若旦那の独り言wp

Runnin' Wild

MNPへの道 完結編 留守番電話の話

with 2 comments


rusuden_01.png

さて格安SIMの話はとりあえずこれで最後。まー何か他に良いサービスが出てきたら考えるかもだけど。

MVNOにして困るというかヤだなーと思うのは、iPhoneのフルサービスを受けられなくなるという点。仕事で検証するのに必要ということもあったんだけど、いくつかのサービスが受けられないというのも困るなと。特にビジュアルボイスメールはセンターで受けた留守電の内容をiPhoneに転送できる機能で、いちいち留守電を聞くために留守番電話センターに電話してという手間がなくて便利なのだ。しかしMVNOではこの手の留守電サービスなんてものがそもそもなかったりする。一応仕事でも使ったりする電話、やっぱり留守電聞けないのはヤバいんじゃね?ってのが移行への最後のハードルだった。

しかしある日、某所の記事を読んで「!」と来て解決。それが「n2apps.jp」さんのこの記事。

「みおふぉん」で、留守番電話を使う方法【IIJmio 非公式】

よーするに留守番電話サービスは他のところを使って、みおふぉんから電話転送を利用すればいいよという話。

rusuden_02.PNG rusuden_03.png

まずみおふぉんには転送電話サービスがあり、これはかかってきた電話に出なければ(時間は調整可能)自動的に電話を他のところに転送できるというもの(設定は電話してテンキー入力)。このとき「転送します」とかいうガイダンスはなしにすれば、すぐさま転送先に転送される。

そして上記のブログで使っている留守番電話サービスが「IP-Phone SMART」というIPフォンサービスの付加機能。そう、付加機能。w このIPフォンサービスでアカウントを作って050から始まる電話番号をもらい、みおふぉんからの転送先に設定。IPフォン側の留守番電話の呼出時間を即時にする。すると、

みおふぉんに着信→設定時間内に出れば通話

設定時間以上で050へ自動転送(転送しますメッセージとかなし)

IP Phone SMARTへ着信

すぐに留守電メッセージが流れて録音→設定すればメールでメッセージを送信

とこーいう流れになる。うん、実にスマート。メールでメッセージを送ってくれるってのも素敵。上の右側のメールで、どこからの着信かを表示して音声メッセージが添付ファイルになってる。いちいち聞きにいかなくていいっていう点ではビジュアルボイスメールに近くて便利。メール添付した場合はメッセージも自動削除に設定できる。

てことで最終的に留守電がなーって人はこれを(あるいは他にも留守電サービスあるかも)使えば解決できるよ!IP Phone SMARTそのものも格安電話サービスなので利用するといいかもね。w

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Written by ei

11月 20th, 2014 at 12:05 am

Posted in Apple,iPhone,Mobile

Tagged with , ,

2 Responses to 'MNPへの道 完結編 留守番電話の話'

Subscribe to comments with RSS

  1. いつもブログ見させていただいています。

    まさに同じことをやろうとしていました!
    一連の記事、参考にさせていただきます!

    。。。と思った矢先にiPhone6値上げ。

    今の5sに下駄でも履かせたいのですが動作報告がなさすぎて。。。
    せめて告知して欲しかった。

    匿名

    20 11月 14 at 2:16:18

  2. これができてよーやく移行を決意できたという点では非常に良いTipsだと思います。情報元に感謝。w
    値上げしましたねぇ……。これからどんどんApple製品高くなってくのかなぁ。(遠い目)

    ei

    20 11月 14 at 4:25:54

Leave a Reply