェアとか好みとかにも左右されるので、これがいいという人もiPhoneの方がいいという人も当然いるだろう。なので、同じ場所でU11と7 Plusで撮った写真を置いておこうと思う。

u11_n2_02_i.JPG u11_n2_02_u.jpg

u11_n2_03_i.JPG u11_n2_03_u.jpg

u11_n2_04_i.JPG u11_n2_04_u.jpg

左がiPhone 7 Plus、右がU11、それぞれクリックで拡大。いずれもサイズを少し小さくした以外は撮って出し。HDRブースト機能が効いているかどうかはオートでわからないのだけど、まぁこれでどっちが好み?と聞いてみるしかないかなと。色が濃いとか変なブースト効いてるとかあるかもしれない。夜景とかも割と器用にこなして綺麗に撮れてる。(iPhoneは多分撮影時になんかした)

u11_n2_05_i.JPG u11_n2_05_u.jpg

接写性能。同じ位置で撮るとU11の方が画角が微妙に広いのがわかる。ピントが合わないということもなく、ちゃんと写る(まぁそりゃ当たり前なんだろーけどさw)。質感はiPhoneの方がいいかもしれない。

使っていて気になるのはシャッター音。シャッターじゃなく「カチッ」っていう音なのはなんか違う……と思うのはiPhoneを長年使ってるから仕方ないんでしょうな。あとエッジ・センスUIが反応良すぎて気がつくとカメラが起動してるとかある。まーこれはホントに慣れだろうし、エッジ・センスの感度を下げることもできるんだけど。

u11_n2_06_u.jpg u11_n2_07_u.jpg

写真加工アプリがあるかどーかってのも問題。これは俺のAndroidに対する知識の問題だから一概には言えないか。とりあえずiPhoneにもあるSnapseedを使って好みの色に変えてみた。処理能力は高いので加工などはホントに軽い。

u11_n2_08.png

Macと使う場合に気になるのは、iCloudのように写真をMacやその他の端末で共有できるよーな仕組みをどうするかという点。撮影した写真はできればPC側でも使いたいもんね。この場合はGoogle PhotosのWebページから表示してダウンロードするという手がある。いずれにしろGoogleアカウントを使えば、iCloudと同じようなことができるということか、カレンダーとか連絡先とかも。

まぁやっぱりカメラは好みだなぁ。俺はiPhoneの方が好きかも。さー次は音の評価に行ってみよーかー。

Written by ei

7月 12th, 2017 at 4:20 pm

メルカリ 出品中

without comments


mercari.png

思うところあってあれこれ出品中。

Nさんがメルカリであれこれ売った!簡単!って話をFacebookでしていて、こりゃ俺もあれこれ売ってみよーかなと思って出品中。使わないWindoze タブレットとかiPhoneの古いのとかAndroidとか。

mercari2.png

すでに売れたのがNikon 1。iPhone 7 Plusの画質が良すぎて使わなくなってしまったし、10-30mmのズームレンズが動作不良になってしまったので格安で出したら5分で売れた。w

メルカリのいいところは発送も簡単なところかも。らくらくメルカリ便を使えば宛名も書かなくてよく、集荷も+30円でできるそーで、しかも普通の運賃より安い気がする。サクッと今日発送してしまおうっと。

出品しているものはある程度販売履歴があるものなので、そのうち売れるかなー。全部売れたら……(ふふふ)。

Written by ei

7月 9th, 2017 at 3:55 pm

MacBook Air 結論編

without comments


air_r_2017_01.jpg

やっと結論。つまり「可能な限り安価で済むように」することにしましたよと。

延々と悩んできたものの、よーやく結論にたどり着いて、火曜に発注、水曜には届いてサクッと交換作業……の予定が、例のAmazonの新しいプロバイダの「遅配」に巻き込まれて1日遅れで交換作業を完了。どーしたかといえば、バッテリーを交換する以外は何もしないことにした。(笑)

よーく考えてみると、Airを使おうと思ったのは「そこにあったから」で、(^-^;) 必要以上に予算をかけるなら他の方法を考える方がいい。例えば可能性の考察であげたように、これを売ってお金を足して何かを買うとか、Windozeマシンにしちゃうとかね。そーじゃなくてあるものを使おうというのだから、必要以上にお金をかける意味がないわけで。

なので必要最低限のことをして、それ以外は手をかけないことに。まぁそれでもバッテリー交換は必須、ということで替えのバッテリーを購入。実は「交換」表示は出ていても2時間くらいなら持ちそうな感じもあるんだけど、少なくともACアダプターを持ち歩かなくて1日は外で作業できるくらいの電力は持ちたい(そもそも無理だがまー余裕が持てるくらいで)ということでこれは交換に。

購入したのは最初候補にあげてたのより少し高いけど日本の安全基準法にも対応とか。電力回りは逝っちゃうと終わりだからねぇ。

air_r_2017_02.jpg

交換作業は慎重にできるだけバッテリーを消費しきった状態で開腹。うわー、凄い埃。(@_@) カメラのブロワーとか使ってできるだけ除去。あ、中のバッテリー、外したら接続部分が折れた。コネクタをはめて慎重に戻して再起動。ドライバも付いてくるので家探ししなくていい(家の中のどこかにはあるんだけどねぇ)のも楽ちん。

air_r_2017_04.png air_r_2017_05.png

結果は見ての通り「交換修理」が消えて「充電完了まで」が表示されるようになって完了。充電回数もリセットかかりました。

air_r_2017_03.jpg

そしてもう一つ追加したのはMicroSDカードリーダー。これ、出っ張りをできるだけ抑えることができるタイプで、これにうちに転がってた64GBのMicroSDカードを挿して外付けドライブにすることに。最初はUSBメモリにしようと思ってたんだけど、これを使って一眼用のメモリをMicroSDにすれば(SDカードアダプタをつけて使う)11インチ AirにはないSDカードリーダーも常備できるじゃん、と。これ、ちゃんとLEDも付いてて、アクセスしたら点滅するようになってる。分かりやすくていいじゃん。

てことで予算3万円でも1万円でもなく、7000円程度に収まった。やっぱりどーしようもないなと思ったら、SSD交換するなり売り払うなりすればいいやー。てことで持ち歩き用MacBook Airの完成〜。

よし、これで残った分をiPad Proに投入すればいいんだな?(マテ

Written by ei

7月 7th, 2017 at 10:01 am

Posted in Apple,Gadgets,Mac

Tagged with , ,

HTC U11がやってきた! その1 紹介編

without comments


u11_01.jpg

テッカテカ!(違 HTCサポーターズ・クラブの企画でお借りしました。2週間ほどの短い間だけどさて、俺がAndroidを使えるのかどーかっていう……。(^-^;)

てことで先月台北でもちょっとだけ触ることができたHTC U11。モニターとしてちょっとだけ触れることになった。まーさすがはフラッグシップモデル、かなりかっちょいいですな。背面のこの綺麗な部分は3Dガラスだそーで、落としたら割れそうで怖い。w iPhoneは他のと比べて高級感あるよねープラスチッキーじゃないよねーって言ってたのはまさに過去の話。ここまでくると十分に張り合える。

u11_03.jpg u11_02.jpg

大きさも見て(左写真)の通り、7 Plus(左)とほぼ変わらない(写してるところが反射してるのはご愛嬌w)。そしてこの機種の一番の特徴は噂の「エッジセンス」。右の写真で指が触れてるところが青くなってるのがわかると思うけど(クリックして写真拡大できます)、「握る」という新しいUIになる。この見かけで完全防水、しかも音がいいという噂。まー借り物なんでさすがにお風呂に持って入ろうとは思わないけど、写真と音はしっかり試してみたいですな。

てことで基本セットアップをして、カスタマイズを……てところでつまづくなど。(笑)あー、Androidわからねー!(マテ 昔少しだけ使ってたHTC One Xの頃とは雲泥の差で、何をどーすればいいんだ?と悩むなど。それに借り物だから、どこまでカスタマイズしていいものかも。(と言いつつ壁紙は早速変えたがな!w)

u11_04_i.jpg u11_05_u.jpg

とりあえず1枚だけ、多分スマホでは最高峰の画質を誇るiPhone 7 Plusで撮ったもの(左)と、U11で同じ位置から撮ったもの(右)をサイズ調整のみの撮って出しで貼っておこう(クリックで拡大)。U11の方が鮮やかな感じ、7 Plusは深みのある色か。これはもーカメラの特性部分だろうしなぁ。

まーそんなこんなであと2、3回はレポートできるかと。よろしくお願いしまーす。

Written by ei

7月 5th, 2017 at 4:56 pm

BenQ GS1のまとめ 結局自分は何をプロジェクターに求めているのか

with 2 comments


GS1_0625_06.jpg

あっという間にまた返却日。さてどーしよーかな。ああそうそう、GS1ってこうして立てても使えるんです。

てことでBenQさんからお借りしたポータブルプロジェクター GS1。最後にまた色々試してみたのでご報告など。

GS1_0625_01.jpg GS1_0625_02.jpg

まず前回遅延がーと言ってたBluetoothヘッドフォン、他のものをペアリング(iMacでは遅延がほぼ出ない)してみたけどやっぱり音が少し遅れて出てくることが判明。うん、こりゃダメだ。再生時に音声のタイミングを調整するところがないとちょっと使えない感じ。

そしてさらに繋いでみたのはキーボードとマウス。深圳で買って帰ったワイヤレスキーボードとマウスを繋いでみた。これ、無線は2.4GHzのやつなのでドングルを差し込むだけで、ワイヤードのキーボードと同じ感じで使えるわけで、何もしないであっさり接続完了。よーし、これでOfficeアプリとか使えばワープロ使えちゃう?PCいらなくなる?

GS1_0625_03.jpg

……なんていう甘いことはなく(笑)、日本語変換がちゃんとできなくてアウト。キーボードそのものはちゃんと使えるんだけどねぇ、なぜかワープロソフト(というかM$ Office互換アプリ)では日本語変換しない。w まーパワポ再生機として持ち歩くとか、FileMakerのデモするとかの用途ならAirPlayかHDMI接続で使えるか。

じゃあ繋いでも意味ないかというとそーでもなくて、全体的な操作には利用可能だった。マウスもちゃんと繋がって、対応するところでは対応できる。例えばパスワードを入力する画面とかではちょっと威力を発揮する……かもしれない(多分日本語の入力とかになっていたりしてAmazonのパスワードが通らなくてリセットしたのは俺だ)。あ、WebのURLとか?

GS1_0625_04.jpg GS1_0625_05.jpg

そう、使えるアプリがないなぁと思ってたら、アプリマーケットじゃなくてこっち側(Aptoide TV)に入っていたのに気付く。ゲームとかほらnetflixとかHuluとかもあるじゃん!

GS1_0625_06.jpg

とりあえず今利用できるのはAmazonビデオなのでダウンロードしてみたらちゃんと繋がった。これだけで映画見れるじゃんー。「バトルシップ」祭参加すればよかったなー。

とまぁビデオを見るという部分で言えばHDMI、AirPlay、そしてアプリでVODと結構活用度が高いこともわかった。Googleビデオなくても、一通りのサービス揃ってるしいいかな。

さて総括。うーん、結局俺がプロジェクターに求めてるものは何なんだろう。画質?音質?いや、画面の大きさかなと。だってこれもiPhoneに繋ぐイヤフォンの話と同じで、上を見たらキリがないしそもそも映画館で観るのに叶うわけない。だったらFull HDが表示されないとだめかとか4Kがいいとかじゃなくて、より手軽に、より簡単にテレビより大きな画面で映画を見ることができる機材があればいいんじゃね?と。つまりこのGS1でいいってことかと。

さて買おうかなぁ。どーしようかなぁ……。

Written by ei

6月 25th, 2017 at 11:21 am

koogeek smart bulbを買ってみた!

with 2 comments


smartbulb_01.jpg

買った理由はただ一つ、「HomeKit」が体験してみたかったから。(笑)

AmazonでHomeKit対応のコンセントとかソケットが安くなってるという記事を読んで、そーいえば我が家にはHomeKit対応製品がないなーと。一つくらいは持っとくべきよね?てか体験しとくべきよね?HomePodも出る(日本発売未定だがw)ことだしさーとぽち。土曜にやってきたので早速セットアップ。

smartbulb_02.jpg

と言ってもやることは、電球のソケットに挿すだけ。つまり普通のソケットと電球の間にカマせることで、無線で電球をコントロールできるようにするということらしい。

smartbulb_03.PNG smartbulb_04.PNG smartbulb_05.png  

問題は登録。無線LANに繋がらなきゃいけないよね?でもどーやるんだろう、と思ってたらその辺のセットアップは専用アプリから行うらしい。早速App Storeからダウンロードして登録作業。ソケットの電源を入れ、インジケーターが点滅していることを確認。アプリを起動してiPhoneのカメラからシリアル番号をカメラで読み取る(iTunesカードと同じ方法)と、インジケーターが点滅しなくなって登録完了(上記写真の通り)。つまりソケット自体の無線LANとかの設定は一切する必要なし。あらまー、簡単。

smartbulb_06.PNG smartbulb_07.PNG smartbulb_08.PNG

登録が完了するとアプリ上(左)にもアイコンが登録され、これをタップするとライトが着くようになった。同時にHomeKit上にも同じアイコンが表示され、ここをタップしてもライトがつく。さらにSiriにも対応しているので、iPhoneに話しかければライトを着けられるというわけ。最初、どう呼びかけたらいいか悩んだのは秘密だ。(笑)うん、なかなかよろしい。

てことでとても簡単に登録できていい感じなkoogeek。上のようなスマートコンセントなんていうものもあって(海外仕様のコンセントなので要変換アダプタ)、ソケットに繋がっている電化製品のオン/オフができる。うちにはそれを使う場面がなさそうなので導入しなかったけど。

ちなみに複数の部屋に別のソケットをつけている場合、それらを家別、部屋別などで登録することができる。また「帰宅」「就寝」などのシーンに合わせて複数の機器を同時に操作することもできる。例えば寝る前に部屋の電気を消して加湿器の電源を入れるとかそーいうのが一発でできるようになる。なるほどなー、面白い。日本の製品でももっと対応するものが出てくれば使いそうだけどなぁ。

てことで少しだけ面白がって使ってます。これでHomePodの受け入れ態勢は万全だ!(日本発売未定(泣))

Written by ei

6月 20th, 2017 at 9:17 am

Posted in Apple,Gadgets,iPad,iPhone

Tagged with , , ,

BenQ GS1の多彩な映像入力方法

without comments


gs1_0614_01.jpg

夜ならこれくらいは映るんですよ、GS1。コンパクトだし使い勝手も悪くないし、もうホントにこれでいいかも。w

さてBenQアンバサダーとしてBenQさんから借りているポータブルプロジェクター GS1。プロジェクターがある日々はビデオを見る日々ということで、昨日の「ブルーに生まれついて」もこれを使ってみたわけだ。

トップ画像はGS1の起動画面。中身がAndroidなのでアプリが入ってたりするんだけど、ここの検証は後ほどするとして。結構綺麗だと思いません?サイズ的には100インチはないかもしれないけど、うちのテレビよりは全然でかい。それでこの画が見れるなら結構満足度高いかも。

gs1_0614_02.jpg gs1_0614_03.jpg

GS1には前回写真で見たよーに、USBの口とSDカードスロットがある。このSDカードスロットに映像ファイルを入れても再生できるということで、HDMI接続ではなく持っているファイルの中からSDカードにコピーして再生してみた。画面の左端を選ぶとメニューで入力先を変更できるし、SDカードを挿し込むと自動的にカードを認識して内容を表示もできる。試してみたのは.mp4と.m4vの2本のファイルだったけど、問題なく再生できた。

gs1_0614_05.jpg gs1_0614_04.jpg

そしてもう一つ、GS1にはAirPinというアプリが入っていて、それを使えばAirPlayで接続が可能にもなる。もちろん無線LANで同一ネットワーク上にある必要はあるけど、iPhoneやiPadの映像をそのまま使うことができるわけだ。

バッテリーを使えば電源コード不要、SDカードからファイルを読めばHDMI接続不要、ということはあとは音声をなんとかすれば本体に何も繋ぐことなく使えるじゃん!と思ってBluetoothヘッドホンをペアリングしてみた。ペアリングは設定画面から簡単にできる。さて再生したところでは……あれ、ちょっとレイテンシーが。うーん、これはヘッドホンの性能の問題かなぁ。MacでAirPodsとかでは映画でも音が遅れないんだけどな。……これは再検討。ま、でもGS1ってどの部屋に持ってっても自由に活用できるということがわかったわけだ。

綺麗な映像は上を見たらキリがないし映画館で観る方がいいに決まってる。でも大きな画面で手軽にビデオを見たいというなら、この機器はかなり魅力的と言えるかもしれない。これはやっぱりコストコに買いに行くべきか?w

Written by ei

6月 14th, 2017 at 3:44 pm